映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件
2016年11月23日 (水) | 編集 |
inthenameofmydaughterposter.jpg

 ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件(2014)フランス
原題:L'homme qu'on aimait trop/In The Name of My Daughter
監督:アンドレ・テシネ
脚本:セドリック・アンジェ/ジャン=シャルル・ル・ロー/アンドレ・テシネ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ギョーム・カネ/アデル・エネル /ジュディット・シュムラ

【あらすじ】
76年、南仏ニース。カジノの筆頭株主である女性実業家ルネの娘アニエスが、結婚に失敗して故郷へ戻ってくる。ニースではイタリアのマフィアがカジノ経営権を狙っていたが、ルネは顧問弁護士モーリスの助言によってカジノの新社長の座に就く。一方、母ルネに強い反発心を抱くアニエスは、モーリスと恋に落ちてルネと対立する立場にまわり……。


ミステリー祭り6本目

アンドレ・テシネがフランスのニースで実際に起きた事件を映画化した作品です。
タイトルの「失踪事件」につられましたけど、ミステリーとはちょっと違った(汗)
inthenameof.jpg
ギョーム・カネ演じるモーリスはルネ(ドヌーヴ)の顧問弁護士を務めながら、ルネのカジノの共同経営者に収まることを目論んでいる。しかしその野心を見抜いたルネはモーリスを解雇。すると今度は娘のアニエスに取り入るわけです。甘いお顔でとんでも強欲なギョーム・カネのワルっぷりが半端ない。
wk-name0522-2.jpg
アニエス自身、空港に迎えに来た初対面のモーリスと運転手を待たせて海で泳いだりする奔放かつ自己中な女性。母に対してそれほど美人でない自分に引け目を感じてか、どこか卑屈な雰囲気も。
そんな女の子が恋に落ちると、周りなんか見えやしない。
妻子や愛人までいるモーリスを愛し、冷たくされ始めると自殺するぞと脅す始末。
いや、モーリスでなくても殺したくなるかも・・。

実際彼女は自殺未遂を起こしてしまい、電話に出ないからとモーリスは警察に通報。
しかし、このときモーリスはアニエスの住所を間違えて伝えるんですよね。
発見が遅れることを期待したんでしょ、これ。
幸い(不幸にも?)アニエスは一命をとりとめる。
しかし、間もなくアニエスは忽然と姿を消してしまいます。

アニエスはどこに?

と思っていたら、映画はいきなり20年後に飛んでみんな急に老けた(笑)
アニエスの失踪に関する20年前の裁判結果を受け入れられないルネが、再びモーリスを訴え裁判を起こす。10年争って新たな判決が出るんですが・・。

カジノ社長時代の華やかさは影を潜め、老けて質素な佇まいのドヌーヴが悲しかったなぁ。
疎まれ、裏切られても母は娘を愛し、その捜索と裁判に実に30年の月日と財を投じたんですね。

邦題はいかにもミステリーを思わせますが、英題はIn The Name of My Daughter
謎を解くというより、娘の名にかけて真実を追求しようとする悲しき母の物語ということでしょう。
ただ、ドヌーヴの心境は映像でおもんぱかる部分が殆ど。それならミステリー部分を際立たせる演出にした方が面白かったかも。


終盤、悪夢に目覚める若きモーリス。間を置かず映し出される、同じように夜間目を覚ます現在のモーリスの姿に、彼が30年間、こうして夜を過ごしてきたであろうことを知ることになりました。この演出はよかった。

娘の裏切りにより社長の座を追われたルネがカジノを後にするとき
カーラジオから聴こえてきた『うわさの男』(イタリア語バージョン!)を運転手の青年とやけっぱちで歌うドヌーヴさまを貼っておきます。









[READ MORE...]
シェルブールの雨傘
2013年09月28日 (土) | 編集 |




ミュージカル繋がりで
シェルブールの雨傘(1963)フランス
原題:Les parapluies de Cherbourg
監督:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ニーノ・カステルヌオーヴォ/ マルク・ミシェル/ エレン・ファルナー / アンヌ・ヴェルノン 
ドヌーヴをブログのアイコンに使わせてもらっていながら、
この作品を観てないって、なんだったんでしょう。
カンヌでパルムドールを獲得した、ジャック・ドゥミ監督によるミュージカルですね。

聴き覚えのある物悲しい主題歌が流れ、雨の降り始めた石畳を色とりどりの傘が行き交う
これを真上からのショットで映し出すオープニングクレジットのなんと映画的でお洒落なこと!
まずここで、そのセンスと哀愁にノックアウトです。

本編が始まると、台詞の全てを歌いながら・・という歌曲形式に一瞬ビビったものの
主題歌の旋律がベースになっていると気づき、どうにかセーフ(笑)




