映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件
2016年11月23日 (水) | 編集 |
inthenameofmydaughterposter.jpg

 ニースの疑惑 カジノ令嬢失踪事件(2014)フランス
原題:L'homme qu'on aimait trop/In The Name of My Daughter
監督:アンドレ・テシネ
脚本:セドリック・アンジェ/ジャン=シャルル・ル・ロー/アンドレ・テシネ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ/ギョーム・カネ/アデル・エネル /ジュディット・シュムラ

【あらすじ】
76年、南仏ニース。カジノの筆頭株主である女性実業家ルネの娘アニエスが、結婚に失敗して故郷へ戻ってくる。ニースではイタリアのマフィアがカジノ経営権を狙っていたが、ルネは顧問弁護士モーリスの助言によってカジノの新社長の座に就く。一方、母ルネに強い反発心を抱くアニエスは、モーリスと恋に落ちてルネと対立する立場にまわり……。


ミステリー祭り6本目

アンドレ・テシネがフランスのニースで実際に起きた事件を映画化した作品です。
タイトルの「失踪事件」につられましたけど、ミステリーとはちょっと違った(汗)
inthenameof.jpg
ギョーム・カネ演じるモーリスはルネ(ドヌーヴ)の顧問弁護士を務めながら、ルネのカジノの共同経営者に収まることを目論んでいる。しかしその野心を見抜いたルネはモーリスを解雇。すると今度は娘のアニエスに取り入るわけです。甘いお顔でとんでも強欲なギョーム・カネのワルっぷりが半端ない。
wk-name0522-2.jpg
アニエス自身、空港に迎えに来た初対面のモーリスと運転手を待たせて海で泳いだりする奔放かつ自己中な女性。母に対してそれほど美人でない自分に引け目を感じてか、どこか卑屈な雰囲気も。
そんな女の子が恋に落ちると、周りなんか見えやしない。
妻子や愛人までいるモーリスを愛し、冷たくされ始めると自殺するぞと脅す始末。
いや、モーリスでなくても殺したくなるかも・・。

実際彼女は自殺未遂を起こしてしまい、電話に出ないからとモーリスは警察に通報。
しかし、このときモーリスはアニエスの住所を間違えて伝えるんですよね。
発見が遅れることを期待したんでしょ、これ。
幸い(不幸にも?)アニエスは一命をとりとめる。
しかし、間もなくアニエスは忽然と姿を消してしまいます。

アニエスはどこに?

と思っていたら、映画はいきなり20年後に飛んでみんな急に老けた(笑)
アニエスの失踪に関する20年前の裁判結果を受け入れられないルネが、再びモーリスを訴え裁判を起こす。10年争って新たな判決が出るんですが・・。

カジノ社長時代の華やかさは影を潜め、老けて質素な佇まいのドヌーヴが悲しかったなぁ。
疎まれ、裏切られても母は娘を愛し、その捜索と裁判に実に30年の月日と財を投じたんですね。

邦題はいかにもミステリーを思わせますが、英題はIn The Name of My Daughter
謎を解くというより、娘の名にかけて真実を追求しようとする悲しき母の物語ということでしょう。
ただ、ドヌーヴの心境は映像でおもんぱかる部分が殆ど。それならミステリー部分を際立たせる演出にした方が面白かったかも。


終盤、悪夢に目覚める若きモーリス。間を置かず映し出される、同じように夜間目を覚ます現在のモーリスの姿に、彼が30年間、こうして夜を過ごしてきたであろうことを知ることになりました。この演出はよかった。

娘の裏切りにより社長の座を追われたルネがカジノを後にするとき
カーラジオから聴こえてきた『うわさの男』(イタリア語バージョン!)を運転手の青年とやけっぱちで歌うドヌーヴさまを貼っておきます。









[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】浮遊する魂に翻弄される不条理ホラー『ノーマッズ』
2016年08月15日 (月) | 編集 |
nomads2.jpg


ノーマッズ(1985
アメリカ
原題:Nomads
監督/脚本:ジョン・マクティアナン
出演:レスリー=アン・ダウン  / ピアース・ブロスナン/ アンナ=マリア・モンティチェリ /  アダム・アント /  ヘクター・マーカド /  ニナ・フォック/ メアリー・ウォロノフ

【あらすじ
病院に担ぎ込まれた人類学者が女医に奇妙なメッセージを残して死ぬ。その日から女医は幻覚で、人類学者が死に至る数日間を追体験する。

【感想
今日紹介するのは、『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナンが脚本も手がけた監督デビュー作です。
最近ではノーマッド(ノマド)というのは、スタバなど、オフィス以外の場所で仕事をする人のことを言うようで
そういう人を受け入れるWi-Fi完備の店として「ノマドカフェ」なる言葉も生まれてますが、
本作では原題でもある「ノーマッズ」はエスキモーの間で語り伝えられる悪霊として登場します。

