映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ハドソン川の奇跡
2016年09月24日 (土) | 編集 |
 
Sully-2016.jpg
ハドソン川の奇跡(2016 アメリカ
原題:Sully
監督:クリント・イーストウッド
脚本:トッド・コマーニキ
出演:トム・ハンクスアーロン・エッカード
/ ローラ・リニー/アンナ・ガン/ オータム・リーサー

【あらすじ
09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させるが・・

感想

2009年、ハドソン川に着水し、乗員乗客155人が生還した航空機事故から7年
当事者であるサレンバーガー機長の手記をもとにクリント・イーストウッドが監督した実話に基づくドラマです。

機長の偉業をたたえ、事故時の緊迫をスリリングに描き作品だと思っていたら、なにやら最初から雲行きが怪しい。
というのも、映画はいきなりサレンバーガーことサリー機長に、その判断が誤りだった可能性をたたきつけるのですよ。
Sully-2.jpg

極寒のハドソン川に浮かぶエアクラフトの翼に立ち、静かに救出を待つ乗客の姿を映すニュース映像と、機長が最後まで機内に残り、避難誘導してくれたと話す乗客の言葉も鮮明に覚えているこの事故に、そんな裏の話があったことは知らなかった。

機長はヒーローか、あるいは乗客を危険にさらしただけなのか 
イーストウッドはわずか98分という上映時間でそれを検証し、真実を浮かび上がらせる。

数度にわたり見せる事故映像の、回を重ねるごとに、機長の技術力や人間性、夫婦および副機長との信頼関係、乗客同士、レスキューチームとの連携、ふれあい、感謝などのヒューマンな部分を積み上げていく盛り上げ方のうまいこと。
Sully_1-1024x576.jpg
サリー役にトム・ハンクスは抑えた中に揺れる心情を描き、静かなヒーローを演じていて素晴らしい。
『アメリカン・スナイパー』しかり、イーストウッドは真のヒーローが世間に理解されないことが許せないんだろうな。
機長を信頼し支える副機長アーロン・エッカードと妻ローラ・リニーのあたたかい存在感も気持ちいい。
数秒判断が遅れたら奇跡は起こらなかったと思うと、改めて凄い事故だったと思う。
でも事実を伝えるだけではいい映画にならなかったはず。
自信を持ちながらも、もしも自分の判断が間違えていたらと苦悩するのは、人命を預かるが重責を知るからこそ。安全のために調査も大切であることや、それをしっかり受け止める機長らのプロフェッショナル。奇跡に感謝する人やともに喜ぶ人たちなど、人間の姿がしっかり描かれ一体感と爽快感を感じるからこそ感動に繋がった。

短くても中身は充実。
86歳のイーストウッド あっぱれです。


ブログパーツ






[READ MORE...]