映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
追悼:ウェス・クレイヴン監督『インキュバス・死霊の祝福』
2015年09月01日 (火) | 編集 |
『スクリーム』『エルム街の悪夢』のウェス・クレイヴン監督がお亡くなりになりました。得体の知れない何かに不条理に追いかけらる作品でホラーファンを恐怖に落とし込むことに長けた監督さんだったように思います。
今日は追悼に監督の初期の作品から、未見だった『インキュバス・死霊の祝福』観たので紹介します。



インキュバス・死霊の祝福(1981)アメリカ
原題:Deadly Blessing
脚本:グレン・M・べネスト/マシュー・バー/ウェス・クレイヴン
出演:マレン・ジェンセン、スーザン・バックナー、シャロン・ストーン、アーネスト・ボーグナイン

宗教上の厳格な戒律のもと、アーミッシュ風の人々が暮らすとある農村で死亡事件が起きる。新婚の夫ジムが、納屋で突然動き出したトラクターに挟まれ死んだのだ。
その後も村の男が首をつった状態で死んでいるのが発見され、警察が動くが、村の神父(アーネスト・ボーグナイン)は「インキュバスの仕業であり、我々村の問題」と警察の捜査を拒否するのだった。

インキュバスというのは、どうやらこの村人たちが信仰する宗教上の魔物のようなんですね。
村人たちは戒律を守らなければインキュバスに罰を与えられると信じている。
しかし村はインキュバスの怒りに触れたようで、不穏な事件が立て続けに起きるのです。

主人公はラブラブなHのあとに、愛する夫ジムに先立たれた新妻マーサ(マレン・ジェンセン)。
都会から村に嫁いだマーサは、夫を亡くした悲しみの中、何者かに命を狙われる恐怖を味わい、私たち観客もマーサ同様、わけのわからないまま理不尽な事件を見守ることになります。

絵を描く少女の周りに知恵遅れ風の醜い大男が現れ、逃げ惑う少女を執拗に追う冒頭のシークェンスから『スクリーム』を髣髴させて嬉しい。

『エルム街~』を思わせるバスタブ美女開脚描写もあり、これがどうやったらこの恐怖撮影に応じることが出来るのかと驚くほどに強烈。
その後も多様な恐怖の見せ方が素晴らしく、ドキドキしながらもウェス風のホラー描写を楽しむことが出来ます。

しかしこの映画、少し複雑なのが、インキュバスというものの実態が分からないことに加え、インキュバスの怒りを買ったと思われる事象に関する説明があまりないことなんですね。
終盤になって、あぁそういうことかぁと気づくことになるんですが、序盤にはられた伏線を全て理解するには私などは複数回の鑑賞が必要な感じなのですよ。

なので、もしこれからご覧になることがあるのなら、リサ・ハートマン母子の会話に耳を澄ませてください。「女の子」を強調する意味の奥にインキュバスの怒りを買うある秘密が隠されてます。

終盤はそのネタをビジュアルでも明かしていくものの、残念なことに画面が暗くて(今回はアマゾンのストリーミングで鑑賞)肝心なネタバレが見えにくかった。


共演にアーネスト・ボーグナイン。
村人に厳しい戒律を課す神父であるボーグナインは、『魔鬼雨』を髣髴とさせ、こいつが悪の根源ではと思わせるのがミソ。


傷心のヒロインを慰めに都会からやってくる友人の一人にシャロン・ストーン。
憑依されビッチになるけれどw美しさが際立ってます。

個人的にはラストシーンはストリーを破綻させるだけな気がするんですけど
どうなんだろ。
そんなところや分かりにくさで、あまり高い評判を得てないようだけど
ヒロインのフルヌードあり、ホラーの面白さもてんこ盛り見所、監督らしさ満載。
追悼に選んでよかったと思える作品でしたよ。
日本ではビデオのみしか出てないのが残念。DVD化を希望します。

ウェス監督のご冥福をお祈りします。



【映画】壁の中に誰かがいる
2014年06月21日 (土) | 編集 |






壁の中に誰かがいる(1991)アメリカ
原題:The People Under the Stairs
監督:ウェス・クレイヴン
出演:ブランドン・アダムス/ エヴェレット・マッギル/ ウェンディ・ロビー/ A・J・ランガー / ヴィング・レイムス / ショーン・ウェーレン

ストーリー

13歳の誕生日を迎える黒人少年(通称)フールはアパートを追い出されようとしている。
母は病気、姉は妊娠中で働けず、家賃が払えないからだ。
なんとか ならないかな。
そんな折、姉の友人のリロイがフールに仕事を持ちかける。
大家の屋敷に埋蔵されているらしい金貨をいただこうというのだ。

しかし、偵察に行った仲間のスペンサーがいつまでも戻らない
心配したリロイとフールが屋敷に入ってみると、スペンサーは死体となって転がっていた!



