映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ライオン ~25年目のただいま~
2017年02月15日 (水) | 編集 |
Lion poster  
ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア
原題:Lion
原作:サル―・ブライアリー
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス

出演:
デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll

【あらすじ】
5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られる。しかし彼の心には常に母や兄への思いがあった。

【感想】
 サル―・ブライアリーが自身の数奇な人生を綴った自伝小説『25年目の「ただいま」』を、本作が映画初監督作品というガース・デイヴィスが映画化した感動のドラマです。

初監督作品で作品賞にノミネートされるとは凄いなと思ったら、もともとかんとくはCM筋の作家として高い評価を受けてきた人らしい。
インドで迷子になった5歳の少年がオーストラリアで暮らすことになり、25年目にグーグルの力で故郷に戻ることができた
ストーリー自体が映画みたいなものだから、どう転んでも面白くはなりそうだけど、美術、音楽、映像すべてが美しく一本の映画としてのクオリティーが高い。少年時代のサルー少年がむちゃくちゃ可愛らしくて、少年の冒険を描く前半にも大いに引き付けられました。
lion_anatomy_-_5_-_embed_-_2016.jpg
どこのあらすじにも書いてるので書きますが・・サルーの故郷探しにはグーグルアースが大きな役割を果たしたんですね。
私も初めての場所に行くときなど、前もってグーグルでチェックするようにしています。
先日も、交差点がロータリーになってるのが分かったので、その場で戸惑わずに済みましたよ。ありがたいことです。

この世にグーグルがなかったら、おそらくサルー少年は一生故郷を見つけることはできなかったでしょう。
5歳の子供の記憶力では、土地名も駅名もわからないのだから。
lionkidman.jpg
オーストラリアでの暮らしは普通に裕福で両親も優しい
でも少年が一番幸せだったのは、家族と暮らした少年時代だったのだろうと
何も説明されなくてもわかるほど、インドの描写がいい!
貧しくても互いに助け合い、家族と繋がることの素晴らしさを描いた作品でもありますね。
lion brothers

デブ・パテル君の助演もいいですが、私ならサルーを演じたサニー・パワー君に賞をあげたいです。




【映画】リトル・メン
2016年12月24日 (土) | 編集 |
littlemen2.jpg  

リトル・メン(2016 アメリカ
原題:Little Men
監督:アイラ・サックス
脚本:アイラ・サックス/マウリシオ・ザカリーアス
出演:グレッグ・キニア/ジェニファー・イーリー/パウリーナ・ガルシア/アルフレッド・モリナ/テオ・タプリッツ/マイケル・バルビエリ

【あらすじ】
売れない俳優のブライアンは父を亡くし、ブルックリンに店舗付きのアパートを相続し一家で越してきた。
一階の店舗にはチリ人女性レオナ―が洋品店を営んでいる。レオナーの息子トニーとブライアンの息子ジェイクは意気投合するが・・。


【感想】
『あぁ、結婚生活』『人生は小説より奇なり』のアイラ・サックスが監督し、インディペンデント・スピリット賞の脚本賞などにノミネートされたドラマです。

父から相続したブルックリンのアパートに越してきたブライアン(グレッグ・キニア)は、テナント収入に期待していたのに、父の温情で洋品店を営むレオナ―からはわずかな賃貸料しかもらってないことが発覚。妻の収入に頼る売れない俳優のブライアンは何としても賃貸料を引き上げたい。しかし値上げをめぐる交渉でレオナーと衝突し、オーナー・テナント間の確執は子供同士の友情に影響することになる という話です。

未見ですが前作『人生は小説より奇なり』も年金や不動産など現実的な問題に翻弄されるニューヨークに暮らすゲイカップル(アルフレッド・モリナ&ジョン・リスゴー)を描くドラマになっているらしい。監督にとっては旬のテーマなのかな。
まぁ・・世知辛い話ではあるんですが、本作でもリアルな問題を取り上げているのに不思議とみずみずしいのは、主演の少年二人の透明感によるところも大きいかも。
活発で人懐っこく俳優志望のトニーと芸術家を目指す静かなジェイク。レオナー一家を追い出さないで欲しいと父親に泣きながら訴えるジェイクのトニーへの思い入れには友情以上のものを感じるところで、そこも監督ならではでしょう。
fnd_mc_littlemen.jpg
トニーとの友情(初恋?)に破れ、ジェイクがブルックリンの街にローラースケートを滑らせるシーンでは、ジェイクの心もとない心情を映し出すカメラワークが秀逸です。怪我をしたジェイクの手当てをし、わが子を抱きしめるブライアン。父の背中に大人の事情に子供を巻き込むことの辛さもにじむものの、息子を支える父の大きさも感じるから後味は決して悪くない。

