映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】生還率0.01%の脱出劇『コロニア』
2016年07月18日 (月) | 編集 |
colonia-toronto-film-festival1.jpg 

コロニア
(2015)ドイツ・ルクセンブルク・フランス
原題:Colonia
監督/脚本:フロリアン・ガレンベルガー
出演:エマ・ワトソンダニエル・ブリュールリュール/ミカエル・ニクビスト/リチェンダ・ケアリービッキー・クリープス
日本公開:2016/9/17

フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダントのレナ(エマ・ワトソン)は、恋人でジャーナリストのダニエル(ダニエル・ブリュール)とともに、チリの軍事クーデターに巻き込まれる。カメラを向けたダニエルが反体制勢力として捕られ、「コロニア・ディグニダ」という施設に連れていかれたことを知ったレナは恋人を助け出すため、単身コロニアに潜入する。

【感想
 
1973年に南米チリで勃発したクーデターのさなかに起きた事件をもとにした実録政治スリラー・・
というくくりですが、クーデター自体を描くものではないので、政治的な知識があまりなくても大丈夫。
映画は「コロニア・ディグニダ」に潜入したレナが体験する恐怖を描いていきます。


158014-500x375c.jpg 

慈善団体の体をなすこのコロニアが、ありきたりの宗教団体でないことを地元の人は知っている。
それでもレナはシスターを志願する名目で施設に入り、ダニエルを救うべく危険に身を投じるのです。

まずエマ・ワトソンダニエル・ブリュールの二人がいい。
映画の中、レナとダニエルには二つの再会シーンがあります。
一つはフライトでチリを訪れたレナがサプライズで街中のダニエルと再会するシーン
もう一つは、コロニア内での再会。

前者は遠距離恋愛カップルの久々の逢瀬をラブラブに
翌朝、裸にエプロン姿を見せるのはエマちゃんでなくブリュール君ですがw
後者では生きて逢えた喜びをかみしめながらも、誰にも気づかれないよう静かに手をつないで。
危険を冒して一層深まる愛をしっかり表現しています。

エマ・ワトソンはいつの間にこんな大人の女性になったんでしょう。
ブリュールとは12歳も歳が離れているのにそれを感じさせず
むしろ愛情の強さも、しっかり具合もダニエルより上というレナをきちんと演じてました。

971904d7252833565aab88fcfdb1538a.jpg 


大半はコロニア内のすっぴん質素な恰好ながら、それでも美しく
黄色いスッチーコスチューム姿も可憐です。
 colonia.png  
コロニアを支配するミカエル・ニクビスト(『ミレニアム』シリーズ)も怪演でね。
ナチ残党恐ろしや。
徐々に明かされるコロニアの実態にはゾッとするものがあるし
たった一人でここまでやるところに、世界にはまだ同じような団体が潜んでいるんじゃないかと
背筋が凍る思いでした。

潜入何日目かの日数と、ことが起きる場所を施設内の青写真でチャプターのように見せる演出も気が利いている。
絶望と希望を交錯させながら、ラストに向かってスリルを加速させるエンタメ性も言うことなし。
ジャーナリズムの持つ力の大きさを実感すると同時に、そこにある犠牲も思い知らされる
なかなかの秀作でした。

日本公開は9月17日

ブログパーツ


ブリングリング
2013年09月29日 (日) | 編集 |




今日も東京国際映画祭関連
ソフィア・コッポラ監督が、高級住宅街のセレブ宅を狙った高校生窃盗団を描く、青春物語です。

ブリングリング(2013)アメリカ/フランス/イギリス/日本/ドイツ
原題:The Bling Ring 
監督:ソフィア・コッポラ
出演:エマ・ワトソン/ ケイティ・チャン/ タイッサ・ファーミガ/イスラエル・ブルサード/ クレア・ジュリアン/ ギャヴィン・ロズデイル/ ジョージア・ロック /レスリー・マン
日本公開:2013/12/14
ロス郊外の高級住宅地に住むニッキー(エマ・ワトソン)ら4人の少女らは、セレブに強い憧れを持っている。
スターの行動をSNSで知った彼らは、留守を狙い邸宅に侵入し、ブランド品をせしめることに成功。
味をしめた彼らは、新入生のマークとともに犯行を重ね・・

