映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリーニ『道』ジェルソミーナに天使の羽
2013年08月30日 (金) | 編集 |
次に繋げる作品は準備してるんですが、週末にプチパーティを予定していて
準備のため映画を観る時間がとれません。
まじめに更新しようと決めたところなので、ここは何とかしのぎたい。
ってことで、旧ブログの記事に新たな感想を加えて投稿していこうと思います。
『ロード・トリップ』からは、やっぱりロード・ムービーで繋がなくちゃね。




(1954)イタリア
原題:La Strada
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演:アンソニー・クイン/ジュリエッタ・マシーナ/リチャード・ベースハート
アルド・シルヴァーニ /マルセーラ・ロヴェーレ     
貧しい上に少々足りない娘ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は、オートバイで旅まわりをする曲芸師ザンパノ(アンソニー・クイン)の助手となって旅に出た。粗野で狡猾、欲情にこりかたまった男ザンバノは、暴力によってジェルソミーナを妻にし、金ができれば他の女を追いかけまわす。ジェルソミーナのやさしい心も彼には通じない・・。

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの初期の名作です。

粗野な曲芸師ザンパノとともに旅をしながら曲芸のアシストをするジェルソミーナ。
そもそも少々頭が弱い彼女。貧しい家を助けるために1000リラで買われたのです。

乱暴者のザンバノから道具のように扱われ、自分の価値を見いだせないでいるとき
ジェルソミーナはサーカスで綱渡りをする芸人と出会います。
涙のペイントと背中には天使の羽を持彼は
「自分は何もできない。生きている意味がない。」と嘆くジェルソミーナに
「どんなものにも意味がある。石ころにだって役割があるんだよ」と話して聞かせる。
ジェルソミーナは自分の生きる意味をザンバノと共にいることに見いだすのですね。
愚か者のザンバノも無垢でけなげなジェルソミーナに、少しずつ心を動かされるものの・・・。

ラストのザンバノの悔やみきれない思いが切なくて涙が止まりません。

でも不思議なのは、切なさと同時に神々しさのようなものを感じること。
それは、ザンバノがようやく人の心を持ったと思えるからでしょう。

途中、ジェルソミーナが、自らの役割を確信したときに見せた慈悲深い表情が忘れられない。
彼女はザンバノに人間らしい感情を取り戻させるためにこの世に降りてきた天使だったのかもしれませんね。
彼女の背中にも羽が見えた気がします。
ニーノ・ロータの主題曲も美しかった。

 


      

トラックバック一覧

  1. 1. 『道』 感想&PV風動画

    • [IHURUのおすすめ映画]
    • September 05, 2013 23:21
    • 前回『サン・ジャックへの道』という映画をご紹介したのは、9月2日。 私事ですが、引越でばたばたしているうちに1ヶ月以上あいてしまいました・・・。年内、目指せ100本!ナンだけどなぁ・・・。(>へ<) とも...



          スポンサーサイト
          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。