映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミー・シュナイダー『太陽が知っている』
2012年11月14日 (水) | 編集 |



我が家のTiVoが相変わらず勝手録画でお薦めを録り続けてますが
珍しく『SFデス・ブロードキャスト』などという作品を録ってました。
せっかくのお薦めなので今日の美女はロミー・シュナイダー

かつての恋人アラン・ドロンと共演した『太陽が知っている』を観ました。








太陽が知っている
1968年(フランス)
原題:La Piscine
監督:ジャック・ドレー
出演:アラン・ドロンロミー・シュナイダーモーリス・ロネジェーン・バーキンポール・クローシェ


太陽がまばゆいサントロペの豪華な別荘でジャン・ポール(アラン・ドロン)とマリアンヌ(ロミー・シュナイダー)は快適な休暇を過していた。しかし、マリアンヌが招待したハリー(モーリス・ロネ)とその娘ペネロープが別荘にやって来てから雰囲気は一変した。ハリーとマリアンヌはかつての恋人同士だったのだ・・。




かつての恋人同士の再共演は話題となったことでしょうね。
しかもこの作品でドロンはまたしてもモーリス・ロネを殺害するのですから
配給が『太陽がいっぱい』の二番煎じな邦題でアピールしたくなるのもわかります。




冒頭から別荘のプールサイドで熱々なドロンとロミー
観客もへーーーってなものでしょう。
この頃ロミーは結婚し子供もいたのだそうですがまだまだ魅力的。
背中は弱いの 的な演技に、製作者の狙いとは言え
ついかつての恋人の日常を重ねちゃいますね(笑)



殺害のシーンのドロンの冷酷さが印象的ですが
「証拠」をめぐる刑事との攻防はちょっとした見所。
フランス映画に登場する刑事は優秀ですね。
鋭い捜査でドロンを直接追い詰めるかわりに、
ロミーから真実を引き出そうとします。

ドロンの犯行を知ってしまったロミー
プライベートでの二人の関係を知っている観客には
彼女の決断も気になるところですよね。

共演者は他に若いのにアンニュイなジェーン・バーキン

作品としては、もう少しドロンの背景や殺害に至る心理描写が欲しいところでした。

★★★






スポンサーサイト
アラン・ドロン初監督作品『危険なささやき』
2012年04月29日 (日) | 編集 |

アラン・ドロンが初監督、脚本、製作、主演を勤めるハード・ボイルド・アクションです

blog_import_566b9d7d3d720.jpeg 

危険なささやき

1981年(フランス)
原題:Pour Lapeau D' Un Flic
監督:
アラン・ドロン

出演:アラン・ドロン
アンヌ・パリローミシェル・オークレール

【ストーリー】
私立探偵シュカは、ある日老婦人から盲目の娘を捜してくれとの依頼を受ける。だが、調査を始めたとたんシュカは何者かに襲われ、依頼人も殺害されてしまう。(映画.comより)

blog_import_566b9d7f9a505.jpeg 


アラン・ドロン演じる警察上がりの私立探偵が、犯罪組織を割り出しおとり捜査に挑むという作品。
本作のドロンさまは、冒頭から見事な射撃の腕を見せてくれるわ
バイクでパリの街を疾走してくれるわ、ヒヤヒヤのカーチェイスを見せてくれるわで
アクション・スターぶりを発揮してくれてるんですねぇ。

blog_import_566b9d80d26a1.jpeg

正直説明不足で進むストーリーは、やや判りにくく、続けて二度観る事になったのだけど
そうしようと思ったのは、ひとえにドロン様の魅力あってこそ。
本作では、私立探偵事務所の秘書兼恋人(人妻でしたがw)とのロマコメ的絡みも見せてくれる。
ヒロインを演じるアンヌ・パリロー(『ニキータ』)のさっぱりとしたキュートさも魅力的でしたが
彼女を見つめるドロン様のお茶目な表情がまた最高なのですよ~。

勿論お茶目なだけでは探偵は務まらないわけで
腕っ節も強い・・ってか、かなり暴力三昧(笑)
それでも不良がそのまま大きくなったようなシュカが
危険を承知で悪に挑む姿もカッコよく、流石に見せ方を知っている。
アンヌ・パリローのヌードに関しても男の願望を実現させてますなw
ドロン様の相棒となるのがベテランミシェル・オークレールでして
パリロー含め3人のバディものとしても観てて楽しい。
食事のシーンは爆笑でした。
パリローが映画フリークという設定で、やたら映画のタイトルが出てきたり
部屋にも映画のポスターが貼ってあったり(私は何の映画かは判らなかったけどw)
犯人の吹く口笛は『M』で聴いたメロディだったしで、映画ファンの心をくすぐりますね。

渋いとか感動するとかのノワールではないですし
監督としての腕前など私にわかるはずもないですが、
とはいえ、いつになくキュートなドロン様に萌え
ラストシーンのオバQなドロン様にもほっこりできた作品でした(笑)
殴り飛ばされ、壁に頭をぶつけ、、のアクションシーンはマジ痛そうだった(汗)

★★★☆



あの胸にもういちど
2010年11月11日 (木) | 編集 |


1968年(フランス)
監督:ジャック・カーディフ
出演:アラン・ドロン/マリアンヌ・フェイスフル/ロジャー・マットン/マリウス・ゴーリング
プチ・ドロン祭り 2本目
■感想
これはもうドロン様映画というよりも、マリアンヌ・フェイスフルのプロモーション・ビデオでしたね~。
マリアンヌさんのキュートなこと。
そしてなんといってもナイス・バディ!
当時ご覧になった方の中には、『やわらかい手』のイリーナおばさんにショックを受けた方も多いかな(笑)
 

夜も明けきれない、とある朝、夫の寝息を聞きながら
まどろみの中に、ちょっぴりエロい夢を見るレベッカ(マリアンヌ・フェイスフル
しかし、彼女を官能に導くのは、隣に眠る夫ではないんですね。
そっとベッドを抜け出すレベッカ
映画は、ナイスバディをレザースーツに滑り込ませ
夜も明けきれない街へとバイクを走らせるレベッカの行く末を過去を交錯させ描く作りです。
 
回想シーンではドロン様との出会い、再会、
そして結婚までの数週間のランデブーが描かれるのですが
レベッカは夫と結婚してもドロン様を忘れることが出来なくなるのですな。
そりゃそうだわなぁ。

この映画でのドロン様は、ちとエロくて笑っちゃいます。
レザースーツの上からマリアンヌの胸をまぁるく触ってみたり
ファスナーを口にくわえてレザースーツの前を開けてみたりw
とにかくレザースーツがエロを高めるのに大活躍なのです(笑)
 
もうすぐドロン様に会える!私はもうあなたのもの!!
喜びを全身で表現しながらバイクを走らせるマリアンヌが可愛らしく
それだけにガビビーンなラストに、さすがフランス映画 と息を呑むしかないですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。