映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
ヒッチコック
2013年04月11日 (木) | 編集 |



ヒッチコック(2012)アメリカ
監督:サーシャ・ガヴァシ
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、ジェームズ・ダーシー、マイケル・ウィンコット
 『サイコ』の制作秘話を通し、アルフレッド・ヒッチコックの知られざる素顔に迫る伝記ドラマです。



『サイコ』がエド・ゲインの事件にインスパイアされたというのは、る~さんの記事で知ったのですが、
ヒッチコックの代表作品とも言える『サイコ』製作にあたっては、映画会社からゴーサインが出ず、財産を投げ打つ覚悟で自主制作的にスタートしたというのは意外でした。
そんな作成秘話の中、描かれるのは妻アルマとの関係。



金髪女優にご執心の夫ヒッチコックへのあてつけのように、野心家の脚本家とデートを重ねる妻。
『サイコ』の衝撃のシャワーシーンも、ヒッチのフラストレーションが作り上げたと言っても過言じゃないことを思うと、ヒッチコックのキャリアにおいて、妻の果した役割は大きいですね(笑)
サスペンスの神のような存在のヒッチコックの可愛らしい一面を微笑ましく観ました。




でも『サイコ』での覗き穴そのもののような、ヒッチの本性の描き方も興味深く
ヒッチコックをあまり知らない私にはよい入門編になりました。

当時のスターたちを演じた役者たちの中では、アンソニー・パーキンス役のジェームズ・ダーシーのクリソツ振りが楽しかった。スカヨハは昔の女優喋りを駆使し、意外に芸達者なところを見せてくれました。

アンソニー・ホプキンスはいつのまにこんな巨漢に?と思ったら、肉布団など特殊メイクを駆使してたんですね。シニカルな表情や、ヒッチのシルエットなどイメージはよく演じていたのではと思いますが、その心情などは妻アルマを演じたヘレン・ミレンの方がうまかったですね。

初上映時の様子は楽しかったし、ラストシーンもほっこり
普通に楽しめました。