カトリーヌ・ドヌーヴ演じるのは、フランス北西部の港町シェルブールで
自動車修理工のギイと愛し合う傘屋の娘ジュヌヴィエーブ。
しかしアルジェリア戦争の徴兵令状が二人の運命を翻弄するんですね。
ギイとの連絡が途絶えた傷心のジュヌヴィエーブに結婚を申し込む男性も現れ・・・



もう古い作品でもあるので、内容に触れますが
ラストシーン、
久々にシェルブールに戻り、あえて回り道をしてガソリンスタンドに立ち寄ったジュヌヴィエーブはこのとき幸せだったのだろうか。
偶然(?)遭ったギイに、別れ際「Are you all right ?」と訊くジュヌヴィエーヴ
もしもギイが「君は?」と訊き返していたら、彼女はどう応えただろう。
雪の中、家族で戯れるギイを映すカメラはジュヌヴィエーブの視線だったのかな。


シェルブールの雨傘とは、降り出した彼女の涙の雨を受け止める傘だったのかも
そんなことを思い、切なくて泣けました。たまらなく好き。





哀しみのトリスターナ
2013年06月08日 (土) | 編集 |


ブニュエルをもう一本。
カトリーヌ・ドヌーヴを主役に迎えて作った、ブニュエルのスペイン映画のうちの一本です。







哀しみのトリスターナ(1970)西ドイツ・フランス・スペイン・イタリア
原題:Tristana監督:ルイス・ブニュエル
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランコ・ネロ、フェルナンド・レイ

両親を亡くしたトリスターナ(カトリーヌ・ドヌーヴ)を名付け親であるドン・ロペが養父として引き取り、ともに暮らすことになる。美しく成長するトリスターナを愛し始めるドン・(フェルナンド・レイ)ロペ。いつしか肉体関係となる二人だったが、トリスターナは内心で老いていくドン・ロペを憎み、やがて愛する人(フランコ・ネロ)をみつけ、ロペのもとを去った。しかし二年後、病魔に侵されたトリスターナは・・。。

全米で最近ブルーレイが発売された、ドヌーヴ&ルイス・ブニュエル初タッグ作品。
先日の『欲望のあいまいな対象』で好色爺を演じたフェルナンド・レイが、幼女トリスターナを愛す養父を演じていますが、ここでも彼は、変わっていくトリスターナに疎まれる爺様役なんですね(笑)

ドヌーヴ演じるトリスターナは、純真な乙女のときにドン・ロペに引き取られ、貴族で仕事もしないドン・ロペに半ば拘束されて大人になっていく。
彼女はときに、鐘楼にドン・ロペの生首が吊るされた夢をみるのですが、この絵に見覚え有り。
そう、桜田淳子ちゃんがヒロインを演じた金田一シリーズの『病院坂の首縊りの家』にそっくりなシーンがありましたね。本作へのオマージュだったのかしら。





変わっていくトリスターナを見事に演じたドヌーヴがとにかく美しい。
トリスターナの過ごしてきた人生を走馬灯のように見せる終盤の回想シーンで、清純だったトリスターナが、いかに冷酷にシニカルに変わっていったかを目にするとき、トリスターナの人生に思いを馳せることになりました。


鐘楼に生首・・
それはトリスターナの密かな願望の表れだったんでしょうね。

雪の降る夜、そっと窓を開ける・・
そのシーンに、トリスターナの哀しみと憎しみを凝縮させるブニュエルに脱帽した次第。








永遠の命は要らない!『ハンガー』
2012年03月27日 (火) | 編集 |


ハンガー
1983年(イギリス)
原題:The Hunger
監督:トニー・スコット
出演:カトリーヌ・ドヌーヴデビッド・ボウイ、クリフ・デ・ヤング、
ジェームズ・オーブリー、ジョン・パンコウ、スーザン・サランドン、
ダン・ヘダヤ、ウィレム・デフォー
【ストーリー】
不死の生命力を持つ吸血鬼のミリアムは生きた時代ごとに愛する者を見つけ、自分の仲間にしていた。ニューヨークに暮らす今の相手は、18世紀のイギリスで見つけたジョン。ミリアムは吸血鬼になることを条件に彼にも生命力を与えていたが、200年以上も若さを維持することは不可能だった。衰えを感じ始めたジョンは老化を研究している女医サラに会うが……。(映画.comより)



吸血鬼として生きる男女の愛と宿命を
トニー・スコットがスタイリッシュに描き上げたお耽美ホラー!
カトリーヌ・ドヌーヴデヴィッド・ボウイ共演
しかも、美しい二人が吸血鬼を演じるのだから、こりゃたまらんってもんです。

