映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】沈黙 ーサイレンスー
2017年01月22日 (日) | 編集 |
Silence-2016.jpg

 沈黙 ーサイレンスー(2016 アメリカ
原題:Silence
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス/マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールドアダム・ドライバー/浅野忠信/キアラン・ハインズ/リーアム・ニーソン/窪塚洋介/イッセー尾形/塚本晋也

【あらすじ】
17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、若き宣教師のロドリゴとガルペは日本にやってくる。


【感想】
 ようやく今年の劇場1本目
先日帰省の際、原作をゲットしたので読んでからと思っていたんですが、昼間の上映最終日ということで、慌てて観てきました。

隠れキリシタンが迫害を受けた江戸時代初期の日本を舞台に、信仰と向き合う若きポルトガル人宣教師の姿を描くマーティン・スコセッシ作品です。

「踏み絵」や「隠れキリシタン」というのは日本史の授業でも教わったことですけど
幕府による迫害の実態についてはイメージできなくて、ちゃんと習ったんだっけ?

本作は残忍な迫害シーンもたっぷり。信仰に篤そうなお年寄り夫婦とかに交じっての鑑賞だもので、キリスト教徒でもない日本人の私としては、ちょっと肩身の狭いものがありました。
『レイルウェイ 運命の旅路』の時の感覚にも近いもの。

もちろん段々には、これは「真の信仰とは」を問う映画だとわかって来るので、日本人としての肩身の狭さは薄れてはきます。
幕府に迫害されながらも、懸命に信仰を全うしようとする姿に心を打たれるのもあります。
出てくる隠れキリシタンたちは外観はうす汚れてはいても、心の清純さを感じさせるんですよね。
silencekichijiro.jpg
そんな中、目を引くのが窪塚洋介演じるキチジロー。
インタビューでは自らを「踏み絵マスター」と称してましたがw他の信者が踏み絵を頑なに拒む中、彼は何度も踏み絵をする(笑)
でも軟弱なのに、それでも神にすがることをやめない=信仰を捨てないところに柳のような強さがあるんですね。キチジローが登場すると会場に笑いが起きたりして、裏切者でもどこか憎めない存在となっているのは窪塚のうまさかな。救いを求めようとするキチジローの存在が宣教師の信仰心を保たせることにもなっていたことを思うと、彼は完全にキーパーソンでした。

silenceisseiogata.jpg


個人的にツボだったのはイッセー尾形ですね。
一つ一つの動作に計算しつくされた可笑しみや、時には怖さがあって、和製クリストフ・ヴァルツとお呼びしたい。
塚本晋也もよかったんですが、私には英語がわかり難かったのが残念。
silence-1024x397.png


ガーフィールド君ももちろん熱演で、宣教師の葛藤は観ていて辛くなるほど伝わりました。
神父さんと思しき方々の感想をyoutubeで聴いてみると、宣教師ロドリゴに対しはっきり「裏切者」と言い放つ人もいて、聖職者でも理解しがたいものがあるようす。スピリチュアルな表現をしてる部分は賛否の別れるところかも。
それでも背徳者の立場に身を置きながらも、誰かの命を救うことに生涯をかけたロドリゴの生きざまに心惹かれずにはいられません。

波の音を聞きながら崇高な気分になる、静かだけど力強い映画でした。

ブログパーツ

【映画】追憶の森
2016年11月14日 (月) | 編集 |
seaoftreesposter.jpg  

追憶の森
(2015 アメリカ
原題:The Sea of Trees
監督:ガス・ヴァン・サント
脚本:クリス・スパーリング
出演:マシュー・マコノヒー渡辺謙ナオミ・ワッツ

【あらすじ】
アメリカ人男性のアーサーは、死に場所を求めて富士山麓の青木ヶ原樹海を訪れる。睡眠薬を飲みかけたところで一人の日本人男性と出会う。自殺しようとして思いとどまり、森をさまよっていたらしいタクミと名乗るその男を助け、森からの脱出を図ろうとするアーサーだが・・・


【感想】
ミステリー祭り3本目
『グッド・ウィル・ハンティング』のガス・ヴァン・サント監督による樹海を舞台にしたドラマです。

JUKAI-樹海‐』も青木ヶ原を舞台にしたホラーだったけど、今年は樹海ばやり?
さて、本作はカンヌでブーイングが起きたという前評判がたたってか、本国アメリカでは数館で公開されたのみ。
ようやくDVDになったので観ました。
でもこれそんなにダメ? 多分死生観とか宗教観が違うんだよなぁ。

