映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
サイド・エフェクト
2013年02月12日 (火) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグ、本当に最後?




サイド・エフェクト 2013年(アメリカ)
原題:Side Effects
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュード・ロウルーニー・マーラキャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタム


インサイダー取引で捕まった夫マーティン(チャニング・テイタム)が4年の刑期を終え帰ってきたことは
妻エミリー(ルーニー・マーラ)の精神を波立たせた。
エミリーにはうつ病の既往があり、生活環境の変化が病状を悪化させたのだ。
ある日、ついにエミリーは駐車場の壁に自ら車で激突し病院に収容される・・




エミリーを演じるのが『ドラゴンタトゥーの女』のルーニー・マーラ
病院で精神面の治療にあたることになるのが、ジュード・ロウ演じる医師ジョナサン・バンクス。
彼が処方した試薬の副作用から、エミリーの周囲である事件が起きてしまうという設定。
エミリーは夫の逮捕により、裕福な結婚生活が一瞬にして消え去り
以前かかっていた精神科医のゼタ姐さんの治療も受けれらない ってなところがミソ。




脚本は『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズ
今回も医療サスペンスの体をなしてはいるけれど、
幸せに貪欲な人々が繰り広げる泥仕合も唖然とする作品です(笑)

いきなりやってくるクライムシーン等、まさにgo haywire!
『エージェント・マロリー』を思い出し、必死で笑いをこらえちゃいましたw
スリラーだけどコメディとしても通用する面白さなんですよね。
ソダーバーグうまいよなぁ。引退考え直して欲しいですよ。

幸せそうな妻の姿から表情の消えた病的なエミリーまで
ルーニー・マーラは地味に上手い。

マーティンのママを演じたのが『コンプライアンス』のアン・ダウドだったけど地味に埋もれてましたね。
出来ればルーニーちゃんをエプロン一枚にして、身体検査して欲しかったw


大好きなジュードについても書きたいけど、ネタバレしそうなのでこのへんで。
あまり情報を入れずに観ることをお薦めします。
狐と狸の騙しあいを楽しんでください。

日本公開は秋!

★★★★