監督も双子の男の子の父親になったらしく、父性も映画のポイントだろうと思います。
ちなみに監督は同姓婚で、子供たちの母親はお隣に住んでいるとのこと。
さらに余談ですが、その母親は今回のアカデミー前哨戦でいくつかノミネートを果たしている『カメラパーソン』というドキュメンタリー映画の監督さんだそうです。

レオナーに『グロリアの青春』のパウリーナ・ガルシア。怒りと不安を内に押し込めつつ、生きる手段を模索し果敢にふるまうレオナーを丁寧に演じていて巧い。トニー役のマイケル・バルビエリ君が演技学校の講師と演技合戦をするシーンも大人顔負けの演技。チャーミングだし彼はこれから活躍するかも。

ブログパーツ











【映画】ラ・ラ・ランド
2016年12月19日 (月) | 編集 |
la-la-land-sing-dance-trailer.jpg
 ラ・ラ・ランド(2016 アメリカ
原題:La La Land
監督/脚本:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリングエマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼンバーグ/ソノヤ・ミズノ

【あらすじ】
オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく・・(映画.com)


14年に『セッション』で映画界を沸かせたデイミアン・チャゼルの長編監督作品2本目にして、オスカー作品賞有力候補の『ラ・ラ・ランド』を観てきました。

わが地方は日中もマイナス9℃という猛烈な寒気に見舞われてますが、本作が往年のミュージカルをほうふつするとのうわさを聞いてか、ご年配の客が多かったです。
私ははっきり言ってミュージカルは苦手で、今日の客の期待するような感じだったらどうしようと思ってました。
ところどころ、そっち系?と思わせるところもあってビビりかけだけど、後半は目くるめく映画のマジックにハートを完全に持っていかれました!
もうこれはミュージカルというジャンルに収まらない、なんというか新しいジャンルだと思う。
デイミアン・チャゼル最高だぜー。
La-La-Land-Movie-2016.jpg
タイトルの「ラ・ラ」というのはLa Laすなわちハリウッドを有するロサンゼルス、ロスのこと。
この映画は夢を追い求めながらロスで暮らすミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴズリング)のお話です。
出会った二人は互いの夢を応援します。
でも女優志望のミアはオーディションをいくら受けても受からず、ジャズクラブを持ちたいセバスチャンは好きでもない音楽でお金を得るしかないのが現実で、互いに自信を無くしかけている。ここにはこういう女優の卵やミュージシャンが数えきれないほどいて、多くは夢をあきらめLAを去ることになるんでしょうね。

映画は、果たして二人は夢を実現することができるのか、はたまた恋を実らせることができるのかを、ダンスや歌いっぱいで見せてくれます。2人のシンプルな歌声も素敵。観る前はエマの歌声が気に入っていたのに、映画の中ではゴズリングがいい。彼はピアノも実際に弾いていて、それだけでも惚れ惚れなのに、驚くことに監督はそれをワンテイクで撮ってるんですよ!! ピアノシーンだけでなく、ダンスシーンもワンテイクだったと思う。途中でそれに気づいてマジかとガン見しちゃったもんね。

監督の演出はクラシックなテイストを維持しながらも自由で美しく斬新。
終盤の興奮はネタバレしたくないので書けないけど、切なくて愛おしい最高の一本。
ゴズリングの人気も沸騰すると思うな。
主題歌もかなり好き。オスカーにどのくらい絡むかも楽しみです!




ブログパーツ







【映画】ロブスター
2016年09月03日 (土) | 編集 |
poster3.jpg
 ロブスター(2015 アイルランド/イギリス/ギリシャ/フランス/オランダ/アメリカ
原題:The Lobster
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス / エフティミス・フィリップ
出演: コリン・ファレル  / レイチェル・ワイズ/ オリヴィア・コールマン/ ジョン・C・ライリー/ レア・セドゥ/  ベン・ウィショー

【あらすじ
突然妻に去られ、独身となってしまったデヴィッドは兄である犬とともにとあるホテルに送られる。彼はそこで45日以内にパートナーを見つけなければ、事前に希望した動物へと姿を変えられてしまうのだった。ちなみにデヴィッドの希望はロブスター。こうしてデヴィッドのパートナー探しが始まるが、・