今回ミステリー特集で取り上げたのは、ある部分がとてもミステリアスだから。
そこに触れずに書くのは難しいので、今日はネタバレ記事となります。

以下未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】チャイルド・プレイ
2016年10月31日 (月) | 編集 |
 childs-play-poster.jpg

チャイルド・プレイ(1988 アメリカ
原題:Child's Play 
監督:トム・ホランド
脚本:ドン・マンシーニ/ジョン・ラフィア/トム・ホランド
出演:キャサリン・ヒックス/クリス・サランドン/アレックス・ヴィンセント/ブラッド・ドゥーリフ

【あらすじ】
逃亡中、逃げ込んだ玩具屋でマイク刑事に撃たれ、致命傷を負った殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)は、会得していたブードゥー教の秘術によって売り物の人形に自分の魂を移す。


【感想】
11月になりましたが、ブードゥー教繋がりでもう一本いかせてもらいます。

殺人人形が大暴れのご存じ『チャイルド・プレイ』。
ご存じ・・と書きながら、チャッキーの誕生秘話が全然記憶になかったし、観ても思い出せなかった私は
もしかしたら初見だったかもww

あらすじに書きましたが、チャッキー人形は犯罪者のチャールズ・リー・レイが死の直前に習いたてのブードゥー教で自分の命を吹き込んだものだったんですね。ブードゥ―教は死者をよみがえらせる黒魔術を使ったとされ、多くのゾンビ映画で登場する。
レイは手負いの自分を置いて逃走した強盗仲間と、自分を追い詰め銃弾を放った刑事のマイクに復讐を誓い
死の淵から蘇るためにお人形を利用した形です。
Child-s-Play-childs-play-22633760-2560-1703.jpg
ところが運悪くその人形が誕生日プレゼントとして少年アンディの手に渡ってしまった。
以後、チャッキー人形は家族まで増やしながら人を殺しまくるんですね。

所詮人形ゆえ生々しさがないのは、それはそれでいい。
鑑賞後思いだしてトイレに行けないということもないので、ホラー苦手の人にもとっつきやすいでしょう。
でもホラーファンを置き去りにしないだけの、面白さもある。
maxresdefault.jpg
ソファーの下に潜り込んだり、小さい身体ゆえにできることもあって
いつどんな風に出てくるのかとドキドキするし、チャッキー目線の映像がまた怖い。

腕が飛ぼうが、頭チョンパされようが、黒焦げになってもなお追ってくるシーンでは
ターミネーターのテーマ曲をかけたくなったしね。
child.png
シングルマザーに育てられ、贅沢もわがままも言わないアンディ(アレックス・ヴィンセント)もけなげで可愛いかった。
人形が人を殺すことなど誰も信じないことをうまいことサスペンスに絡める手法もマル。
あちこちを部分的にしか観てないけど、シリーズが6本も作られるのは伊達じゃないないと思わせる秀作でした。

チャイルド・プレイで変な連想したひと、
そっち系ではありません(笑)


[READ MORE...]
【映画】ドリーム ホーム 99%を操る男たち
2016年10月20日 (木) | 編集 |
 
99HOMESXXXXW0110980_BAN1_2424_NEWTV.jpg
ドリーム ホーム 99%を操る男たち(2014 アメリカ
原題:99 Homes
監督/脚本:ラミン・バーラニ
出演:アンドリュー・ガーフィールドマイケル・シャノン/ティム・ギニー/ノア・ロマックス/ローラ・ダーン/クランシー・ブラウン/ウェイン・ペレ

【感想
ラミン・バーラニが原作、脚本、監督を手掛けた本作は、自宅の立ち退きを命じられたシングルファーザーを主人公にしたエコノミック・ドラマです。
今年『マネー・ショート』『マネーモンスター』と観て、いまいちピンとこなかった経済音痴の私でも、これはわかりやすく、しかも身につまされました。

本日「50人斬り」の34人目の英国男優はスパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールド

99-homes-99homes-fp-00970-rgb.jpg
アンドリュー演じるデニスは屋根葺きなどの建築作業員として働いていたが、不況のあおりを受け仕事が激減。
借金が返せなくなり、母と息子と暮らす持ち家からの立ち退きを余儀なくされる。

