映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アノマリサ
2017年01月16日 (月) | 編集 |
anomalisa.jpg

アノマリサ(
2015 アメリカ
原題:Anomalisa
監督:デューク・ジョンソン/チャーリー・カウフマン
脚本:チャーリー・カウフマン
声の出演:デヴィッド・シューリス/ジェニファー・ジェイソン・リー/トム・ヌーナン

【あらすじ】
カスタマーサービス界で名声を築き、本も出版しているマイケル・ストーン。私生活でも妻子に囲まれ恵まれた人生を歩んでいるかに見えたが、本人は自分の退屈な日常に不満を募らせていた。そんなある日、講演をするためシンシナティーを訪れたマイケルは、そこでリサという女性に出会う。長い間、すべての人間の声が同じに聞こえていたマイケルは、「別の声」を持つ彼女と特別な夜を過ごすが……。

【感想】
 英エンパイア誌選出2016年のトップ25から、14位にランクインの『アノマリサ』を観ました。
今回全編ネタバレで感想を書いてますので、未見の方はご注意ください。


いわゆるストップモーションアニメの手法で作られた本作は、共同監督&脚本を『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家チャーリー・カウフマンが担当しています。

New-Anomalisa-Clip-Shows-David-Thewlis-Character-Landing-in-a-New-Life.png


冒頭、聴き慣れた機内放送が流れ、主人公マイケル・ストーンを乗せた飛行機は目的地シンシナティに到着する。
乗客の声は重なり、話の内容は聞き取れない。
ホテルに着いたおっさんマイケルは家に電話し、妻や息子と話すのだけど・・
ここで違和感。妻の声は男、息子も同じ大人の男の声なのだわ。

どうやら、マイケルは最近何かに違和感を覚え、気がふさいでいる。
・・・何かに違和感って。。気づいてないのか?
周りの人の声、みんな一緒。みんなトム・ヌーナンの声じゃないか(笑)

そう、この映画、面白いのは主人公のマイケルともう一人を除いて、登場人物は皆同じ顔で同じ声をしてるんですよ。
勿論、周囲の人間がみな同じように見えるというのは、誰にも興味を持てない、誰にも心を開けないマイケルの心の問題を表現しているんでしょう。そんなとき、ホテルで出会ったリサだけは普通に女性の声(ジェニファー・ジェイソン・リー)、女性の顔をしてるんです。
当然ながらリサに心惹かれるマイケルはリサを自分の部屋に誘い、交流する。
この映画、ストップモーションアニメなのにしっかりベッドシーンがあるんだわ。
いったいどれだけの時間をこのシーンに費やしたんでしょうか。

ってか、こんなちっちゃいのか!
1220ANOMALISA1-jumbo.jpg


でも特別の存在だったリサも、セックスの後、マイケルがある癖を指摘し、リサがそれを直そうとした途端
リサの声にヌーナンの声が重なってくる。
マイケルの落胆は言うまでもないわけですね。

チャーリー・カウフマンという人は、孤独とか疎外感や憂鬱とかの人の心理的な問題を変わった視点でとらえ、独自の映像に置き換えることが得意な映画作家なのでしょうね。
マイケルは啓発本を出すほど「人の観察」に長けた人のはずなのに、今彼は人の区別もつかない自分に疲れ果てている。
リサと出会い、まだマイケルにも人と通じ合える可能性があると言っているのか、はたまた彼は孤独から抜け出せないと言っているのか私にはわかりませんでした。

maxresdefault.jpg


彼が子供のおもちゃを買おうとして間違えて入った大人のおもちゃ屋さんで手にした日本人形(どうやらこれも大人のおもちゃw)が歌う「桃太郎」の変な日本語が耳について離れない。
その人形がマイケルにとって唯一の他人とは違う声、顔だとしたら・・
そっちに走るのかマイケル?! だとしたら悲しい映画です。


ブログパーツ





スポンサーサイト
【映画】あん
2016年11月29日 (火) | 編集 |
an.png  

 あん(2015)日本

監督/脚本:河瀬直美
原作:ドリアン助川
出演:樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀

【あらすじ】
あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい・・

久々の邦画です。

桜の咲くころ、70半ばと思われる女性が小さなどら焼きショップの店長千太郎(永瀬正敏)に声をかけ、雇って欲しいと言いますす。お金に困っているわけではなくて、彼女を引き付けたのは実は千太郎の孤独。
徳江というその女性は、若い頃からハンセン病を患い、人生の大半を療養施設で過ごしてきた。
偏見にさらされてきたはずなのに、世間を恨むといった風でなく、自然体の徳江を樹木希林さんが演じています。
Sweet-Bean-518x345.jpg
希林さんは随分と昔からおばあさんを演じてましたが、ようやく実年齢でおばあさんを演る歳になったんだ。だけどなんでしょ。この生まれたての赤ちゃんみたいなかわいらしさは。
木々や風の音に耳を傾け、鳥や小豆の心の声まで聴く徳江は、精霊みたいにも見えてくるもんなぁ。

