映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ
2016年09月10日 (土) | 編集 |
 
genius_0.jpg
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2016 イギリス/アメリカ
原題:Genius
監督:マイケル・グランデージ
脚本:ジョン・ローガン
出演:コリン・ファース
 ジュード・ロウ  / ニコール・キッドマン/ ローラ・リニー /ガイ・ピアース
日本公開:2016/10/7

【あらすじ
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドら世界的な作家を世に出した編集者マックスウェル・パーキンズは無名の作家トマス・ウルフに才能を見出し、出版を約束する。

感想
ジュード・ロウコリン・ファースがダブル主演で実在の作家と天才編集者を演じる伝記ドラマです。
ガイ・ピアースがF・スコット・フィッツジェラルド役で登場するので、今日は英国男優3人斬りね。

ジュード・ロウ演じるのはアメリカの小説家トム・ウルフ。知りません(汗)

長けりゃいいってもんじゃないのは顔だけじゃない。
ウルフの持ち込む原稿は莫大な量(しかも手書き)で、どこの出版会社からも相手にされない。
でも名編集者マックスウェル・パーキンズだけはウルフの文に目をとめるんですね。
そこから出版に向けての長い長い道のりが始まります。
genius.png


編集といってもパーキンズが勝手に手直しするわけではなく、真の言葉を導きだすウルフとの共同作業。ダラダラ説明に終始した文が洗練された美しいフレーズに生まれ変わるシーンにはワクワクしました。
名作もはじめから傑作なわけではないですね。

自分で書く力もあっただろうにそうせず、埋もれた才能を開花させることに人生を捧げるマックス。エキセントリックで、できればお近づきになりたくないタイプのウルフに家庭を犠牲にしても固執するのは、その才能を確信しているから。
ウルフの原稿を読むときの至極の表情で、文学への静かな情熱を表現するファースの素晴らしいこと。

こんな暑い・・もとい熱いジュードを観るのはたぶん初めてで、俳優としてのジュードの変化も感じました。

Jude-Law-and-Colin-Firth-in-Genius-1080x675.jpg
この表情。心を通わせていく二人に言葉はいらないっていうね。


本作が初監督というマイケル・グランデージは舞台の演出家として活躍する方らしく、ウルフと愛人役ニコール・キッドマンのやり取りなどには舞台風な演出も見て取れます。
でもいったんカメラが外に飛び出すと、雰囲気は一転。
セピア色に彩られた20年代から40年代のニューヨークが、舞台ではどうしても表現できないだろう重厚さとスケールで映し出され、圧巻なのですよ。
ジャズをはじめとする音楽も本当に素晴らしく、映像と音楽だけでも「いい映画を観た!」という気にさせてくれる。

マックスの妻を演じたローラ・リニー、ウルフの愛人役ニコール・キッドマン、フィッツジェラルド役のガイ・ピアースもいい。精神を病んだ妻を支えるため小説家活動に没頭できなかったフィッツジェラルドのことなど、有名作家にまつわるエピソードも文学好きにはたまらないでしょう。

これしみじみよかった。
監督は今年のトップ10入り確実です。


ブログパーツ


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】ガイ・ピアース主演『タイムマシン』
2015年03月10日 (火) | 編集 |



今日はガイ・ピアース主演の時空もの。
「タイム・マシーン」の原作で知られるH・G・ウェルズのひ孫にあたるサイモン・ウェルズが監督した『タイムマシン』を観ました。

タイムマシン(2002)アメリカ
原題:The Time Machine
allcinemaデータ
 




1890年代に生きる大学教授のアレクサンダー(ガイ・ピアース)は、恋人エマ(シエンナ・ギロリー)に求婚した直後、通りすがりの強盗に襲われ愛するエマを失ってしまう。
悲しみに打ちひしがれたアレクサンダーは過去を変えるべく、タイム・マシーンの製作に没頭。
やがて完成し、過去に戻ってエマと再会を果たすものの、エマはまたも死んでしまいます。