ロスに越してきたフランス人人類学者のジャン(ピアース・ブロスナン)は、ある日ガレージのドアに落書きを発見し、黒いバンで走り去った若者集団の後を追います。
ところがこの若者集団が実に邪悪で、ジャンは彼らを追跡後、命を落とすことになってしまうんですね。
nomads.jpg 


映画は、病院に搬送され、絶命の寸前にジャンを診察した女医アイリーン(レスリー=アン・ダウン  )の不思議な体験を通じてジャンの死の数日前を再現しつつ、真相を解き明かすというミステリー仕立て。

アイリーンのビジョンを通しわかってくるのが、この若者集団が、実は砂漠に浮遊し災害をもたらす悪霊ノーマッドであるということ。
正直、パンク集団にしか見えない悪霊自体はそれほど怖くないんですが、若者らの悪事を暴こうと連中に接近し、危険に身をさらすブロスナンの無謀さがやたらコワくて、ハラハラドキドキしてしまうんですよね。
12330_4.jpg 


長年夫の冒険心に苦労させられながらも夫を信じ支えてきた妻の存在が、ジャンの行動を理解しやすいものにしているのは上手いと思うところ。
世界を飛び回り、人類を研究してきたジャンははじめはロスの若者の生態を調査するくらいの気持ちだったんでしょうが、やがて彼はその集団が「人」ではないことに気づいてしまう。
彼はエスキモーから「ノーマッズ」の話を聞いたこともあって、恐れながらも興味をぬぐいきれなかったんでしょう。学者バカのジャンはやがて相手が太刀打ちできない存在だと気づき、妻を守らなければと思うものの、時すでに遅し。
12330_1.jpg

前々から気になっていた作品でしたが、レンタルになくそのままになっていたところ
偶然youtubeでみつけ鑑賞できました。

おおむね面白く観たんですが、女医にジャンのビジョンが見えてしまうことに何らかの意味付けをしてくれるとよかったな。女医かジャンにスピリチュアルな力があるなどの下りがあると、すんなり入りやすかった気がします。

ある人物が登場するラストシーンはサプライズでもあるんですが
彼がカリフォルニアの州境でバイクを止めるのは、ノーマッズの活動地域が限定されてることを意味してるんでしょうね(笑) 映画の中でノーマッズはエスキモーの暮らす氷の地域でも、砂漠地帯にも生息すると説明されてはいるけれど、エスキモーと最初に出してロスが舞台であることに違和感を感じながら見たので、エスキモー伝説に執着しないほうがすっきりしたかも。

ようやく落ち着いて新しい人生を始めようとする夫婦が、災難のあった家に越してきたばかりに不幸に見舞われるという不条理。そして自分の望まない邪悪な者と化して生き続けなければならない悲しさ。それこそが怖い作品でしたね。



ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】キアヌがダサい『ノック・ノック』 
2016年04月27日 (水) | 編集 |
254987.jpg 

ノック・ノック
(2015)アメリカ
原題:Knock Knock
監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス  / ニコラス・ロペス  / ギジェルモ・アモエド
出演:キアヌ・リーヴス/ ロレンツァ・イッツォ / アナ・デ・アルマス/ アーロン・バーンズ/ イグナシア・アラマンド/ コリーン・キャンプ
日本公開:2016/6/11
    
【あらすじ
理想的な一家の主エヴァンが一人留守番をする夜、ドアをノックしたのは・・


【感想
イーライ・ロス監督、キアヌ・リーヴス主演のヴィジット・スリラーです。
pics-12.jpg 

建築家のエヴァン(キアヌ)はアーティストの妻と二人の子供と幸せに暮らすセレブ
一人自宅で仕事をすることになったある晩のこと
ドアをたたく音に出てみれば濡れネズミの美女二人( アナ・デ・アルマス/ロレンツァ・イッツォ)
knock.jpg 

親切心からか、女の子という油断があったからか、二人を家に上げてしまった主人公が
思わぬ事態に巻き込まれるという話です。

しかしまぁ、『ジョン・ウィック』で見直したばかりのキアヌは
なんでこんな映画に出たんかな(笑)

セレブなキアヌというのもピンとこないんだけど
幸せなファミリーマン全開の冒頭から似合わなすぎて苦笑いだし
半泣きで命乞いするキアヌにアクションスターの片りんは微塵も感じられない。

でもこういう作品にキアヌを起用するところがイーライ・ロスのセンスだな。
まるで『ジョン・ウィック』が幻だったかの如く本作のキアヌはダサく、
しかし、それこそが本作の楽しみどころ(笑)
低予算映画で魅力を発揮し始めていることを考えればキアヌの選択もまんざら間違ってないかも。

「髪切れば?」とか、「次はもっと大きなオブジェを作るわ」とか
朝のベッドシーンの寸止めなどがブラックユーモアに繋がる伏線の貼り方もナイス。
不条理で不快だけど、そこはかとなくおかしみの漂うスリラーに仕上がってます。

