映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『嗤う分身』 最後に嗤うのはイケてる自分かそれとも・・
2014年08月28日 (木) | 編集 |



ドストエフスキー原作『分身』の映画化。
もう一人の自分の出現 によって全てを狂わされていく男の顛末を描く心理スリラーです。
サブマリン』のイギリスの新鋭リチャード・アイオアディがメガホンをとりました。
嗤う分身(2013)イギリス
原題:The Double
監督:リチャード・アイオアディ
出演:ジェシー・アイゼンバーグミア・ワシコウスカ/ウォーレス・ショーン/ヤスミン・ペイジ
日本公開:2014/11/8
 
ある日、空いてる電車で「その席は自分の席だ」と席を奪われた主人公サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。電車から降りる際にドアに鞄を挟まれ、身分証明書をなくした彼は、職場に入るのでさえ困難を要した。7年も働き、顔見知りのはずのセキュリティ・ガードはサイモンを知らないと言うのだ。
その日から彼の周囲で不可思議なことが起こり始める・・・

 サエない僕の目の前に、 イケてる“僕”が現れた。
恋も仕事も存在さえも、“僕”が僕のすべてを奪っていく――。





『他人の顔』や『複製された男』などアイデンティティものが続きますが、マイブームにつきお許しください。

主人公のサイモンは優しいのだけど引っ込み思案で、自分の言いたいことも口にできない冴えない男で
職場からは認められず、ダイナーのウエイトレスにも軽くあしらわれる始末。
施設に入所中のゾンビみたいな母親から、どこにいても電話がかかったりしてね。
この施設がこれまた不思議空間なんですが。彼を取り巻く空間はストレスがいっぱいです。
そんなサイモンの前に現れるジェームズは姿かたちはそっくりなのに性格は間逆。
スマートかつ狡猾に立ち振る舞い、女性にもモテるカリスマティックなジェームズは、やがてサイモンの暮らしを侵食していくんですね。
ジェームズは何者か・・ というのは観て感じていただくとして
ジェシー・アイゼンバーグは、服装も髪型も同じサイモンとジェームズを、容易に判別できるほどに演じ分けていてお見事。




うじうじ男のとことん暗い不条理モノかと思いきや、ブラックユーモアを感じるところもあり。
向かいのアパートに住むハンナ(ミア・ワコースカ)に惹かれていくサイモンの
孤独な者同士が共鳴しあうラブストーリーとしてもちょっと素敵。
ラストはトリッキーですが、伏線を効かせ最後に嗤うのは誰かを見せてくれます。

設定のファンタジー性はそれとして受け止め、クレバーなストーリーを楽しむべし。
世の中には自分そっくりのダブルがいて、人生は椅子取りゲームなのかもしれません。
『イレイザーヘッド』のようなリンチの世界にも似たデストピアな空間に
「ブルーシャトー」や「上を向いて歩こう」などの日本歌謡が妙にはまる。
時代も国籍も不明なレトロな世界観がちょっと癖になりますよ。これ好きだわ。

第26回(2013年)東京国際映画祭コンペティション参加作品

     

ワン・デイ 23年のラブストーリー
2012年02月12日 (日) | 編集 |

 
今日からちょっぴりバレンタイン特集ね。
まずはアン・ハサウェイジム・スタージェス主演に、23年の愛を描くラブストーリー
デヴィッド・ニコルズのベストセラー小説の映画化で、監督は『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ
原作者が脚本を担当しています。
 
ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011) アメリカ
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:アン・ハサウェイジム・スタージェス/パトリシア・クラークソン
   ケン・ストット/ロモーラ・ガライ/レイフ・スポール
 

大学の卒業式で出会ったエマ(ハサウェイ)とデクスター(スタージェス)は
一夜をともにするも、恋人とはならないまま
この日を記念日として年に一度再会することを約束する。
性格も階級も違う二人は、それぞれの人生を歩むのだけど
貧しいながらも作家を目指し堅実に生きるエマに対し、
華やかなショービズの世界に入ったデクスターは次第に身を落としていく。
すれ違いを重ねるままに、20年の時が流れ・・
 
って、長すぎるわ!
 


映画のタイトル、ワン・デイというのは、年に一度再会する「記念日の一日」という意味と
いつの日か二人が結ばれるときという「未来のいつか」の
二つをかけてるのかなぁと思いながら観てました。
 
途中、デクスターは酒やヤクにおぼれ、両親からもエマからさえもダメだしを食らいます。
正直エマはデクスターのどこを愛したんだろうと思ったのだけど
最後の最後になって、二人には大切な思い出となる「一日」があったのだと知ることになりました。
運命に導かれた二人だったのに、時間がかかりすぎたよねとなんとも切ないんですけどね。
 
全てを失ったデクスターが、終盤父親と静かに語りあうシーンが好き。
 
バレンタインデーにと選んだ作品だったけど
ラブストーリーと言うよりは、
デクスターが、あるべき自分にたどり着くお話し として観た方がいいのかもしれません(汗)
 
日本公開難しいかも~と思ったら、6月に公開されるようです。