映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリーピー 偽りの隣人
2017年03月15日 (水) | 編集 |
クリーピーポスター

 クリーピー 偽りの隣人(2016 日本

監督:黒沢清
脚本:黒沢清/池田千尋
出演:
西島秀俊/香川照之/竹内結子/東出昌大/藤野涼子/川口春奈

【あらすじ】
大学で犯罪心理学を教える元刑事の高倉は郊外の一軒家に引っ越した。ある日、刑事の野上から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼され、事件の鍵を握る一家の長女・早紀から話を聞くも事件の核心になかなか迫れない。そんな折、高倉と妻の康子は、隣人・西野の不可解な言動に振り回され始め…。


【感想】
久々の邦画です。
キャッチコピーの
あの人、
お父さんじゃありません。
全然知らない人です。
が結構衝撃的な一本。

新居に引っ越して、心新たに新生活をスタートさせようと思っても
隣人が変な奴だと憂鬱になるよね。
本作の隣人、香川照之扮する西野も、登場シーンから何か変で
高倉夫妻は違和感を感じまくりです。

そんな矢先、刑事時代の後輩が高野の犯罪心理分析能力を頼って
6年前に起きた未解決事件の協力を依頼してくる。
一家失踪と思われた事件は、やがて殺人事件へと発展

さて犯人は?となるわけですが、この映画いわゆる犯人探しのミステリーとはちと趣が違う。
というのも、犯人一択! ほかに怪しい奴など出てきませんから。

クリーピー
やー、気持ち悪かったね香川さん。
『レインマン』のホフマン歩きで、陰湿かと思えば妙に愛想が良かったり
人の心はどこに忘れてしまったのかと聞きたくなるような西野はとんでもサイコ野郎

これ観て思いだしたのが『ボーグマン』です。
いつのまにかやってきて、問題がある一家に入り込んでは人を殺す、
あるいは若い子は仲間にして、新しい住処を見つけるボーグマン。
冒頭、神父らに追われる様子から、彼らは「悪魔」なのかと想像するものの、正体は結局不明。
そんなボーグマンの雰囲気がこの映画にはあると思ったな。

クリーピー2


まずは問題のある家庭を選ぶ西野の嗅覚がボーグマン。
美男美女で素敵な夫婦に見える高倉夫妻だけど、妻の異常にも気づかない仕事バカ(しかも犯罪者の心理を追求するのはもはや趣味!)の夫との生活は壊れかけていたのかもしれない。

西野家の周囲で明らかに妙な「風」が吹くのは、よからぬことの前兆にも見えるけれど
近所のおばさんに「西野は鬼」と言わせているのも確信犯的で、私には西野は人間でないという演出にも感じられました。

終盤もはやファンタジーなのもボーグマン。
夏でもないのに扇風機に当たるという演出はよかったけど、薬剤の効用はリアリティ欠いたし
ま、そういう細かいことは追求しちゃいけないんだなと、振り上げそうになった拳を納めたよ。

何はともあれ、布団圧縮袋がボーグマンらによって爆買いされないことを祈ります。


お気に入り度4.0




[READ MORE...]
【映画】クリミナル 2人の記憶を持つ男
2017年02月26日 (日) | 編集 |
Criminal-001.jpg  

クリミナル(2016)イギリス/アメリカ
原題:Criminal
監督:アリエル・ヴロメン
脚本:ダグラス・S・クック/デヴィッド・ワイズバーグ
出演:ケヴィン・コスナーライアン・レイノルズゲイリー・オールドマン/トミー・リー・ジョーンズ/ガル・ガドット/マイケル・ピット
【あらすじ】
謎のハッカー“ダッチマン”の居場所を知るCIAエージェントが任務中に死亡した。世界を救う最後の希望として彼の記憶は死刑囚ジェリコに移植され・・

【感想】
ケヴィン・コスナーがすっごい犯罪者を演じてると話題の本作。”2人の記憶を持つ男”という副題にもそそられました。
criminal2.jpg
冒頭、何者かから追われる様子のビリー(ライアン・レイノルズ)が捉えられ拷問の挙句に非業の死を遂げる
彼はCIAのエージェントで、謎のハッカー「ダッチマン」の居場所を知る唯一の人物だったことが分かります。

