映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『彼女が消えた浜辺』を推理する
2016年11月17日 (木) | 編集 |
aboutellyposter.jpg

 彼女が消えた浜辺(2009 イラン
原題:About Elly
監督:アスガー・ファルハディ
脚本:アスガー・ファルハディ
出演:ゴルシフテ・ファラハニ/タラネ・アリシュスティ/シャハブ・ホセイニ/メリッラ・ザレイ/ペイマン・モアディ

【あらすじ】
テヘランからほど近いカスピ海沿岸のリゾート地に週末旅行へとやって来た3組の家族と独身のアーマドとエリー。しかし翌日エリは海岸で忽然と姿を消す。


【感想】
ミステリー映画特集4本目
別離』でオスカーを獲得したイランのアスガー・ファルハディ監督による心理ドラマです。

手違いで予約していたコテージを借りられず、海辺の古い別荘で休暇を過ごすことになった3組の家族と友人2人。
セデピーは独り身になったアーマドと引き合わせるため、娘の保育園の先生エリーを誘っていました。
8f0041ef-7de3-4224-b75b-bf5384544b11.jpg
仲の良いグループに一人見知らぬ顔のエリーは、ぎこちなさを感じながらも次第に打ち解けてきます。
しかし滞在2日目、海で子供が溺れるという事故が発生。かろうじて救出さ命を取り留めるものの、浜で子供を見ていたはずのエリーの姿がどこにもない。

エリーは子供を助けようと海に入ったのか
あるいは誰にも言わず、どこかへ行ってしまったのか 

エリーの行方をめぐり、保身やなんやで残されたものが互いを攻撃し合うという展開になり、その心理合戦の面白さを堪能しました。
そうこうするうち、ある驚きの事実が発覚し映画は結末へと向かうんですが。。
私の中で何かモヤモヤしたものが残ってしまい、そこを語らずにいられないんです。
なので今回ネタバレで自分の推理を展開しますので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック
2016年10月31日 (月) | 編集 |
 am_47t85778v5mr01781_1300x1733.jpg
怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック(1973 アメリカ
原題:The Norliss Tapes  
監督:ダン・カーティス
脚本:ウィリアム・F・ノートン
出演:ロイ・シネス/アンジー・ディキンソン/クロード・エイキンス/ミシェル・ケリー/ヴォネッタ・マギー

【あらすじ】
怪奇作家のノーリスは出版会社のラングドンに電話し、「本を書こうとしたが深みに入りすぎ身の危険を感じている。手遅れになる前に会いたい。すべてはテープに吹き込んでいる」と言う。しかしノーリスは約束の時刻に現れず消息を絶った。ラングドンはノーリスの部屋に残されたカセット―テープを聴き始める。


【感想】
みんなのトラウマ映画を教えてくださいシリーズになってますがw
ハロウィンホラー特集3本目、今日はゾンビマンさんに教えてもらったTVムービーです。
今回もYouTubeにありました。


これ、邦題のノリで観初めて「作品間違えた?」と思ってしまった(笑)
というのは、タイトルにあるようなハマー風の感じでなく、失踪した怪奇作家ノーリスに何が起きたのかを
ノーリスの残したカセットテープから知るという現代的なものだったから。
原題は『ノーリスの(カセット)テープ』。そのものです。
vxY63WORb48YZUnQr4qRB8jEvbK.jpg
カセットに吹き込まれた内容は・・
著名な彫刻家の妻であるコート夫人はある晩、夫のアトリエに侵入した男を射殺した。
しかし死体は消え、しかも夫人はそれが「死んだ夫だった」と証言したという怪事件。
真相解明を依頼されたノーリスはやがてある戦慄の事実を目の当たりにするのです。
Norliss -tapes-angie-dickenson-Norliss-Tapes,-The-5
以下少々ネタバレなので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】コードネーム U.N.C.L.E.
2016年10月17日 (月) | 編集 |
5535d08d8fb2ffef5c5199d5c809f00e.png  

コードネーム U.N.C.L.E.(2015 アメリカ
原題:The Man from U.N.C.L.E.
監督/脚本:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーアリシア・ヴィキャンデル/エリザベス・デビッキ/ジャレッド・ハリス/ヒュー・グラント

【感想
1960年代の人気TVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』をヘンリー・カヴィルアーミー・ハマー主演で映画化したスパイアクションです。

ケネディ大統領がご存命の60年代前半、ナチスの残党が核兵器を入手しテロを起こそうとしているとの情報の元、CIAのエージェント、ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBの工作員イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が協力して世界を核の脅威から守るという話。

