映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】心霊ドクターと消された記憶
2016年06月28日 (火) | 編集 |

wcgb2mfr.jpg

心霊ドクターと消された記憶(2015)
オーストラリア
原題:Backtrack
監督/脚本:マイケル・ペトローニ
出演:エイドリアン・ブロディ/ サム・ニール /  ジョージ・シェヴソフ/ ロビン・マクリーヴィー/ クロエ・ベイリス


最愛の娘を亡くした悲しみから未だ立ち直れずにいる精神分析医のピーターのもとには奇妙な患者が訪れる。その一人エリザベス・ヴァレンタインという少女の出現はピーターを過去のある事実に直面させた。


【感想 
エイドリアン・ブロディ主演のミステリー・ホラーです。
エイドリアン演じる精神科医ピーターは娘を事故で亡くして以来不思議なものを見るようになる。
backtrack__2015_8570.jpg 


邦題から想像がつく通りそれは幽霊なんですが
てっきり、霊能力のあるピーターが幽霊たちの悩みを聞いて
それぞれの問題を解決するゴースト・ウィスパーみたいな映画かと思ったらちょっと違いましたね。

不幸を身にまとわせたらピカイチのエイドリアン・ブロディ
本作でも不注意から娘を亡くし、妻からもジワリと責められお気の毒のところに持ってきて
幽霊にまでまとわりつかれるというどん底状態。
backtrack__2015_8568.jpg 


やがてすべては20年前、故郷で起きたある事故につながることが分かってくるんですが
でもなぜピーターに?というところをミステリーに物語が展開します。

前半、徐々にホラー描写が過激になってCG丸出しのクリーピーなお化けを出してきたときには
ちょっと気持ちが離れそうになったけど、ピーターが事実を解明しようとするあたりから俄然面白くなりました。
心霊ホラーから、ピーターの封印された記憶を紐解く部分は一筋縄でいかないのでちょっとややこしいけど
サイコロジカルミステリーにシフトしていくのが面白く、さらに警察の捜査で謎を解明していくという犯罪ミステリーの側面も見事で期待以上に楽しめました。

エイドリアン・ブロディのどん底ながらすべてに誠実であろうとする姿が
映画に優しさを与えていた気がしますね。

幽霊たちにそんな力があるなら自分たちで解決すればと思わないでもないですが
ピーターの心の平安なくしては家族の再生はないわけで
娘ちゃんは若くて死んでしまったのは可愛そうだけど、彼女はピーターの心を解き放つ使命を持って
生まれてきたのだなと、そんな風に感じさせてくれるのがよかった。

強調して描かれている部分(患者の靴下とか)は、のちに意味を持って再登場するので
記憶にとどめながら見るのが正解。


backtrackneillbrody.jpg
水先案内を務めたサム・ニールも面白い描き方でした。
いつもおんなじ服だし・・


ブログパーツ
デタッチメント<未>
2012年12月04日 (火) | 編集 |


 






デタッチメント<未>(2011)アメリカ
監督:トニー・ケイ
出演:エイドリアン・ブロディ、クリスティーナ・ヘンドリックス、ルーシー・リュー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジェームズ・カーン



一教師の目を通し、アメリカの荒廃した教育現場の実情を浮き彫りにする社会派ドラマです。

臨時教師のヘンリー(エイドリアン・ブロディ)が赴任した高校は、
大声で怒鳴る教師を完全に無視し、授業中も生徒はやりたい放題。
教師までも登校拒否を起こすひどい有様です。

そんな生徒たちにもヘンリーは毅然とした態度で接し、徐々に生徒の心を掴んでいきます。彼はさらに列車内で売春行為に及んでいた少女を連れ帰り、更生させようとします。ヘンリーは若者を正しい方向に導くことに渇望し、何かが出来るに違いないと信じているんですね。






