映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)
2017年02月06日 (月) | 編集 |
hidden-figures-poster.jpg

 ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)(2016) アメリカ
原題:Hidden Figures 
監督/脚本:セオドア・メルフィ
出演:タラジ・P・ヘンソン
オクタヴィア・スペンサー/ジャネーヌ・モネイ/キルスティン・ダンスト/ケヴィン・コスナー

【あらすじ】
60年代初頭、NASAでは黒人女性たちが人間コンピューターとして宇宙開発プログラムに携わっていた

【感想】
 2月はオスカー月ということで、関連作品を観ていきます。
今年のノミネーションのサプライズの一つ、作品賞候補となった『ヒドゥン・フィギュアーズ』を観ました。

監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』のセオドア・メルフィ。
NASA初期の宇宙開発計画に貢献した3人のアフリカ系アメリカ人女性数学者の知られざる実話を映画化した一本です。

舞台となる1961~2年は『ヘルプ~人とつながるストーリー~』と同じ頃。
ヘルプでオスカーに輝いたオクタヴィア・スペンサーが本作でも助演女優賞にノミネートされています。

今回オクタヴィア(ドロシー)の職場はNASA!
NASAは数字に強い黒人女性を雇い、人間コンピューターとして計算業務にあたらせていたんですね。
キャサリン(タラジ・p・ヘンソン)、メアリー(ジャネール・モネイ)も同僚です。

しかし彼女らの職場の部屋には「colored computers」=「黒人のコンピューター課」の標識。
実はNASAでも水飲み場やトイレは「黒人用、白人用」で分けられ、黒人差別が普通に行われていたという事実。
ロケットを宇宙に飛ばそうというNASAで、まだこれだったんだとビックリ。

映画はそんな環境で奮闘する女性陣を描くわけだけど、この映画の面白いのは単なる人種差別映画になってないこと。
キャサリンは子供のころから数学に天才的な能力があり、その才能が宇宙飛行に多大な貢献をするのが痛快で感動的なんです。

しかし、歴史に残る働きに違いないのに、キャサリンの功績が知られてないわけで、それがタイトル「知られざる偉人」の所以でしょう。figuresと複数なのは、それぞれの分野で活躍したドロシー、メアリーを含めるのかと。他にもたくさんの知られざる偉人がいるということかもしれませんね。
Hidden-Figures-1.jpg
本作は先日のアメリカ映画俳優組合賞の、色んな映画賞のアンサルブル演技賞はじめ、様々な賞でアンサンブル演技が評価されています。タラジの天才っぷり、肝の据わったオクタヴィアのリーダー的カリスマ感、ジャネールの負けん気、
加えて、ジンワリ意地悪パンチを食らわすキルスティン・ダンストに代表される典型的な白人たち、(いつオクタヴィアが●●●パイで反撃に出るかとヒヤヒヤしましたがw)、チームの成功に心を尽くす一途さが黒人女性との垣根を取り払うことになるケヴィン・コスナーも機能してる。クライマックスのNASAの一体感も興奮しました。
Hidden-Figures-13.jpg
それにしても黒板につらつらーっと書き連ねた数式が宇宙飛行の成功を左右するんだから、数学ってすごい。
これぜひ子供さんにも見て欲しい。

「黒人」というタグが必要でないほどに、女性として、人として道を拓いた3人
彼らの本物の写真が最後に出てきて、涙腺が緩んだなぁ。
映画も最高に面白かった。



お気に入り度4.5

ブログパーツ


スポンサーサイト
フルートベール駅で
2013年08月05日 (月) | 編集 |



サンダンスで審査員賞と観客賞を受賞した『フルートベール駅で』を観てきました。
フルートベール駅で (2013)アメリカ
原題:Fruitvale Station
監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン/メロニー・ディアス/オクタヴィア・スペンサー/アリアナ・ニール
日本公開:2014/3/21
2009年、新年が明けたばかりのオークランドの地下鉄内で、22歳の黒人青年オスカー・グラントが、駅の保安員に無抵抗のまま射殺されるという事件が起きました。

本作はその事件の当事者オスカーの一日に焦点を当てた実話ですが、そのことを知らなくても、映画の冒頭に、事件を遠巻きに見る映像が流れるため、何が起こるのかは想像ができるつくりです。



こうした事件が起きると、白人警官による黒人への行き過ぎた暴力が問題となり、人種問題へと発展します。オスカーの事件でも、彼が黒人でなければ事件は起きただろうかと思ってしまいます。
けれど、映画はあえそれに触れず、オスカーと彼を取り巻く人々との関係を淡々と見せる描き方。
まずはオスカーという一人の人間に注目して欲しいということのようですね。




オスカー(マイケル・B・ジョーダン)の最後の一日は、大晦日にして母親の誕生日。
家族が集うオスカーの実家の暖かいこと。
オスカーにはヒスパニック系のガールフレンドがいて、4歳になる娘もいる。
喧嘩っ早いところもあり、刑務所に入ったこともあるけれど根は優しくて子煩悩。
そんなオスカーが、これまでの生き方を悔い、真っ当な道を歩こうと気持ちを新たにする。
神の導きのような神秘的な力を感じてしまうところだけど
迎える新しい一年がどんなに素晴らしい年になっただろう。そう思わずにいられません。

フラッシュバック的に描かれるオスカーの刑務所でのワンシーンで
オクタヴィア・スペンサー演じる母親が、あえて息子を突き放し、刑務所を去るという場面
ハグを求め暴れるオスカー。
終盤、このシーンが伏線になっていたと気づき、流石に涙が溢れました。

製作にフォレスト・ウィテカー
監督のライアン・クーグラーはオスカーとは同じ歳という若手で、これが初めての長編作品。

誰にも家族や愛する人がいて、支えあったり、誇りを失わないように懸命に生きている
黒人も白人も命の重さは同じ・・そんなことを感じる作品でした。




トラックバック一覧

  1. 1. フルートベール駅で

    • [CINEmaCITTA']
    • December 10, 2014 19:27
    • 【フルートベール駅で】 Fruitvale Station アメリカ 2013   製作 :フォレスト・ウィテカー 監督・脚本 :ライアン・クーグラー 出演 :マイケル・B・ジョーダン / メロニー・ディアス / オクタヴィア・スペンサー 他 (サンダンス映画祭:作品賞、観客賞 イ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。