運命を変えられないことを知ったアレクサンダーは、未来にその謎を解く鍵があると思い立ち、今度は未来に行ってみる。
2030年の近未来描写はとても近代的でカッコよく、時代のギャップなど通常の時空ものの面白さを味わえるんですがこの映画それで終わらないんですよね。



その後、アレクサンダーはアクシデント的に80万年後に降り立つことになるんですが、そこは荒廃し、まるで原始時代に戻ったかのよう。
死んだ恋人を取り戻すというロマンチックな展開を期待していたのもあって、はるか80万年後のぶっとんだ世界観と、そこで繰り広げられるアクション活劇に正直面食らいました。
エマの話はどうなったんや~ってね(笑)
でもこれ最後思いのほかうまくまとまっていて鑑賞後感がよかったんですよね。



映画の中にもH・G・ウェルズの名前が幾度か出てきます。
曾おじいちゃんレスペクトの本作は監督の命題でもあったんでしょう。

時代の変遷とともに未来への展望も変わっていく。
近未来SFでもことごとく荒廃した地球が描かれる現在にあって、タイム・マシーンを題材に、未来に希望を託す作りがよかった。

過去は変えるのでなく、思い起こすもの。
しかし過去に学ぶことができなければ、人類に進歩はない。
なにより「私たちは未来を変えることができるんだ」というメッセージが力強く清々しい。

ガイ君は窮地に立たされた状況から踏ん張る役どころが嵌る役者さんですね。
彼ならできるかも と思える勇敢で誠実な主人公を演じていてカッコよかった。

どこかで見たことあるなぁと思いながら最後までわからなかった白塗りの未来人はジェレミー・アイアンズでした(笑)
 




ラビナス
2015年01月14日 (水) | 編集 |


何を思ったか、ブログ村で「英国俳優大好き」なるトラコミュを作っちゃいました。

参加してくれたsaoriさんお勧めの『ラビナス』がとっても面白かったので、今日は「クリス・プラットを探せ」をお休みしてこちらの感想を。




ラビナス(1999)アメリカ
原題:Ravenous
監督:アントニア・バード
出演:ガイ・ピアースロバート・カーライル/デヴィッド・アークエット/ジェレミー・デイヴィス/ ジェフリー・ジョーンズ/ジョン・スペンサー/スティーヴン・スピネラ/ビル・ブロークトラップ
 

ストーリー
1847年、メキシコ・アメリカ戦争の最前線で戦い戦死したと思われたたボイド大尉(ガイ・ピアース)は、死体の中から発見された。しかし帰還を祝う席で出されたステーキを食べられず将軍の機嫌を損ねシェラ・ネバダ山脈の西にあるスペンサー砦に赴任させられる。

私は全然知らなかったんですが、これカニバリズムを描いたホラーサスペンスなんですね。1999年の作品ということで少々内容にも触れて書いていきます。





主演はボイド大尉を演じるガイ・ピアース。ガイ君は最前線で怖気づき、助けを呼ぶ仲間の声を聞きながら、死んだ振りをしてやり過ごした男。しかも死んだ仲間を食べて生きながらえていたようで・・。

そりゃ祝いの席で冴えない顔にもなるわな。小さな隊の守るスペンサー砦に左遷されたガイ君は、そこでロバート・カーライル演じるコルホーンと出会い、さらに運命を狂わされることになる、、という話。






いやはや、これ面白かったわ。

死んだ振りして生き延びたボイドは当然ながら罪の意識に苛まれるのですが、それ以上に彼を苦しめるのが「人肉の魅力」(笑)そんな彼の前に現れるコルホーンもまた人食いに嵌ってしまった男でしてw