ダッチマン(マイケル・ピット)がテロリストに利用されれば世界は大変なことになるってんで
CIAはビリーの情報に辿りつく手段として、彼の脳を他人に移植するという荒業に出るんですな。

CIA指揮官はわれらがゲイリー・オールドマン。脳外科医にトミー・リー・ジョーンズ。
そして脳を移植され「2人の記憶を持つ男」になってしまうのがケヴィン・コスナーです。

これは面白かったね。



ケヴィン演じるジェリコという男、グリコみたいな名前で可愛いですが、これが折り紙付きの極悪人で
まずはケヴィンの悪童ぶりを堪能。
criminal3.jpg
彼はビリーの脳を移植させられたばかりに、CIAとテロリストの攻防に巻き込まれていくわけなんですが
面白いのはモラルもへったくれも持たない男が、移植されたビリーの脳に影響され始めるところ。

店員に悪態をついたかと思えば、そのあと謝ったりする。
そして、今謝ったのは自分じゃないからと言い訳するのがかわゆいの。

まぁね、記憶をつかさどる「脳」の移植が行動や人格に影響を与えるというのは眉唾で、ツッコミどころをあげればきりがないけども、極悪人が人の心を持ち始めるところにグッとくるのです。
しまいには犯罪者として身につけた技と、CIAエージェントのスキルの両方を駆使してテロリストに挑むというのが、一種ユーモラスでもあり、面白い。
criminal-poster1.jpg
ビリーには愛する家族がいて、ジェリコの中のビリーの家族愛がその原動力になってるんですが・・
もしも、もしもね、ジェリコを若くてカッコいい俳優さんが演じていたとしたら、妻ジル(ガル・ガドット)との間にロマンスが生まれても受け入れるかもしれないけれど、ケヴィンではあまりも老けすぎだよね。(身も蓋もなくてスマンw)
ともあれ、ジェリコの思いの処理があいまいなのは続編への布石なのか、そこのところはちょっとモヤっとしたな。

ライアン・レイノルズの役は『セルフレス』を思いだすところ。
家族への思いを残し死んでしまったものとして、『ゴースト ニューヨークの幻』みたいなことになるのかなと思ったら、後半に出番がなくてお気の毒。

続編は『ゴーストエージェント 2人の記憶を持つ男』でお願いします。

お気に入り度4.1

ブログパーツ







【映画】『彼女が消えた浜辺』を推理する
2016年11月17日 (木) | 編集 |
aboutellyposter.jpg

 彼女が消えた浜辺(2009 イラン
原題:About Elly
監督:アスガー・ファルハディ
脚本:アスガー・ファルハディ
出演:ゴルシフテ・ファラハニ/タラネ・アリシュスティ/シャハブ・ホセイニ/メリッラ・ザレイ/ペイマン・モアディ

【あらすじ】
テヘランからほど近いカスピ海沿岸のリゾート地に週末旅行へとやって来た3組の家族と独身のアーマドとエリー。しかし翌日エリは海岸で忽然と姿を消す。


【感想】
ミステリー映画特集4本目
別離』でオスカーを獲得したイランのアスガー・ファルハディ監督による心理ドラマです。

手違いで予約していたコテージを借りられず、海辺の古い別荘で休暇を過ごすことになった3組の家族と友人2人。
セデピーは独り身になったアーマドと引き合わせるため、娘の保育園の先生エリーを誘っていました。
8f0041ef-7de3-4224-b75b-bf5384544b11.jpg
仲の良いグループに一人見知らぬ顔のエリーは、ぎこちなさを感じながらも次第に打ち解けてきます。
しかし滞在2日目、海で子供が溺れるという事故が発生。かろうじて救出さ命を取り留めるものの、浜で子供を見ていたはずのエリーの姿がどこにもない。

エリーは子供を助けようと海に入ったのか
あるいは誰にも言わず、どこかへ行ってしまったのか 

エリーの行方をめぐり、保身やなんやで残されたものが互いを攻撃し合うという展開になり、その心理合戦の面白さを堪能しました。
そうこうするうち、ある驚きの事実が発覚し映画は結末へと向かうんですが。。
私の中で何かモヤモヤしたものが残ってしまい、そこを語らずにいられないんです。
なので今回ネタバレで自分の推理を展開しますので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック
2016年10月31日 (月) | 編集 |
 am_47t85778v5mr01781_1300x1733.jpg
怪奇!戦慄の怪人/オカルトショック(1973 アメリカ
原題:The Norliss Tapes  
監督:ダン・カーティス
脚本:ウィリアム・F・ノートン
出演:ロイ・シネス/アンジー・ディキンソン/クロード・エイキンス/ミシェル・ケリー/ヴォネッタ・マギー