実はガイ・リッチーのスタイリッシュチックなアクション映画はちと苦手で、『ロック・ストック~』も、完全に忘却の彼方だし、案の定本作も、随分前にレンタルして何度トライする者の案の定前に進まない。
前半部分で10テイクはしたな。

ただし、今回はヒロインのアリシア・ヴィキャンデル含む主役3人がよくて
中盤から面白く観てしまった。
UNCLE-textless-Empire-poster-by-HenryCavillOrg.jpg


ヘンリー・カヴィルは軽いノリでもカッコいいし、ロシア訛りで超人的な肉体能力を誇る反面、ガラスメンタルなアーミー・ハマーも素朴でいい。
米ソのスパイガジェットを対比させつつのテンポ良い二人の掛け合いは楽しいし、アクションの見せ場もある。
60年代ファッション雑誌から抜け出したみたいなアリシアちゃんを射止めるのはどっちだ?
いや、ソロの好みはイリヤなのか?的な楽しみもあって、こうなると続編を観たくなるな。
holding-man–from-uncle-costume-designer-interview

英国男優総選挙の発表もまじかとなり、50人斬り無理そうで焦ってますがw
ヒュー・グラントも出てたね、ってことでエイヤ!と斬っときます(笑)


関係ないけどローマを愛犬とお散歩するアーミー・ハマーがナチュラルすぎてツボ
Armie_Hammer_walks_dog_Rome_AOTjdCAHBwJl.jpg


ブログパーツ


【映画】ガール・オン・ザ・トレイン
2016年10月09日 (日) | 編集 |
 girl-on-train-movie-trailer-poster-emily-blunt.jpg
ガール・オン・ザ・トレイン(2016 アメリカ
原題:The Girl on The Train
監督:テイト・テイラー
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
出演:エミリー・ブラントレベッカ・ファーガソン /ヘイリー・ベネット /ジャスティン・セロー/ルーク・エヴァンス
日本公開:2016/11/18

【感想
ポーラ・ホーキンズのベストセラー同名ミステリー小説を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラーが映画化した一本です。
The-Girl-On-The-Train-600x373.jpg
タイトルの「列車に乗った女性」であるヒロイン、レイチェルにエミリー・ブラント
レイチェルは離婚した挙句、アル中で仕事まで解雇された人生どん底女。
元夫トム(ジャスティン・セロー)はかつて自分と暮らした家に再婚相手と住んでいて、妻アナ(レベッカ・ファーガソン)との間にできた天使みたいな子供の写真をFacebookに投稿してるんですよ。はぁ、辛い。

レイチェルは毎日乗る電車の窓から見える仲睦まじい夫婦(ヘイリー・ベネットルーク・エヴァンス)に、幸せだった自分の姿を重ね、しばしの現実逃避を楽しんでいます。
ところがある日、その”理想の妻”ミーガンが夫以外の誰かとベランダでキスしているのを目撃してしまい、動揺したレイチェルは、夫婦の家まで行ってしまうのです。ところがレイチェルにはその後の記憶がない! 
間もなくミーガンの失踪が伝えられ、やがて死体が発見されることに。

さて事件の真相は・・という話。


私はお酒を吞めないので、泥酔したこともないんですが
お酒で記憶が飛んだことのある人は、その間に何があったのか気になるでしょう。
お風呂に入ろうとしたら、パンツを裏返しに穿いてたりしたら
必死で記憶を手繰り寄せようと思うよねw

レイチェルも空白を埋めるためあちこちに出没して探りを入れる。
結果自分も疑われるんですが、彼女の行動は警察を翻弄し映画をミスリードします。
ときに突拍子もなく感じ、コメディなのかと思う部分もあったけど
撮影時妊娠中だったらしいエミリー・ブラントは素面でアル中女をらしく演じきってます。
000c1f49-572.jpg
事件もので早々に殺される役というと端役なことが多いですが
ヘイリー・ベネットは心に闇を抱えたミーガンをはかなげに演じていて存在感あり。
先日観た『マグニフィセント・セブン』では落ち着いた強い大人という風だったのに、まだ20代だったのね。
tumblr_o5xu9gLHOC1tjhhvio1_r1_500.jpg
レイチェルの元夫の再婚相手アナに『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』でキレのいいアクションを見せてくれたレベッカ・ファーガソン。

本作の魅力は単純に殺人事件の犯人を捜すということだけでなく、登場人物を絶妙に絡ませつつ、レイチェル、ミーガン、アナ3人のそれぞれの「女の人生」を浮かび上がらせるところ。
はたから見れば幸せに思える人生も本人がそう感じているとは限らない。
人の幸せを羨むのはばかげたことだなと、そんなことを思う映画でした。

