映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】沈黙 ーサイレンスー
2017年01月22日 (日) | 編集 |
Silence-2016.jpg

 沈黙 ーサイレンスー(2016 アメリカ
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス/マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライバー/浅野忠信/キアラン・ハインズ/リーアム・ニーソン/窪塚洋介/イッセー尾形/塚本晋也

【あらすじ】
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、若き宣教師のロドリゴとガルペは日本にやってくる。


【感想】
 ようやく今年の劇場1本目
先日帰省の際、原作をゲットしたので読んでからと思っていたんですが、昼間の上映最終日ということで、慌てて観てきました。

隠れキリシタンが迫害を受けた江戸時代初期の日本を舞台に、信仰と向き合う若きポルトガル人宣教師の姿を描くマーティン・スコセッシ作品です。

「踏み絵」や「隠れキリシタン」というのは日本史の授業でも教わったことですけど
幕府による迫害の実態についてはイメージできなくて、ちゃんと習ったんだっけ?

本作は残忍な迫害シーンもたっぷり。信仰に篤そうなお年寄り夫婦とかに交じっての鑑賞だもので、キリスト教徒でもない日本人の私としては、ちょっと肩身の狭いものがありました。
『レイルウェイ 運命の旅路』の時の感覚にも近いもの。

もちろん段々には、これは「真の信仰とは」を問う映画だとわかって来るので、日本人としての肩身の狭さは薄れてはきます。
幕府に迫害されながらも、懸命に信仰を全うしようとする姿に心を打たれるのもあります。
出てくる隠れキリシタンたちは外観はうす汚れてはいても、心の清純さを感じさせるんですよね。
silencekichijiro.jpg
そんな中、目を引くのが窪塚洋介演じるキチジロー。
インタビューでは自らを「踏み絵マスター」と称してましたがw他の信者が踏み絵を頑なに拒む中、彼は何度も踏み絵をする(笑)
でも軟弱なのに、それでも神にすがることをやめない=信仰を捨てないところに柳のような強さがあるんですね。キチジローが登場すると会場に笑いが起きたりして、裏切者でもどこか憎めない存在となっているのは窪塚のうまさかな。救いを求めようとするキチジローの存在が宣教師の信仰心を保たせることにもなっていたことを思うと、彼は完全にキーパーソンでした。

silenceisseiogata.jpg


個人的にツボだったのはイッセー尾形ですね。
一つ一つの動作に計算しつくされた可笑しみや、時には怖さがあって、和製クリストフ・ヴァルツとお呼びしたい。
塚本晋也もよかったんですが、私には英語がわかり難かったのが残念。
silence-1024x397.png


ガーフィールド君ももちろん熱演で、宣教師の葛藤は観ていて辛くなるほど伝わりました。
神父さんと思しき方々の感想をyoutubeで聴いてみると、宣教師ロドリゴに対しはっきり「裏切者」と言い放つ人もいて、聖職者でも理解しがたいものがあるようす。スピリチュアルな表現をしてる部分は賛否の別れるところかも。
それでも背徳者の立場に身を置きながらも、誰かの命を救うことに生涯をかけたロドリゴの生きざまに心惹かれずにはいられません。

波の音を聞きながら崇高な気分になる、静かだけど力強い映画でした。

ブログパーツ