欲望に抗おうとするボイドと快楽を享受するコルホーン、カニバリズムに魅せられた二人の壮絶な闘いが繰り広げられるわけですねぇ。面白いのは人肉を食べると元気百倍になり、死にかけていてもゾンビみたいに蘇ること(笑)

でもはまったら最後、どこまでも強欲になってしまうところが恐ろしい。これカニバリズムを題材にしたホラーサスペンスの形をとってるけれど、恐らく欲に魅せられたアメリカの姿を描いているんでしょう。

メキシコ・アメリカ戦争を舞台にしてることや、インディアン、メキシコ人、信仰に篤い者などが順番に殺されていくことからも想像がつきます。最後に二人が迎える決着は納得のいくものでした。しかもやっぱりね。。とちょっと皮肉を覗かせるところもうまい。

ということで、今日の英国俳優はガイ・ピアースロバート・カーライルのお二人。苦悩するガイ君もセクシーだったけど、いっちゃってるロバート・カーライルもすごいね。

二人の壮絶なる死闘を拝めたのも拾い物。アクションよし、ブラックなホラーコメディとしても楽しめました。



デヴィッド・アークエット入りシチュー美味しそうだったわw







プロポジション 血の誓約
2012年05月18日 (金) | 編集 |

プロメテウス』のキーワードから、出演者の出演作を観るシリーズ
今日はピーター・ウィーランド役のガイ・ピアースの出演作から一本。
19世紀、開拓時代のオーストラリアを舞台にした、異色バイオレンス西部劇です。



プロ
ポジション 血の誓約
2005年(オーストラリア/イギリス)
原題:The Proposition
監督:ジョン・ヒルコート
出演:ガイ・ピアースレイ・ウィンストンエミリー・ワトソンダニー・ヒューストンノア・テイラー


この映画の背景となるのは、全土をイギリスにより植民地化された19世紀のオーストラリア。
移民たちは原住民を迫害し、土地を搾取。
そんな殺伐とした時代、荒くれ者のバーンズ3兄弟は、様々な悪事を重ねていた様子。
ま、「様子」というのも、その辺の描写はまるでなく、
映画はいきなり、激しい銃撃戦で始まり、いきなり危険な世界に引きずり込まれます。
捕まったのは、バーンズ兄弟の次男と三男。
警官隊隊長のスタンリー(レイ・ウィンストン)に、9日以内に長男を探し殺さなければ三男マイクを縛り首にすると言い渡され(プロポジション)、
次男チャーリーは、困惑の中、一人砂漠へと旅立つのでした。



残忍さと自然の美しさが相俟って、不思議と詩的な印象を受ける作品です。
兄を殺さなければ、弟が処刑される。
究極の選択を迫られる次男チャーリーを演じるガイ・ピアース
いわば歴史の目撃者と言ったところでしょうか。
兄とともに蛮行を行ってはいたものの、もはや兄とは距離を置いてしまった男。
弟の命を守りたい、その当たり前のことが
兄の命と引き換えでなければならない時代を生きる男の哀愁が滲み出ます。

それは警官所長のスタンリーも同じことで
妻を守り、法や秩序を守りたいのに、それが許されない男の苦悩を滲ませます。
スタンリーの妻にエミリー・ワトソン
砂漠に不似合いなドレス、美しいティーセットでお茶を楽しむ彼女には
イギリスの影が付きまといます。
スタンリーにとっての癒しでありながら、同時に夫を苦悩に導く存在なのが印象的。
決定的な事件が、真夏のクリスマスに起こるのも
相容れない文化の象徴のように思えます。




監督は『ザ・ロード』で灰色に包まれた終末の世界を描いたジョン・ヒルコート
今回作品を色でたとえるなら、乾いた砂と、夕焼け空のオレンジ色。




台詞も少なく、バイオレンスの狭間に挿入される大自然の映像は詩的ですらあり
こんなにも美しい土地で、人間は何をしてるんだろう。
そう思わせるラストシーンが心に残る作品でした。

★★★★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。