LukeEvans1.jpg
さて、今日の「英国男優」はスコット役のルーク・エヴァンス
今回妻にベタぼれな夫ということで、ミーガンとベランダでイチャイチャイチャイチャ
彼に理想の夫像を重ねるレイチェルには、とてつもなくセクシーに映っているってなわけで
2人が初めて顔を合わせるシーンのルークの股上どアップには笑ってしまった。
ギャンランドゥじゃなかったのはブラジリアンワックスのおかげらしいw

ちなみにレイチェルの元夫トム役のジャスティン・セローはジェニファー・アニストンの旦那様ですね。
ブラピの離婚で落ち着かない日を送っているんじゃなかろうか。余計なお世話か。

 



ブログパーツ













[READ MORE...]
【映画】奇跡がくれた数式
2016年10月04日 (火) | 編集 |
mwki2.jpg
奇跡がくれた数式(2015
イギリス
原題:The Man Who Knew Infinity
監督/脚本:マシュー・ブラウン
出演:デヴ・パテルジェレミー・アイアンズ/デビカ・ビセ/トビー・ジョーンズ/スティーブン・フライ
日本公開:2016/10/22

【ストーリー
1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、インドから届いた一通の手紙に目を止める。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招くが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する・・。

【感想
著名なイギリス人数学者と独学で数学を学ぶ名もない事務員のインド人。
人種も境遇も違う二人が出会い、ともに世界を変える奇蹟を成し遂げるという実話に基づいた話です。

数学者ハーディにジェレミー・アイアンズ、事務員ラヌマジャンにデヴ・パテル
ラマヌジャは画期的な数式をノートにしたため、それを証明したいと思っている。

ケンブリッジ大学のハーディ教授のことを知ったラマヌジャンは手紙をしたため、渡英することになるんですが、数式など簡単に証明できるものではないらしく、彼は差別に苦しみながら大学で長い時を過ごすことを余儀なくされるんですね。
the_man_who_knew_infinity_48050683_st_1_s-high.jpg
当時インドにはカースト制があって、ラマヌジャンの階級では海外渡航すら禁じられていたらしい。
結婚間もなく、世間に冷遇されることを覚悟で夫を送り出す妻の献身がまず偉い。
themanwhoknewinfinity-01.jpg
映画の売りとしては境遇も身分も違う二人の数学者が世紀の数式を証明したということで、ハーディ教授の心の広さと二人の友情を熱く描くものかと思ったけど少し違った。というのもジェレミー・アイアンズ演じる教授の興味はラマヌジャンの数式であって、ラマヌジャン本人にはなかったから。ラマヌジャンがどんな思いでイギリスで過ごしているか知ろうともしない教授には少々腹が立ってしまった。ハーディは学者バカであって悪気はなかったんでしょうけどね。医者は病名を見て患者を診ないというのに近いかな。

ハーディのそんな欠点もちゃんと描いてるのは、正直な映画かもしれません。
ジェレミー・アイアンズが演じると憎めないしね。
人道的な部分で大きな役割を担ったのはむしろトビー・ジョーンズ演じるお友達の教授。

戦争が勃発しカレッジ上空にも敵機が襲来します。
そんな中でも世紀の発明が生まれるんだから凄い。
学問を究めるものは細かいこと気にしてちゃだめってことね(笑)

個人的には二人の成し遂げた共同作業の部分よりも、「奇跡がくれた数式」の、本当に「奇跡」な部分に興味を惹かれましたわ。天才の偉業をよくよく調べると、こういうのもほかにあるかもなぁ。

デヴ・パテルは全身全霊で使命を全うするラマヌジャンを熱演してました。
犠牲にしたものも大きかったけれど、今も彼の数式が宇宙工学など様々な場面で使われていることや、当時植民地であったインドの知性を知らしめたことなど功績が大きいのが救い。
51991072.jpg
撮影は実際にケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで行われたらしい。
古くはアイザック・ニュートンやホーキング、最近ではイアン・マッケランにレイチェル・ワイズ、エディ・レッドメインなどの多くの天才、秀才が学んだ美しいキャンバスを見るのも一興ですね。

ということで、今日の「英国男優」はここのところ教授役がやけに多いジェレミー・アイアンズさまでした。
2016年は6本の映画にご出演の68歳。無理せず頑張ってくださいな。


ブログパーツ
[READ MORE...]