ここのところ、誘拐、行方不明事件とか多くないですか。
金銭目当て、性的暴行を加えてビデオに撮る
いずれにしても、昔に比べて無差別で残忍な犯罪が増えた気がして怖いです。





さて、ウェス・クレイヴン監督による本作も、ある屋敷に入ってみたらば壁の中に誰かがいた!ってなお話で、壁から複数の手が伸びるシーンなどはポランスキーの『反撥』に通じる悪夢的な怖さがあります。
本作は妄想ではないですから、壁の中の人々はなんなんだというミステリーを大前提に、からくり屋敷のようなこの家から脱出を図ろうとするフールの奮闘をアドベンチャー的に描くという、ジャンルてんこ盛りの作品になっていくんですよね。






 大家夫婦を演じるのは(実は夫婦じゃないんですが)、『ツイン・ピークス』でガソリンスタンドを経営する変な夫婦を演じたお二人。
リンチに鍛えられた二人のサイコな演技が最高で、しかも変態すぎて次第に笑える。獰猛なはずの犬もいい味出していてさりげにコメディ


最後はスペクタキュラーなアクションまで準備されているという意外に贅沢な映画でしたね。
もっとも倫理的な部分で無理があるため、後味がいいかと言われると微妙で
フールの成長物語と簡単にいえないところですが、まぁ、深く考えないでおこうかな。少しグロい描写もあるので、子供には見せられないけど、大人が楽しむには少し幼稚。対象を定めにくい作品かも。


スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション 
2012年03月13日 (火) | 編集 |

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション 
2011年(米)
原題:Scream 4   

監督:ウェス・クレイヴン
出演:デヴィッド・アークエット/ネーヴ・キャンベル/コートニー・コックス
   エマ・ロバーツ/ヘイデン・パネッティーア/ロリー・カルキン
 【ストーリー】
10年前に発生したウッズボロー連続殺人事件で生き残ったシドニーは、いまでは作家となり成功を収めていた。しかし、シドニーが本の宣伝のため故郷へ戻ったのを機に2人の女子高生が惨殺される事件が発生。シドニーの周囲の人々が次々と狙われていく……。(映画.comより)



今日は旧ブログから、昨年の10月にハロウィン特集で挙げた記事を移動しています。

事件から10年後という設定で、生き残り組みのデイヴィッド・アークエットコートニー・コックス
シドニーもネーヴ・キャンベルと、懐かしの顔あわせとなりました。
前作でプロポーズしたデイヴィッド・アークエットとコートニー・コックスは結婚してまして
映画と現実がさりげなくシンクロします。
 
事件を映画にした『スタブ』も7作目という人気シリーズになり、若者を熱狂させ、
ゴーストフェイスのキャラクターグッズが飾られている
もはや事件は笑い話みたいになっちゃってるんですね。地元ではシドニーは有名人扱いだし。
そんな中、前作同様不気味な電話が鳴り響き「好きな映画は何だ?」と聞く。
そしてゴーストマスク登場。
前作で犯人は死んだはずなのに、いったい誰が? 何のために?
 
本作の醍醐味は逃げ惑うティーンとスラッシャーな描写にありますが
犯人探しにもまた面白いんですよね。
人気キャスターだったゲイル(コートニー)は過去の栄光にとらわれ、なんだかギスギスしてる
地元は『スタブ』の新作を祝う若者がイベントを開催していて、ホラーファンが熱狂している
神出鬼没な従姉妹の恋人など、怪しいと思える人物が何人かいる。
まぁ、11年と言うことで、ネーヴ・キャンベル演じるシドニー中心では華がないですよね。
邦題にあるように、今回は、シドニーの従姉妹世代の若者が中心になってるのでご安心を。
残忍度が高く、本来のルールに従わない.。
犯行をネットで流そうとしたり、現在の若者の文化を取り入れているのも時代の流れ。
 


ホラー映画クイズが出題されたりと、ホラーファンにはニヤリなシーンも満載。
シドニーの強さも健在ですw
ちなみに劇中映画の『スタブ』の「stab」というのはとがった物で刺す、突きぬくなどの意味があります。
 
さて、あなたは犯人を見つけられるかな?
ちなみに私は犯人に「えーーー?」でした(笑)