けれど彼は誰の目にも決して幸せそうに見えない。
彼には病院に入院中の認知症の祖父いるけれどが、家族との関係において暗い過去があり、そのことは教育への情熱と裏腹に、人との距離を保たたせているのでした。

ヘンリーは授業の中で
「人間24時間けなされ続けたらそこから立ち直れなくなる。
私たちはそういった環境の脅威から精神的に自分自身を守るすべを身につけなければならない」と教えます。
日本の学生には想像もつかない厳しさや貧しさの中、教育の必要性を考える余裕もなく、気持ちさえも持てない子供たちが五万といるから。

また、認知症の祖父がトイレに閉じこもり、ヘンリーが病院から呼び出されるというシーンで、帰り際、彼は夜勤ナースに凄い剣幕で怒鳴るのです。
「人の声に耳を傾けろ。患者を無視するな。自分の仕事を怠るな、するべきことをしろ」と。
観終わって思えば、それこそがこの映画の言いたいことでしょう。

教師も両親も、そして子供たちも、それぞれに自分たちのすべきことをやらなければならない。何かが出来るはずだと。

監督は『アメリカン・ヒストリーX』のトニー・ケイ。
若者の未来に希望を託す真摯な気持ちを映画にした作品だと思いました。
メランコリックで詩的な描き方になってるところは好みの別れるところかもしれないけれど、ヘンリーの再生も被せ合わせたところに爽やかな感動もありよかったです。
校長にマーシャ・ゲイ・ハーデン。
ジェームズ・カーンなど教師陣にはベテラン俳優を配してますね。








エイドリアン・ブロディ エスケイプ (NEW!)
2012年02月24日 (金) | 編集 |




DVDの予告に入っていて、気になってこっちを先に観てしまった一本。
大破した車の中で目覚めた、記憶のない男のサバイバルを描く
エイドリアン・ブロディ主演、製作総指揮によるソリッド・シチュエーション・スリラー。
ストリーミングで観ました。

エイドリアン・ブロディ エスケイプ<未>(2010) アメリカ/カナダ
監督: マイケル・グリーンスパン
出演: エイドリアン・ブロディ/カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ

崖下の大破した車の助手席で目覚めた男(エイドリアン・ブロディ
ダッシュボードに挟まれた足に激痛が走る。
後部座席には男の死体。車外に投げ出されたであろう人の死骸もある。
どうやら、彼は崖の上から車ごと転落したのだとわかってくるものの
自分は誰で、何が起こったのかまるで思い出せない。
助けを呼んでも誰も来ない崖下の雑木林で、足を骨折した男の孤独なサバイバルが始まる・・というお話。

車から拳銃、トランクに大金をみつけ、自分は犯罪者なのか?と葛藤するというのは
こういったシチュエーション・スリラーの定番ですね。
ただこの映画、よくある犯罪映画とちょっと違うのは
男のサバイバルと精神面の葛藤を主に描いていること。
エイドリアンの演技力でひっぱる映画です。

骨折により身動きの取れない男の行動範囲は限られるため
車から調達するものをサバイバルグッズとしてるのだけど
ここをもう少し斬新なアイディアで見せてくれたら、うんと面白くなったはず。

サバイバルに必要なのが心の支えですが、
今回はどこからともなく現れた犬が、エイドリアンのつかの間の癒しとなります。
途中何度も同じ女性が姿を現し、エイドリアンのフラッシュバックと重なっていくのだけど
これが現実なのか幻覚なのか、はたまた幽霊なのかわからない見せ方。
途中とっつかみあいを始めたのには、観終わって考えても「???」(笑)

ただし、犬の描き方は良かったですよ。
『アーティスト』よりも、犬芸の入れ方も適度でした(笑)

男の正体は何なのか、彼は生き延びることができるのか を飽きずに観せるところは上手い。
ただ、スリラーとしては、もう少しイベントが欲しかった。
展開が緩やかなので、90分という上映時間にも関わらず
引き伸ばしたなぁと感じるところではありました。