これ実際にあった話で、少女らが盗んだ金品の総額が3億円というから驚きです。




実際に被害にあったのはパリス・ヒルトン、リンジー・ローハン、オーランド・ブルームといった面々。
パリス・ヒルトンは自宅をロケ地として提供していて、ブランド物の靴やバッグがズラリと並ぶクローゼットは壮観の一言。一般人版『マリーアントワネット』ともいうべき、「女の子の憧れ」の描写はソフィアらしいと思うところです。
少女たちはセレブが公の場で身に着けてたものを写真に撮ってはフェイスブックに投稿SNSのフォロワーが増えるのが嬉しかったりと、日本でも問題になってるけど、
ネットを介すことで、犯罪が実体のないもののようになっていく現在の若者の姿も垣間見せます。

正直、窃盗シーンの繰り返しには、もういいよと思ったし
ドキドキするシーンもあっさりめで、物足りなさを感じる仕上がり。
同じようなテーマを扱った『スプリング・ブレイカーズ』には虚無感とほろ苦い青春の痛みに共鳴したけど
本作の女子達にはまるで共感できない。
けれど、少女らの犯行に親が全く気づいてないところは注目すべきで
映画には、親とティーンのコミュニケーションのすれ違いがさりげなく描かれているので
そのあたり注意して観ると、多少面白く見れるかな。
どこまでがフィクションかは分かりませんが、メンバーの中の唯一の男の子が犯罪に加担する心理は分かりやすかった。

 それにしても、セレブのセキュリティってあんなに甘いものだろうか。
我が家でも不法侵入などあればアラームが鳴り警備会社に通報する装置は設置されてます。
尤も、今は契約してないから警備会社に連絡が行かないけど(笑)
そういうのあるだけでも防犯にはなるんですよね。



優等生役が多かったエマ・ワトソンが、偽善者面を装いながら、無軌道に欲望をむさぼるビッチなニッキーを演じ、新しい顔を見せてくれますね。一瞬だけど、ポールダンスも披露w
ガーリーカルチャーを牽引するソフィアらしい一本と言えるかもしれません。

タイトルのブリングリングとはキラキラ光る指輪という意味があるようで
犯行グループの呼び名に使われてました。




ウォールフラワー
2013年02月15日 (金) | 編集 |



アカデミー賞の前に観ておくべき25本の中の一本から今日はこれ。

ウォールフラワー(2012)アメリカ
原題:The Perks of Being a Wallflower
監督:スティーヴン・チョボウスキー
出演:ローガン・ラーマンエマ・ワトソンエズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ


本作は原作者スティーヴン・チョボウスキーの半自伝とされるヤングアダルト小説の映画化で、チョボウスキー自身がメガホンをとりました。

主人公は15歳の高校一年生チャーリー
彼は新学期に向けた意気込みを「誰か」にあてた手紙に書き綴ります。
そこで語られるのはチャーリーが逃れる術を知らない心の痛みを抱えているということ。
それでも彼は、孤独から抜け出すことを切望しています。
映画はチャーリーと周囲の人との交流を描くと同時に、彼の心に巣くう悲しみを、ミステリータッチとも言える手法で徐々に明かす作り。

原作小説は1999年の刊行以来、多くの若者に愛され、この本により命を救われたという者も多いのだとか。
日本でも自殺問題は大きなイシューとなっているけれど、誰にも相談しないままに死んでいくものも多いことでしょう。死を意識するほどの悩みを親に相談することも難しいはず。

でもチャーリーには気持ちを共有する友人がいて、でしゃばりすぎることなく耳を傾けてくれる家族がいた。
本を読み、自分のことを文章にしたためることを薦めてくれた教師(ポール・ラッド)の存在も大きい。
書くことで自分を冷静にみつめることもあるから。
この作品には、思春期の子供が自らに向き合う術と、大人の対応のどちらにもヒントがあるのです。

チャーリーには『3時10分、決断のとき』でクリスチャン・ベイルの息子を演じたローガン・ラーマン
周囲になじめずいわゆる壁の花タイプのチャーリーと友達になるパトリックに『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー。エキセントリックだけど、痛みを知っているからこそ人にも優しくなれる人。チャーリーが一目惚れしてしまうサムにハリポタシリーズのエマ・ワトソン
いつのまにか大人っぽくなっていたエマが本当に魅力的。監督自身がサム役には彼女をと望んだだけあってはまり役でした。

90年代前半が舞台ということで、タイプライターやカセットテープが出てくるし
使われている曲もちょっと懐かしい感じ。(長くなるので音楽については裏ブログで)

終盤はチャーリーの心が開かれていく姿に癒され、感動の高まりを抑えることが出来ません。
作品を愛する故、自ら監督することを決めたチュボウスキー。
シーンシーンに瑞々しさが溢れ、初監督作品とは思えない出来栄えです。

日本公開は未定だけど、これはお薦め!




★★★★☆