立ち退き現場に警察と現れ、冷徹に仕事を進める不動産ブローカー、リックを演じるのがインディーズ映画で抜群の存在感を見せるマイケル・シャノン。本作でも流石の演技力で悪徳ブローカーを演じてます。
デニスに自分を重ねている部分もあって、父のような兄のようなシンパシーも持っているように見える。悪なだけじゃないと思わせるところがシャノンのうまさ。
635799353573092195-99-homes.jpg
愛する家族に家を買い戻したい一心から、憎くてたまらない男に雇われるデニスですが
手段を選ばぬやり方に戸惑いながら、大金を得るようになると次第にモラルの意識が薄れていく。
ある意味スポ根もののような見せ方で、観る者の感覚さえ翻弄する演出が凄い。

しかし利益を上げるものがいれば、その分誰かがお金を失っているわけで
やがて私たちはデニスとともに弱肉強食のアメリカ経済の仕組みを、いやというほど見せられるですよね。
デニスのジレンマとアイロニー。苦悩が似合うガーフィールドは熱演です。

共演はほかにローラ・ダーン。
欲にほだされることなく、良心を貫き通すデニスの若い母親を演じています。
家族を愛するがゆえに悪魔に心を売るデニスだけど、彼が心を取り戻す力となるのは、やはり家族の存在でしょう。

終盤起こることへの伏線も十分で、映画に漂う緊張感は半端なし。
ダレるところの全くない演出でアメリカ社会の闇を描き上げた傑作ですね。

監督はイラン系のアメリカ人。敬愛する批評家、故ロジャー・エバート氏が、「これからのアメリア映画を背負っていく最高の映画監督」と絶賛したとのことで、ラミン・バーラニ監督、要注意だわ。




ブログパーツ
【映画】ドント・ブリーズ
2016年09月23日 (金) | 編集 |
 main.jpg

ドント・ブリーズ(2016 アメリカ
原題:Don't Breathe
監督:フェデ・アルバレス
脚本:フェデ・アルバレス /ロド・サヤゲス
出演:ジェーン・レヴィ/
ディラン・ミネット/ダニエル・ゾバット/スティーブン・ラング
日本公開:2016/12/16

【あらすじ
ろくでもない親に育てられ、妹と家を出ることを切望するロッキー(ジェーン・レヴィ)は不良のボーイフレンドと友人と3人で強盗を企てる。ターゲットは一人暮らしの盲目の老人。簡単に思えるミッションだったが。。


感想
「英国男優50人斬り」お休みして、劇場鑑賞した2本の感想を。
まずは『ドント・ブリーズ』(原題)。
老人宅に強盗に入った若者3人が思わぬ危険にさらされるというホラー・スリラーです。
DontBreatheTrio.jpg
これは面白かった。
観終わって知ったことだけど、これサム・ライミが製作に関わった『死霊のはらわた』リメイク版のスタッフと再びタッグを組んだ作品とのこと。
あまり評判の良くなかったそちらのは未見なんですが、本作ではスリルの畳みかけ方が半端ない。

公開(多分あるでしょう)前なので多くを語れませんが、言えるのは年寄りを侮ってはいけないということ。
原題はDon't Breath「息をするな」。
若者は息をひそめて、この爺さんに向き合うことになるんです。
dont-breathe-stephen-lang.jpg
もうね、88分間緊張しっぱなしで肩凝ります。
気づけば一緒に息とめてたしね(笑)

え?というショックをぶち込んだあとは、常識をことごとく覆し、ジワジワと恐怖を煽ってくる。
老人のことが分かるにつれ、否が応でも若者を応援してしまうし、ヒロイン、ロッキーには命を懸けて守りたいと思う妹がいるのを知っているので、壮絶な脱出劇に手に汗握りました。

最近のホラーにしては安い怖がらせシーンやスプラッターがなく、ライミにしてはグロさもない。。と思いきや、後半はアレに吐きそうになった。
何よりもグロくスプラッターよりもエグい。でも唯一のユーモアでもあるかな。

それほどお金はかけてないだろうと思う作品ですがカメラワークと編集、効果音がいい。
わんこ含め役者の演技も秀逸でノンストップのスリルに身を委ねました。

IMDb7.6と、この手のホラーにしてはなかなかの高得点です。
続編ありかな。






ブログパーツ