映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ブラッディ・ガン
2016年10月21日 (金) | 編集 |
 英国男優総選挙の結果が出たようです。
昨年同様、今年も厳戒態勢でTitterのTLが制御されてますね。
ひとしきり読者がSCREENを買ったところでオープンとなるのでしょう。
わが英国男優50人斬りももう少し継続し、結果とともにまだ出てない上位陣を斬っていきます。

今日は漏れ聞こえたところによると4位にランクインのアラン・リックマンさま。
まさかの訃報でしたが昨年より順位を上げた形。ファンの気合を感じる結果ですね。

25080975.jpg


ブラッディ・ガン(1990
アメリカ/オーストラリア
原題:Quigley Down Under 
監督:サイモン・ウィンサー
脚本:ジョン・ヒル
出演:トム・セレック/アラン・リックマン/ローラ・サン・ジャコモ

オ―ストラリアが舞台の西部劇です。
長距離射撃の名手を求められ、オーストラリアにやってきたクィグリ―(トム・セレック
ところが、広告主である大牧場主マーストンの目的が、先住民のアボリジニの大虐殺だと知ったクィグリ―は、「やなこった」とばかり、マーストンを窓からたたき出す。そこから両者の対立が始まるという話です。

リックマン先生の西部劇は珍しいなと興味を持ったんですが、これは期待以上に面白かった。
quigley-and-sharps-demo-rickman.png
単純に見れば、セレック演じるクィグリ―が『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーよろしく、1km先の標的にも正確に命中させる射撃の腕を持ち、悪役の手下たちを撃破するアクションが見もので、クィグリ―を「ロイ」と呼び続けるクレイジー・コーラと呼ばれる、悲しき過去をもつ女性とのやり取りを楽しむ映画。
tumblr_nb704mhXDE1trkd46o3_1280.jpg
大牧場主マーストンを演じるアラン・リックマンも、サディスティックで傲慢ではあるけれど、自身も早撃ちに自信があって最後にはクィグリ―へのリスペクトを感じさせる挑戦を見せてくれる。どこかストイック&ノーブルで憎々しいだけに終わらない複雑な悪役を作り上げているのがリックマン先生らしいところ。悪役がいいと映画が引きしまりますよね。
alan-rickman-quigley_0.jpg
オーストラリアの先住民を守るため命をかけるのがアメリカ人という設定は興味深い。
白人に迫害される先住民というと、いやでもアメリカの西部におけるアメリカン・インディアンとの戦いを思すわけで、リックマン演じるマーストンが「生まれる大陸を間違えた」と嘯く西部かぶれであることも意味があるでしょう。彼がアメリカの西部にいたら間違いなくインディアンを迫害していた。

マーストンがアボリジニを嫌う理由として、文明の発達や進化に無頓着なことをあげているけど、それは一方的な見方に過ぎないと思う。クィグリ―に投げ縄を学ぶ彼らの顔は好奇心にあふれていたしね。
マーストンの家で雇われていたアボリジニの男性が、マーストンの牧場を去るときに服を脱ぎ捨てるのも象徴的。
本来あるべき姿が彼らにとって一番自然。価値観はそれぞれで違うのです。

アクション・アドベンチャーとしてのエンタメ性も十分ですが、差別問題に関して思うところも多かった。
今の時代に西部劇を観てみるのもまた一興かもですね。


ブログパーツ
スポンサーサイト
【映画】『アイ・イン・ザ・スカイ(原題)』アラン・リックマン遺作のドローン戦争映画
2016年04月05日 (火) | 編集 |
eyeposter.jpg 

アイ・イン・ザ・スカイ(2015)
イギリス
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
脚本:ガイ・ヒバート
出演:ヘレン・ミレンアラン・リックマン/アーロン・ポール/ バーカッド・アブディ
日本公開:2016 

 【あらすじ
英国軍大佐キャサリン・パウエルは、ナイロビの爆弾テロ事件の犯人を捕らえるべく、遠隔操作による偵察を指揮している。犯人の拠点と目星をつけた建物で決定的な瞬間を迎え、空爆の指示を仰ぐパウエルだったが・・
 
【感想
アラン・リックマンの姿を見れる最後の作品ということで劇場に駆けつけました。

Eye-in-the-Sky-Movie-Wallpaper-25.jpg 

ドローンを使った最先端の戦争を描く軍事スリラーというと、『ドローン・オブ・ウォー』が記憶に新しいですが
今回はさらに小さな昆虫型ドローンなんかも登場して、技術の進歩に単純にビックリ。

『ドローン・オブ~』では劇中何度も何度も空爆するシーンがあったけど、今回はなかなかスイッチを押さない。

予告にもあるので書きますが、
彼らが空爆にゴーサインを出さないのは一つには、幼い少女がターゲット内にいてどいてくれないから(汗)・・

監督上手い!と思うのは、フラフープをする少女の姿をドローンが早くから捉えていて、緊張した司令室の中でその子がオアシス的存在になっているというシチュエーションを最初から作り上げていること。
誰もその子を巻き添えにしたくないし、観客もその子の無事を祈らずにおれず、緊張感にも拍車がかかります。
しかし一人の少女を救うことで数百人の市民の命が奪われるとしたら・・
さて軍はどういう決断を下すのかという作品ですね。
eye.jpg 