わんことキアヌ
635796559330424219-250b99ae-62d4-11e5-b765-005056b70bb8.jpg 




ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー
2015年12月25日 (金) | 編集 |
The-Night-Before-Poster-Christmas-slice.jpg 

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015)アメリカ
原題:The Night Before
監督:ジョナサン・レヴィン
脚本:ジョナサン・レヴィン/カイル・ハンター
出演:セス・ローゲン / ジョセフ・ゴードン=レヴィット/アンソニー・マッキー  
日本公開:未定

【あらすじ
両親を亡くしたイーサンを慰めるためクリスマスを一緒に過ごしてきた幼馴染の3人だったが。。
『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィンが監督し、セス・ローゲンジョセフ・ゴードン=レヴィットが再びタッグを組んだクリスマス・コメディです。
11月に劇場で観たんだけど、ちと早すぎるだろうってことでクリスマスまで温存しました。
細かいことすでに忘れてますけども(笑)


アイザック(セス・ローゲン)、イーサン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、クリス(アンソニー・マッキー)は幼馴染。
イーサンが事故で両親を亡くして以来、一緒にクリスマスを過ごすこと14年。
しかしクリスは有名なフットボール選手となり、アイザックも来年にははじめての子供がうまれることから
恒例のクリスマス会は今年を最後にしようということになるのね。

そんな3人の心残りは伝説の「くるみ割り人形パーティ」に憧れながらもその実態すらつかめずにいること。
そして迎えたクリスマス・イブ。
ホテルのコート預かりの仕事中、イーサンは客のポケットから伝説のクリスマスパーティのチケットを発見!
早速アイザックに連絡し、3人でパーティに乗り込もうと算段する・・ という話。

セスとはプライベートでも親友同士というジョナサン・レヴィン監督
今回はかなりセスの監督作品に近いノリのバディコメディになってます。
なにがセス的かというと、ドラッグまみれな点ね(汗)

ドラッグのある暮らしが当たり前に描かれるのはちょっとなぁと思うところだけど
マイケル・シャノン演じるドラッグディーラーを登場させ、ドラッグをファンタジーの一環としてるのは面白い。

The-Night-Before-1200.jpg 

伝説のパーティを都会の異空間的に描くワン・ナイト・ムービーでもあって
彼らは自らに向き合い、家族や友情の大切さを知り成長するんですね。

最後はクリスマスにふさわしいまとめ方にほっこり。

身近だと逆に言いにくいこともあるけれど、友だちだからこそ言えることもあるわけで
友人のアドバイスにも素直に耳を傾けなければと思っちゃったな。


シモネタ要員のフランコ君等、お仲間出演者たちの役どころも楽しめました。




トム・ハーディを探せ!スタトレ最終章『ネメシス/S.T.X』
2012年08月11日 (土) | 編集 |
トム・ハーディ塗りつぶし続行中~。
今日は映画版スター・トレックシリーズ最終章となる『ネメシス/S.T.X』




ネメシス/S.T.X
2002年(アメリカ)
原題:
Star Trek: Nemesis
監督:スチュワート・ベアード
出演:パトリック・スチュワートジョナサン・フレイクスブレント・スパイナートム・ハーディ



トム・ハーディがスター・トレックに出てたのも意外でしたが、
彼は惑星ロミュラスのロミュラン帝国の新総統シンゾンを演じていて
しかもピカード艦長(パトリック・スチュワート)のクローンという重要な役どころ。

ネメシスとはギリシャ神話で,人間の思い上がりに対する神の怒りと罰とを
擬人化した女神を意味するんだそうですが、
シンゾンはあることから大きな憎しみを抱えていて
その怒りに突き動かされ、壮大な目的を達成しようとする男。
その手段としてピカードに接近し、エンタープライズはシンゾンの野望を阻止すべく
死闘を繰り広げるという話です。

シンゾンはデータを盗む能力に長けていて
アンドロイドのデータ(名前です、ややこしい)のプロトタイプである
B4(beforeってことでしょうね)を利用したり、人の頭の中に侵入したり
あの手この手で情報を掴み、攻撃してくる。
そのあたりちょっと『インセプション』にも似ていて面白いです。



ま、しかしハーディはピカード艦長のクローンというだけあって
頭もこの通りピカっと(笑)まだ細いしね。
ピカードの若い頃の写真がハーディだったのには笑いました。
ユーモアもいっぱいなのがこの映画のいいところ。




不完全なクローンとして生を与えられたシンゾンと
アンドロイドでありながら美しい心で忠誠を果たすデータ
両者を通し人間の本質を問うという描き方が感動的
今回は主要キャストとの別れもあって、結構切ない。

アクション、ユーモア、キャストの演技ともに充実していて
シリーズ最終章を飾るに相応しい重みのある作品でした。


★★★★





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。