映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ギリシャに消えた嘘
2015年03月30日 (月) | 編集 |




ギリシャに消えた嘘(2014)イギリス・フランス・アメリカ
原題:The Two Faces of January
日本公開:4/11/2015
映画.comデータ


あらすじ

1962年、ギリシャのアテネでツアーガイドをしているアメリカ人青年ライダル(オスカー・アイザック)は、パルテノン神殿で優雅なアメリカ人紳士チェスター(ヴィゴ・モーテンセン)とその妻コレット(キルスティン・ダンスト)と出会う。夫妻のガイドを務め食事を共にした夜、忘れ物を届けにチェスターのホテルを訪ねたライダルは、思わぬ事件に巻き込まれていく・・


感想
『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミスの原作『殺意の迷宮』を『ドライヴ』の脚本家ホセイン・アミニが映画化したミステリーです。


ツアーガイドが偶然知り合った旅行客のトラブルに遭遇し翻弄される・・
と書くと、ありがちな巻き込まれ型スリラーのようですが、これそんな単純じゃない。
というのもライダルはその場から手を引くチャンスが幾度もあったのにそうせず、
あえて夫妻に関わっていくんですよね。

そもそも、ライダルがチェスターを気に留めるのは、夫妻が金持ちオーラを放っていたのと、チェスターが死んだ父親に似てると感じたからですが、チェスターは洗練されたセレブのように見えて、実は裏の顔も持っている。
ライダルは直感的にチェスターの二面性を含め、彼に父の面影を見たのかもしれず
その出会いには偶然を超えた因縁のようなものを感じます。
チェスターはやがて妻とライダルの仲を疑い、三人の関係が緊張する中
アテネからクレタ島などに移動しながらの逃避行を余儀なくされる彼らの運命は・・・





脚本も務めるホセ・アミニは本作が初監督。
『ドライヴ』で見初めたオスカー・アイザックに出演を依頼し
ヴィゴが加わることで20年来の夢が実現することになったそうです。

ヴィゴ、オスカー・アイザックキルスティン・ダンストによるノワールなスリラーは
ヒッチコック作品のようだとも言われ、クラシックで正統派の赴き。
60年代ファッションに身を包んだキルスティンも悪くないんですが・・
最初コレット役には別の女優をキャスティングしていたらく、キルスティンを使うにあたり、キャラクター設定を少し変えたんだそう。個人的にはこれは裏目に出たかなぁと思います。
というのも、キルスティン演じるコレットはイノセントでライダルが彼女を愛してしてもおかしくない存在となっていて、それでは映画の焦点がぼやけると思うんですよね。
ライダルが夫妻に近づいたのは、あくまで父親の面影を持つチェスターに興味を持ったからで、言い方は悪いけれど、コレットはあくまでチェスターを翻弄する道具という扱いの方が、スッキリする気がします。ま でも終盤に向け、テーマははっきりしてくるのでいいかな。

パトリシア・スミスの原作は犯罪者のたどり着く先には容赦ないけれど、犯罪を犯すに至る理由や心の弱さをきちんと描いているところに優しさがあって好き。


原題のJanuaryとは、ローマ神話のヤヌスのこと。
二つの顔を持つこの神の姿に、相反する方向を向いても互いに惹かれあうチェスターとライデルを重ね合わせたのだそうです。
ヤヌスは出入り口と扉の神。色んな意味で映画を表現しています。


日本公開は4/11





スポンサーサイト
キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
2013年05月30日 (木) | 編集 |





キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!<未>(1999)アメリカ
原題:Dick監督:アンドリュー・フレミング
出演: キルステン・ダンスト、ミシェル・ウィリアムズ、 ダン・ヘダヤ、 デイヴ・フォーリー、 ウィル・フェレル、 ブルース・マックロック、 テリー・ガー、 アナ・ガステヤー


いや~、これはウケた、ウケたw 
1974年にニクソン大統領を現役からの辞任に追い込んだウォーターゲート事件を題材に、事件を目撃した女子高生が繰りひろげる騒動を描く青春コメディ。
ワシントン・ポストの2人の記者がディープスロートと名づけた提供者からの情報を元に事件を暴いていくわけですが、本作はディープスロートは実は15歳の2人の女の子だったとする半フィクションな歴史コメディなのです。

女の子たち演じるのが、キルスティン・ダンストミシェル・ウィリアムズ!!
この映画が面白いのは、箸が転んでも可笑しい年頃の二人が、実に女子高生らしい関心からホワイトハウスに接近し、ニクソン大統領と係わっていくこと。
ミシェルに至っては大統領に恋してしまい、次第に綺麗になっていくしw 
偶然に見つけたある証拠から、大統領が嘘つきであると確信する二人は、傷つけられた乙女心へのリベンジと高校生らしい正義感で事件の証拠を得ようとする。後半の大活躍はちょっと行きすぎな感もあるけど、能天気さと大胆さを併せ持つ、ティーンならではのハチャメチャぶりが楽しい。
証拠テープの謎の空白は、そういうことだったのね、とかw
歴史的事実を絶妙に、しかもシモネタ絡みで盛り込んでいて最高でした。
そもそも、原題のDick(映画ではニクソンのニックネーム) って男性のアレだし、ディープスロートだってアダルト用語なのねw






『大統領の陰謀』でロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが演じた記者を本作ではウィル・フェレルとブルース・マックロックと言う冴えない2人が演じてるのも笑える。





何よりも女子高生に翻弄されるニクソン大統領のあたふたぶりが最高で、ニクソンにそっくりなダン・ヘダヤがグッジョブ。
ホワイトハウスを去る日、ピースで飛行機に乗り込む歴史的なシーンにも爆笑
事件に詳しいほど、仕込まれたネタに笑えるはず。上手い作品ですよ。


■トラックバックいただいてます


Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-30 00:24 x

タイトル : キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
"ディープスロート" の正体は、じつはおバカな女子高生2人組だった 深夜放送で観ちゃいました~、のシリーズが出来そうですが・・・これも先日の放映でした。(・ω・)bグッ キルスティン・ダンスト と ミシェル・ウィリアムズ が演じる女子高生2人組が、なんとあの歴史的事件 "ウォーターゲート事件" の影の主役だった! ってな設定の仮想コメディです。 そうなんですよ~、あの事件をスクープしたワシントン・ポストの記者、 ボブ・ウッドワード と ......more




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。