【あらすじ】
怪奇作家のノーリスは出版会社のラングドンに電話し、「本を書こうとしたが深みに入りすぎ身の危険を感じている。手遅れになる前に会いたい。すべてはテープに吹き込んでいる」と言う。しかしノーリスは約束の時刻に現れず消息を絶った。ラングドンはノーリスの部屋に残されたカセット―テープを聴き始める。


【感想】
みんなのトラウマ映画を教えてくださいシリーズになってますがw
ハロウィンホラー特集3本目、今日はゾンビマンさんに教えてもらったTVムービーです。
今回もYouTubeにありました。


これ、邦題のノリで観初めて「作品間違えた?」と思ってしまった(笑)
というのは、タイトルにあるようなハマー風の感じでなく、失踪した怪奇作家ノーリスに何が起きたのかを
ノーリスの残したカセットテープから知るという現代的なものだったから。
原題は『ノーリスの(カセット)テープ』。そのものです。
vxY63WORb48YZUnQr4qRB8jEvbK.jpg
カセットに吹き込まれた内容は・・
著名な彫刻家の妻であるコート夫人はある晩、夫のアトリエに侵入した男を射殺した。
しかし死体は消え、しかも夫人はそれが「死んだ夫だった」と証言したという怪事件。
真相解明を依頼されたノーリスはやがてある戦慄の事実を目の当たりにするのです。
Norliss -tapes-angie-dickenson-Norliss-Tapes,-The-5
以下少々ネタバレなので、未見の方はご注意ください。


[READ MORE...]
【映画】コードネーム U.N.C.L.E.
2016年10月17日 (月) | 編集 |
5535d08d8fb2ffef5c5199d5c809f00e.png  

コードネーム U.N.C.L.E.(2015 アメリカ
原題:The Man from U.N.C.L.E.
監督/脚本:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーアリシア・ヴィキャンデル/エリザベス・デビッキ/ジャレッド・ハリス/ヒュー・グラント

【感想
1960年代の人気TVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』をヘンリー・カヴィルアーミー・ハマー主演で映画化したスパイアクションです。

ケネディ大統領がご存命の60年代前半、ナチスの残党が核兵器を入手しテロを起こそうとしているとの情報の元、CIAのエージェント、ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBの工作員イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が協力して世界を核の脅威から守るという話。

実はガイ・リッチーのスタイリッシュチックなアクション映画はちと苦手で、『ロック・ストック~』も、完全に忘却の彼方だし、案の定本作も、随分前にレンタルして何度トライする者の案の定前に進まない。
前半部分で10テイクはしたな。

ただし、今回はヒロインのアリシア・ヴィキャンデル含む主役3人がよくて
中盤から面白く観てしまった。
UNCLE-textless-Empire-poster-by-HenryCavillOrg.jpg


ヘンリー・カヴィルは軽いノリでもカッコいいし、ロシア訛りで超人的な肉体能力を誇る反面、ガラスメンタルなアーミー・ハマーも素朴でいい。
米ソのスパイガジェットを対比させつつのテンポ良い二人の掛け合いは楽しいし、アクションの見せ場もある。
60年代ファッション雑誌から抜け出したみたいなアリシアちゃんを射止めるのはどっちだ?
いや、ソロの好みはイリヤなのか?的な楽しみもあって、こうなると続編を観たくなるな。
holding-man–from-uncle-costume-designer-interview

英国男優総選挙の発表もまじかとなり、50人斬り無理そうで焦ってますがw
ヒュー・グラントも出てたね、ってことでエイヤ!と斬っときます(笑)


関係ないけどローマを愛犬とお散歩するアーミー・ハマーがナチュラルすぎてツボ
Armie_Hammer_walks_dog_Rome_AOTjdCAHBwJl.jpg


ブログパーツ