映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ヘレン・ハント監督『いとしい人』
2013年03月31日 (日) | 編集 |





今日から2~3本、女優さんの初監督作品を取り上げます。
まずはヘレン・ハントの2007年の作品から


いとしい人(2007)アメリカ
原題:Then She Found Me
出演:ヘレン・ハントベッド・ミドラーコリン・ファース、マシュー・ブロデリック



ヘレン・ハント監督、脚本、主演のヒューマン・ドラマです。

39歳の小学校教師のエイプリル(ヘレン・ハント)は結婚10ヶ月の夫(マシュー・ブロデリック)に別れを告げられる。悪いことは続くもので、養母が死に、そんなさなか、実母と名乗る女性(ベッド・ミドラー)が現れる。生徒の独り者の父親(コリン・ファース)を好きになり始め・・。






自分が養子だったことから、子供を生んで、本当の家族を作りたいと切望する矢先の別れ、
39歳という崖っぷちの年齢ということで、ヒロインの焦りは痛いほどにわかります。
実母の存在が彼女を傷つけ、他にも最悪のことが起き、彼女は信仰心さえ失うことになるんですね。

結婚、離婚、妊娠、子供の親になることとは?や、養子、母子関係 信仰心まで
ヘレン・ハントは女性ならではの視点で、それぞれの問題にリアルに迫ります。
正直すぎて息苦しいと思う部分もあるし、マシューやファースなど男性陣の描き方はちょっと断片過ぎるかもという気がするけれど、「生まれてくる命」に真摯に向き合い、正直に人生を生きようとするヘレンの姿勢が窺えるところには好感がもてました。

最後は落ち着くべくところに落ち着いたんだなぁと。
こういう形の幸せもあるんだということにも気づかされました。

宗教心などない私だけど、「命」を授かるかもしれない治療のシーンで
エイプリルがヘブライ語で歌う祈りの歌の美しさに、神聖な感動がありましたよ。



■トラックバックいただいてます


Tracked from 今昔映画館(静岡・神奈川.. at 2013-03-31 13:16 x


タイトル : 「いとしい人」は、「あーわかるわかる」と、「へーそうなん..
今回は東京では公開が終了している「いとしい人」を横浜シネマベティで観て来ました。アルバトロスが配給してるんですね。かつてのゲテもの系配給会社も、最近はアート系やこういう小品を配給するようになっていたとは。 39歳の小学校教師エイプリル(ヘレン・ハント)は、同僚のベン(マシュー・ブロドリック)と結婚して間もないのですが、ある日ベンが家を出て行ってしまいます。彼女は自分が養女だったことを知っていて、自分の子供が欲しくて仕方なかったのです。そんな中で養母がなくなり、そのタイミングで、エイプリルの......more






[READ MORE...]
ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋
2012年10月11日 (木) | 編集 |
恋のために王位を捨てた英国王エドワード8世とその妻ウォリスのロマンス
『英国王のスピーチ』でさらりと描かれた世紀の恋を、現代に生きる女性ウォーリーの物語に交差させて描く、マドンナの監督2作目となる作品です。
日本公開は11/3~




ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋
2011年(イギリス)
原題:W.E.
監督:マドンナ
出演:アビー・コーニッシュアンドレア・ライズボロージェームズ・ダーシーオスカー・アイザックリチャード・コイル


ニューヨークに住む女性ウォリーは、子どもを欲しない夫との夫婦関係に悩んでいた。そんなある日、エドワード8世とウォリスをテーマにした展覧会に足を運んだウォリーは、同じ女性としてウォリスの生き方にひかれていく。しかし、自由奔放ですべてを手にしたと思われるウォリスにも、知られざる苦悩があった。

原題のW.E.というのはウォリスとエドワード8世の頭文字
エドワード8世は『英国王のスピーチ』でガイ・ピアースが演じていたけれど
王位を捨ててまで恋に生きた元国王の人生を改めて知ることになりました。

偶然知ったエドワード8世(ジェームズ・ダーシー)と妻ウォリスの展示会に足を運び、二人の人生に想いを馳せるウォリー(アビー・コーニッシュ)。
その空想が鮮やかなビジョンとなり、世紀のロマンスが蘇る・・・。

マドンナはウォリス・シンプソンに興味を持ち
エドワード8世とのロマンスを描く構想を温めてきたとのこと。
伝記としてではなく、幸せを捜し求める現代女性の人生と重ね合わせることで、波乱万丈ながら、前に進むことを選んだアメリカ人女性ウォリス自身の人生が際立ちます。




とにかく映像が美しいんですよ。
王室の調度品や当時のファッション、ウォリスを演じたアンドレア・ライズボローも美しく、ウォリーはウォリスの生まれ変わりなのかしらとも思えてくる幻想的な描き方も面白い。




ただ、多くを説明しないスタイルなので、ウォリーの心の動きを最初掴みにくかったり、
エドワードとウォリスのロマンスにもときめきを感じにくいところはあるのね。
一番良かったのは、オスカー・アイザック演じる展示会会場の警備員、エフゲニの存在感かな。
その穏やかさと彼の奏でるピアノ曲の美しさが心地よく、映画全体のトーンをシックで優しいものにしています。
賛否はあるようだけど、マドンナの美的センスとアーティスティックな才能は存分に感じるところで、私はこれ好きだなぁ。

コリン・ファースが演じたどもりの弟ジョージ6世など王室の面々も登場するし
『英国王のスピーチ』のスピンオフ的な楽しみ方も出来ますね。



★★★★



[READ MORE...]