映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ガール・オン・ザ・トレイン
2016年10月09日 (日) | 編集 |
 girl-on-train-movie-trailer-poster-emily-blunt.jpg
ガール・オン・ザ・トレイン(2016 アメリカ
原題:The Girl on The Train
監督:テイト・テイラー
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
出演:エミリー・ブラントレベッカ・ファーガソン /ヘイリー・ベネット /ジャスティン・セロー/ルーク・エヴァンス
日本公開:2016/11/18

【感想
ポーラ・ホーキンズのベストセラー同名ミステリー小説を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラーが映画化した一本です。
The-Girl-On-The-Train-600x373.jpg
タイトルの「列車に乗った女性」であるヒロイン、レイチェルにエミリー・ブラント
レイチェルは離婚した挙句、アル中で仕事まで解雇された人生どん底女。
元夫トム(ジャスティン・セロー)はかつて自分と暮らした家に再婚相手と住んでいて、妻アナ(レベッカ・ファーガソン)との間にできた天使みたいな子供の写真をFacebookに投稿してるんですよ。はぁ、辛い。

レイチェルは毎日乗る電車の窓から見える仲睦まじい夫婦(ヘイリー・ベネットルーク・エヴァンス)に、幸せだった自分の姿を重ね、しばしの現実逃避を楽しんでいます。
ところがある日、その”理想の妻”ミーガンが夫以外の誰かとベランダでキスしているのを目撃してしまい、動揺したレイチェルは、夫婦の家まで行ってしまうのです。ところがレイチェルにはその後の記憶がない! 
間もなくミーガンの失踪が伝えられ、やがて死体が発見されることに。

さて事件の真相は・・という話。


私はお酒を吞めないので、泥酔したこともないんですが
お酒で記憶が飛んだことのある人は、その間に何があったのか気になるでしょう。
お風呂に入ろうとしたら、パンツを裏返しに穿いてたりしたら
必死で記憶を手繰り寄せようと思うよねw

レイチェルも空白を埋めるためあちこちに出没して探りを入れる。
結果自分も疑われるんですが、彼女の行動は警察を翻弄し映画をミスリードします。
ときに突拍子もなく感じ、コメディなのかと思う部分もあったけど
撮影時妊娠中だったらしいエミリー・ブラントは素面でアル中女をらしく演じきってます。
000c1f49-572.jpg
事件もので早々に殺される役というと端役なことが多いですが
ヘイリー・ベネットは心に闇を抱えたミーガンをはかなげに演じていて存在感あり。
先日観た『マグニフィセント・セブン』では落ち着いた強い大人という風だったのに、まだ20代だったのね。
tumblr_o5xu9gLHOC1tjhhvio1_r1_500.jpg
レイチェルの元夫の再婚相手アナに『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でキレのいいアクションを見せてくれたレベッカ・ファーガソン。

本作の魅力は単純に殺人事件の犯人を捜すということだけでなく、登場人物を絶妙に絡ませつつ、レイチェル、ミーガン、アナ3人のそれぞれの「女の人生」を浮かび上がらせるところ。
はたから見れば幸せに思える人生も本人がそう感じているとは限らない。
人の幸せを羨むのはばかげたことだなと、そんなことを思う映画でした。

LukeEvans1.jpg
さて、今日の「英国男優」はスコット役のルーク・エヴァンス
今回妻にベタぼれな夫ということで、ミーガンとベランダでイチャイチャイチャイチャ
彼に理想の夫像を重ねるレイチェルには、とてつもなくセクシーに映っているってなわけで
2人が初めて顔を合わせるシーンのルークの股上どアップには笑ってしまった。
ギャンランドゥじゃなかったのはブラジリアンワックスのおかげらしいw

ちなみにレイチェルの元夫トム役のジャスティン・セローはジェニファー・アニストンの旦那様ですね。
ブラピの離婚で落ち着かない日を送っているんじゃなかろうか。余計なお世話か。

 



ブログパーツ













[READ MORE...]
砂漠でサーモン・フィッシング
2012年07月24日 (火) | 編集 |
今日はエミリー・ブラントユアン・マクレガーを主演に迎え、
「中東イエメンで鮭釣りを!」というプロジェクトに取り組む人々の姿を描く、
ラッセ・ハルストレム監督の新作『砂漠でサーモン・フィッシング』。
日本では13年のお正月第一弾として公開が決まっているようです。






砂漠でサーモン・フィッシング
2011年(イギリス)
原題:Salmon Fishing in the Yemen
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:エミリー・ブラントユアン・マクレガークリスティン・スコット・トーマス
アムール・ワケド


 
イギリスの国立水産研究所に勤めるフレッド博士(ユアン・マクレガー)の元に
イエメンの大富豪の代理人ハリエット(エミリー・ブラント)から一通のeメールが届く。
それは「イエメンに鮭を放流したいが、協力してもらえないだろうか」というもの。
金持ちの冗談と、即座に「無理」と返信するフレッドだったが
中東との交友関係改善を模索する英国首相側のプレス(クリスティン・スコット・トーマス)が
「いいニュース!」と白羽の矢を立てたことから
フレッドは国の仕事の一環としてこの壮大なプロジェクトに加わることになる・・という話。


これね、劇場予告で観て、かなり惹かれたんですが、
早口イギリス英語の聞き取りに自信がなくてDVD鑑賞になりました。
でも凄く好みの作品で、これは劇場で観たかったぁ。




ユアン演じるフレッドは、釣り好きで純粋な心を持った学者。
はじめは突拍子もないと思えたプロジェクトだったけど、
イエメンの富豪モハメッドから話を聞いてみると
案外可能かと思い始め、プロジェクトに嵌っていく。

エミリー演じるハリエットとともに問題を解決していくうちに
彼女に惹かれていくんですが、ハリエットには付き合い始めて
間もない兵士の恋人がいる。しかし恋人はアフガニスタンに派兵され・・。

とまぁ、フレッドにも妻がいるわけで、主演2人の恋の行方を絡めながら
壮大なプロジェクトの進行をダイナミックに描く作りです。




モハメッドの夢も、単なる金持ちのたわごとでなく
平和的な思いのこもったプロジェクトなんですが
ハンドバッグを提げるように、普通に銃を携帯してる国の話だから(汗)
複雑な政治事情から、プロジェクトに異論を唱える輩もいて、
映画にサスペンスフルなドキドキを与えます。

純粋でひたむきなユアン、知的で自然体なエミリー
クリスティン・スコット・トーマスが男勝りなイケイケプレス長を演じ
これまでと違ったイメージで、コメディ部門を担当してるのも楽しく
キャストそれぞれが心情を判りやすく演じているのが凄くいい。

夢を諦めず、自分らしく生きるために頑張る人々を描いた
ラッセ監督らしい優しい作品でした。

★★★★