ともすれば会議室の討論会になりそうなところを、ケニアの現場のアクションや、役者のリアクションなど
ときにブラックユーモアを交えた見せ方で飽きさせません。
『キャプテン・フィリップス』で海賊を演じた バーカッド・アブディがナチュラルな演技で現場の緊張を盛り上げて最高。
一発屋じゃなかったことを証明しましたね。またオスカーノミネートもあるかも。


EyeInTheSky_EITS_00534_R_rgb.jpg 

長年追ってきたテロリストのアジトを掴み、米国の協力を得てドローン偵察を指揮するパウエル大佐を演じたヘレン・ミレン
脚本の時点では男性が想定されていたというこの役にヘレン・ミレンを抜擢した人選の素晴らしさ。
強さと冷徹さの中に女性ならではの優しさもあってかっこいい。
ピアスに薄ピンクのマニキュアも仕事が出来れば男女平等というあえてもの演出でしょう。
「これまでで一番飾り気のない衣装だわ」と仰ったらしい迷彩ユニフォームだってお似合いですから!

アラン・リックマンも台詞の絶妙の間(ま)に上手さが光ります。
知性とユーモアがあって、シニカルだけど確固とした信念を持ち誠実な軍人を
威厳を前面に出したステレオタイプにせず、ナチュラルに演じきったリックマン先生に惜しみない拍手を送りたい。
その美声ももっともっとお聴きしたかった。
ミレンさまとリックマン先生のライン(じゃないってw)のやり取りにも萌えました~。

監督は『ツォツィ』『国家誘拐』のギャヴィン・フッド。後で知ったのだけど中佐役で出演もしています。

最後の判断をくだすまでの過程にモラルや政治的な建前等、現代の戦争の様々な側面を描いてみせるところが非常に知的でスリラーとしても面白い映画でした。







ブログパーツ


【映画】『シャンプー台のむこうに』-追悼:アラン・リックマン
2016年01月15日 (金) | 編集 |
alan-rickman-alan-rickman-20129446-435-441.jpg 

アラン・リックマン先生が逝ってしまわれた。
ハリポタシリーズも終わり、これからはきっと監督業にも力を入れられるに違いないなど勝手に思っていたのに・・
デヴィッド・ボウイと同じ69歳。早すぎますね。
今日はリックマン先生の追悼に『シャンプー台のむこうに』を観ました。

blowdryposter.jpg 

シャンプー台のむこうに(
2000)イギリス
原題:Blow Dry
監督:パディ・ブレスナック
脚本:サイモン・ヴォーフォイ
出演:ジョシュ・ハートネット  / アラン・リックマン /  ナターシャ・リチャードソン/ レイチェル・グリフィス/ レイチェル・リー・クック/ ビル・ナイ


【あらすじ
イギリスの田舎町ヨークシャーのキースリーで全英ヘアドレッサー選手権が開催されることになった。

【感想
 
アラン・リックマン先生は、息子(ジョシュ・ハートネット)と細々と理髪店を営むレイモンドを演じてます。
かつては大会で二連覇を果たしたこともある実力者のレイモンドですが、今は大会から遠ざかった状態。
同じくヘアドレッサーだった妻シェリーがヘア・モデルのサンドラと出て行って以来、仕事への意欲も失っていたのでした。

そんなレイモンドの元にシェリー(ナターシャ・リチャードソン)がやってきて、
癌に冒されているが治療を諦めたことを告げ、レイモンドにサンドラ含む家族で大会に出場しようと持ちかけるのです。
果たして大会は? 家族は絆を取り戻すのかという話ですね。

allan.jpg 

映画の見どころはリックマン先生の華麗なハサミ捌きと、大会出場者のユニークなパフォーマンス。
往年のライバルで今もカリスマ美容師として活躍するフィルにビル・ナイが扮してまして
『ラブ・アクチュアリー』のロックスターを髣髴させるドハデなパフォーマンスを披露してくれます。
でもこのフィルさん、トップであり続けるために色々ズルをしてまして、それも楽しい。

blowdry.jpg 

フィルの娘(レイチェル・リー・クック)とレイモンドの息子(ジョシュ・ハートネット)の恋物語は意外とあっさりなので
ポスターから思い描くものとは少し違いますね。
ちなみにジョシュは教会の死体のヘアカットのバイトで腕を磨いてます。

Blow-Dry-images-8988ed27-4e2f-4d3d-9ce4-cc60301bc53.jpg


リックマン先生の、妻に去られ意固地になってるオッサンという役柄は今となってはかえって貴重だったかも(笑)
大会で見せるパフォーマンスは楽しめましたが、そんな髪型にされてもなぁではありましたw

blow2.jpg
すべては死を受け入れたシェリーが遺していく家族の幸せを望んだことから始まったこと
選手権を通じて、登場人物それぞれが問題を克服していくという前向きな語り口が爽やかでした。

群像劇風になった分、個々の心理の深いところまでは描けていないのは残念ですが
それでも今は亡きナターシャ・リチャードソンはじめ、出演者の演技はみな秀逸で面白く見ることが出来ました。

リックマン先生はこれから公開になる作品が2本あるとのことで、観るのが楽しみです。


どうぞ、安らかに。



ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。