映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ロジャー・コーマン『侵入者』
2012年12月28日 (金) | 編集 |


 





侵入者(1962)アメリカ

原題:The Intruder 監督:ロジャー・コーマン
出演:ウィリアム・シャトナー、フランク・マクスウェル、ベヴァリー・ランスフォード、 ロバート・エムハート、レオ・ゴードン、チャールズ・ボーモント


学校における人種隔離が廃止される前日、南部の町に一人の男がやってくる。
男の名はアダム・クレイマー(ウィリアム・シャトナー)。
自らを改革推進者と名乗るこの男、黒人差別撤廃に反対する白人至上主義者だ。
男は地域住民を扇動してゆくが・・

 『コーマン帝国』を観たときに気になってた一本、ようやく観ました。
本作が作られた1962年というのは、公民権運動により差別撤廃にむけ社会が動き始めた頃ではあるものの、64年の公民権法制定の前でもあり、南部ではまだまだ厳しい差別が残っていたはず。
そんなときに、南部でロケを敢行し人種差別問題に真っ向から挑んだコーマン先生はチャレンジャーですね。
 ロケ中には殺人事件が起こったり、危険な目にもあい、
しかも興行にも失敗という痛い映画になったらしいのね。




しかし扇動者に煽られ差別心を爆発させていく住民たちが
みんなでやれば怖くない的な暴挙に出る様子にはゾッとさせられるし
ウィリアム・シャトナー演じるクレイマーの「実は小者」感も最高。
モノクロ映像を駆使し、地元住民も多数動員しての映像は
当時の空気をリアルに伝えることに成功しています。
公民権運動の過渡期における南部住民の葛藤と、時代の緊張をスリリングに切り取った秀作でした。

今ではIMDbでも7.8の高評価。
世に出るのが少し早すぎたのかな。