映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4:44 地球最期の日
2012年09月26日 (水) | 編集 |
地球温暖化により地球が最期の日を迎える時、
人々は何を考え、どう過ごすのかを描く作品です。
監督は『バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト』の鬼才アベル・フェレーラ
10/6~日本公開が予定されています。





4:44 地球最期の日
2012年(アメリカ・フランス・スイス)
原題:4:44 Last Day on Earth
監督:アベル・フェラーラ
出演:ウィレム・デフォー、シャニン・リー、ナターシャ・リオンポール・ヒップ



ニューヨークの高級アパートの部屋に暮らす男と女がいた。明日の4時44分には地球の終わりが訪れ、誰もその運命から逃れられることはできない。男は最後に娘や前妻と連絡を取るが、女はそんな男の姿に嫉妬する。地球の終末になす術もない人々は、いつも通りの日常を過ごすが……。

最期の日を過ごす人々を淡々と描く作品です。

愛する人の手をとり、身体を重ねるデフォーさん
酒やドラッグで恐怖をごまかす兄夫妻
主教の信者たちはメッカに集い祈りを捧げる一方で
自ら命を絶つものもいる。

最期の日は案外こんな風かもね。
同じく地球最期の日を描くトリアー監督の『メランコリア』よりは、登場人物に共感できます。




印象的だったのは、デフォーさんのところにデリバリにやってきたベトナム人の少年。
共に過ごすべき家族は遠い祖国にいて、他にすることがないのか
最期の日だというのに、普通に仕事をしてるんですね。
彼がデフォーさんに借りたスカイプで家族と会話し、キスする様子は切ない。

アル・ゴアは正しかった。でも、時すでに晩しという本作
できれば、まだ何か出来れば・・と思うところだけど
原発を廃止すれば温暖化は加速することになるわけで、難しいですよね。
地球に対する人間の責任も考えさせられました

CGを使った壮大なシーンはありません。
低予算でもこんなSF的なテーマを描くことが出来るんだという見本でしょう。



最期の日に、私たちが一番求めるのは
お金や物ではなく、愛する人とともにいることなんですよね。
私たちが忘れかけている大切なものを思い出させてくれる作品でもありました。


★★★☆


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。