18世紀にミリアム(ドヌーヴ)に見出され、
永遠の命を信じ、生きてきたジョン(ボウイ)は
ある日突然現れた老いの兆しに戸惑います。
救いを求め、老化を研究する女医(サランドン)の元を訪ねるものの
老いは瞬く間にジョンを襲い・・

人間老いても、みんなと歩調をあわせてるからいいのだけど、
自分だけジジイになって、恋人は永遠に美しいとなると、それは辛いですよ。
ジョンはミリアム(ドヌーヴ)の愛を失うことを恐れる。
彼女がジョンに代わる、次の恋人を捜すだろうこともわかっているから・・。

迫り来る老いに苦悩するデヴィッド・ボウイも必見ですが
この映画のもう一つの見所は、ドヌーヴとスーザン・サランドンのビアンな関係!
30年前の麗しきお2人ですからね。なんとも贅沢。





吸血鬼映画なので、血なまぐさく、えぐい描写もあるけれど
青を基調にした映像はクールでスタイリッシュ。
摩天楼のベランダに佇むサランドンを映し出し、
グーーンと引いていくラストシーンの美しさは格別です。

後半一気にお化け屋敷状態になり、
スタイリッシュとは真逆なクリーピーな映像になるので要注意ですが
「永遠の命ってそういうこと?!」と驚き、
「ドヌーヴさんまで?」なクライマックスまで、一気に楽しみましょう(笑)

私としては無間地獄に漂うよりは、歳食って普通に死にたい。
命には限りがあるからこそ、今が輝くのだと思うから。




夜を殺した女<未>
2012年02月22日 (水) | 編集 |
今日はドヌーヴ作品から、86年製作の日本未公開映画をご紹介。
ドヌーヴが逃亡中の犯罪者とつかの間の情事に溺れる人妻を演じる サスペンスドラマです。

blog_import_566ba125d221d.jpeg
夜を殺した女(1986) 
監督: アンドレ・テシネ 出演: カトリーヌ・ドヌーヴ/ヴィクトル・ラヌー/ヴァデック・スタンチャック
    ニコラ・ジロディ/ダニエル・ダリュー/ジャン=クロード・アドラン

リリ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は夫と離れ、小さな田舎町で息子のトーマと暮らしていた。
そんなある日、彼女の経営するダンス・クラブにひとりの男が現れる。
男の名はマルタン、脱獄し仲間のリュックと逃亡中の犯罪者。マルタンはリリの美しさに魅かれ、
彼女もまたマルタンに魅かれてゆく。

名匠と紹介しながら、監督作品は一本も見たことなかったのですが、
ドヌーヴ様とは『海辺のホテルにて』『夜の子供たち』などでもコンビを組んでるとのこと。

本作は冒頭、リリの息子13歳のトーマが何ものかに襲われ翌日までに金を持ってこいと脅されます。
それが脱獄したマルタンとリュックだとわかってきますが、トーマは家族にも言えないまま、
何とかお金を作り二人に渡すものの凶悪なリュックはトーマを殺そうとし、マルタンと仲間割れとなります。
そんなマルタンがリリと出会い、惹かれあってしまうというお話なんですね。

blog_import_566ba1290c8f2.jpeg

誰にも言うなと脅され、一人恐怖の中葛藤する息子トーマ。
そんなトーマの葛藤を知りながら、情事に走る母親・・・。
 途中までは、自分の結婚の失敗も母親のせいにして、
どこか地に足が着いていないドヌーヴに共感できず
一家で一番まともなのは、バラバラな家族を何とかまとめようと頑張る
しっかりもののおばあちゃんだけだなぁ などと思いながら観続けるのですが
最後になって、ドヌーヴの心の闇は母親の支配によるものだったこともわかり
思わぬ感慨を呼ぶのですよ。

 一見すると、全て悪い方向に向かってしまう不条理なドラマに見えるのだけど
観終わった印象は、意外に清々しいのは、
これがドヌーヴの心の再生を描く作品だったと思えるから。
92分というコンパクトなつくりなのに、無駄のない演出で
登場人物の思いのたけを描ききる監督の手腕に恐れ入りました。

一夜の情事を過ごす家の鍵を渡され、雨の中取り落とすマルタン。
それだけのシーンから、彼は招かれざる客、あるいは行ってはいけない場所であることを思わせたり
 マルタンの仲間の女のサングラスが、後に涙を隠すためのアイテムだったかと思えば
その予想をはるかに超える使い方をしていたりと、
とにかく小物使いの上手さにもうなりました。さすが名匠ですね。

DVDにもなっていないのは本当に残念。面白いですよ。