【感想
『籠の中の乙女』のヨルゴス・ランティモス監督によるブラックコメディです。

独身者は悪とされる世界(汗)
妻に去られ、ホテルでのネルトン暮らしを余儀なくされるデイヴィッドは、期間内にパートナーを見つけることができるのか、はたまたロブスターに変えられてしまうのか という話。


独自のルールに縛られる空間に生きる主人公が、どんな突破口を見出すかというテーマは前作と同じ。
でも今回はパートナ探しに失敗したら動物に変えられてしまうというSFにパワーアップしちゃってます。

しかも本作ではホテルのほかに「森」という対極の世界が存在し、ここでは恋愛が禁止され、規則を破れば罰則が待ってる。どうすりゃいいのよ状態。
d0160581_1310294.jpg


相変わらずシュールでブラックですが、いくつか面白い視点がありますね。
一つ上げれば、何故かみんなパートナーを見つけるときに、「似たところ」を見つけるのですよ。
ベン・ウィショー君演じる足の悪い男の死んだ妻も足が悪かったとか
相手探しに行き詰ったデイヴィッドが、無感情な女に近づくため、感情のない振りをするし
森で出会ったレイチェル・ワイズを好きになるのも同じ「近視」だったから。
32e28d4bf7bc102bad98c85faa1484c4.jpg
こういうのはルールに縛られ、脱個性に生きる現代人を風刺してるんでしょうね。
ロマンス的には自分を犠牲にして相手に合わせることを揶揄してもいるのかと。

えっと、少し内容に触れて書きたいことがあるので、以下ネタバレとなります。
未見の方はご注意ください。



ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】電気を消せなくなる映画『ライト/オフ』
2016年07月23日 (土) | 編集 |
lights-out-movie-2016-rXML.jpg


ライト/オフ(
2016)
原題:Light Out
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本:エリック・ハイセラー
出演:テリーサ・パーマー  / ガブリエル・ベイトマン/ ビリー・バーク / マリア・ベロ

日本公開:2016/8/27 

【あらすじ 

ひとり暮らしのレベッカ(テリーサ・パーマー)(『ウォーム・ボディーズ』)は、幼い弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)から、「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられる。


【感想
2013年に動画サイトに投稿された2分半の動画が話題となり、『死霊館』のジェームズ・ワンがプロデュースした一本。動画は本作の監督であるデヴィッド・F・サンドバーグによるショートビデオで、今回はそれを長編作品として撮り直した形ですね。


恐怖の始まりはショートビデオと同じおばさん(ごめん、監督の奥様らしい)の登場シーンから。


電気を消すと暗がりの中に人の姿が浮かぶ
えっ?と電気をつけるとそこには何もない。
なんだ気のせいかと電気を消すと、そこにまた影が現われるんですわ。ひょえーっ。


 wp-1459062293974.jpg


「暗がりの中に何かがいる」
「いるはずのないものがいる」
しかも「それ」は電気を消すたびにだるまさんが転んだみたいに近づいてくるんだから、
その怖さと言ったらないですよ。

映画は「それ」におびえる幼い義理の弟を救うべく
モンスターの正体を突き止めようとする姉レベッカの奮闘を描きます。
母親(マリア・ベロ)は少し精神的に不安定で、幼い弟を残して家を出たことに罪悪感も感じていたんですね。


そもそもが電気を消すと暗闇に何かが浮かび上がるという、アイディア勝負のショートビデオにつき
長編にして顛末を描くのは大変だったろうと思います。
正体についても、職場のおばさんに見えるものなら、最後、あれでは解決にならないんじゃないかとか
自分としては納得のいかない部分が残ってしまった。



lights_out_movie.jpg 

ですが、人に心を開いてこなかったレベッカが弟のために頑張ったり
人を信じられるようになったりと、事件を通して成長するヒロインの描き方がいい。
一見頼りなさげなボーイフレンド、ベレットのキャラがよかったのも儲けもの。

ただ、モンスター(ダイアナ)の詳細を説明しきってない部分があるのが気になる。
続編ありかな。

ところで・・
この日客は私の他にはおばさんが一人の、お二人様鑑賞だったんですが
観てる間に何度か右手から物音がするのが気になったんですよ。
おばさんが席を揺らしてそれが影響してるのかなとも思ったけど
前の列の一番左に座っていて、そんな端までは響かんよなぁと。
何度か暗闇に目を凝らして、誰もいないはずの座席を見てしまったわ(汗)

もしかしたら映画の演出?


こちらオリジナルのショートフィルムです。


ブログパーツ