映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】AMY エイミー
2016年03月29日 (火) | 編集 |
amy-capri.jpg

AMY エイミー(2015)
イギリス/アメリカ
原題:Amy
監督:アシフ・カパディア
出演:エイミー・ワインハウス
日本公開:2016/7/16
オフィシャルサイト



【感想
アフター・オスカー特集
今日はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞
27歳でこの世を去ったイギリスの歌姫エイミー・ワインハウスの半生を描くドキュメンタリー『AMY エイミー』です。

エイミー・ワインスタイン死亡のニュースが流れたのは2011年の7月ですか。
私などはそのときに初めて名前を知ったくらいなんですが
ひと世代前のジャズシンガーを思わせるハスキーボイスに惹かれ聴いたアルバムで
彼女の才能を知りました。アルバムタイトル曲の『Back to Black』とか凄くいいんだよねぇ。

la-et-mn-amy-winehouse-documentary-trailer-asif-kapadia-20150520.jpg 

様々な賞を獲り、世界にその名を知られていくエイミーですが
その一方で彼女は酒やドラッグに溺れ、スキャンダルにまみれて
最期は孤独に死んでいった。

ドラッグに手を出したのは結婚がきっかけだったかもしれないけど
それ以前からエイミーは過食症や、アルコール依存、欝を患っていて
彼女のトラブルの根っこはもっと幼い頃に静かに育っていってたように思う。
それは父親からの愛情に飢えていたことに起因するのかなと
これは勝手な想像。

amy-2015-movie-documentary-winehouse-sick-emaciated-review.jpg

酒や薬によって頭や身体の自由も奪われて
思いどうりに歌えない悲しみが一層に彼女を苦しめる
どんどん痩せて表情も虚ろになっていく様子がとにかく痛々しかった。
こうなる前に誰か救いの手を差し伸べることは出来なかったのかな。

ダメなものはダメと、誰かに言ってもらっていたら彼女の人生は違ったのではないか。
そして彼女が言うように、小さなジャズクラブで数人の客を相手に
好きな歌を歌っていた方が幸せだったかもしれない。

でもそれが許されないほどの才能の持ち主だったことは
コンサートやスタジオ収録映像などからも見て取れるわけで・・

パワフルな歌声とともに彼女の曲が残っていくのはせめてもの救い。
孤独な死だったけど、やっと苦しみから解放されたのかなと思う。

エイミー・ワインハウスの光と影が描かれたドキュメンタリーでした。




ブログパーツ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。