粒あんを作る過程をじっくりじっくり見せてくれるのもいい。
愛情とひと手間で美味しいあんこが出来上がる
こんな風にアクを流せばいいんだ なんて学びながら
鍋の中にふつふつとわいてくる、生きるための知恵みたいなものをすくいとる。

どら焼き食べたい
dora.jpg


甘いものが嫌いなのにどら焼き屋をやってる千太郎に、徳江が「なんで?」と驚くシーンも印象的。
多分様々な不条理にあえぎ、色んな事を我慢してきた彼に「好きだから仕事にする」という概念はなかったんでしょう。徳江のシンプルすぎる「なんで?」にぽかんとしつつも、彼の中で何かが変わり始める。
そしてあのラストに繋がるんですよね。千太郎はもう大丈夫。

一方、前向きに自分を肯定してみても、どうしても抗えないものがあって
それが徳江にとっては病気であり世間の目でした。
「なんで?」と憤ってもかなわなかった夢を、たとえわずかな時間でも実現できたことを
「楽しかったぁ」とはかなげに笑う徳江の姿に涙が溢れた。希林さんは天才。
an_uchida.jpg
ワカナを演じた内田伽羅は実の孫だったんやね。
というか、モックンの娘かい!
いつのまにか大きくなってて(小さい時を知らないけどw)、そっちの方にびっくりだったわ。


河瀬監督作品気になりながらこちらではDVDもなし。今回初鑑賞と相成りました。
桜や木々や月など自然の描写が驚くほどに美しく、心の琴線に触れるいい映画でした。
ありがとうNetflix!(ストリーミングにて)



ブログパーツ


【映画】オリエント急行殺人事件
2016年11月11日 (金) | 編集 |
 
英国男優50人斬り、ラストはトム・ヒドルストンで締めるつもりでしたが、みなさんから続々とTB届いて気分はすっかりミステリー(笑)。ということで、英国男優総選挙特集をショーン・コネリー斬りで締めつつ、同時にミステリー祭りに突入することにします!!

あ、その前に本映画祭りの「ミステリー」の定義について確認しておきます。
wikiによると1.狭義には探偵映画、推理映画 2.広い意味で、謎がドラマに深くかかわっている映画作品
となっています。そこで本祭りも広い意味で作品を選ぶことにしますので、すでにたくさんTBを頂いた後で恐縮ですがご了承ください。追加、変更はいつでも可です。

RRB2.jpg
オリエント急行殺人事件 (1974 イギリス
原題:Murder on the Orient Express
監督:シドニー・ルメット
脚本:ポール・デーン
出演:アルバート・フィニー/ローレン・バコール/マーティン・バルサム/イングリッド・バーグマン/ジャクリーン・ビセット/アンソニー・パーキンス/ショーン・コネリーバネッサ・レッドグレーブ

【あらすじ】
1935年、私立探偵ポアロは大陸横断列車オリエント急行に乗り、ロンドンを目指していたが、列車内でアメリカ人の富豪ラチェットが何者かに殺害されるという事件が発生。ポアロは乗客たちから事情を聴き、事件の調査を開始するが、やがて殺されたラチェット氏と5年前にアメリカで起こったある事件とのつながりが見え始め・・


【感想】
祭り一本目はアガサ・クリスティ原作でシドニー・ルメットが74年に監督したオリエント急行殺人事件
名探偵ポワロが主役の推理ものということで、狭義のミステリ映画の代表格ですね。

最初に登場するのが列車の出発点であるイスタンブールの街
最近、youtubeでスタンブール在住の日本の方(多分)の猫動画をよく見てまして、野良犬や野良猫に優しい国イスタンブールに興味を持っているので、映画の中で猫を発見した時には嬉しい気分になりました。

列車に乗り込む前から登場人物の人となりをさりげなく見せる冒頭、
乗務員にお勧めを紹介されながら、いちいち「君が見たのかね」と確認するポアロはヤな奴ですが
事実と噂をきっちり分けて物事を整理するポワロを端的に見せる演出が面白い。
ポマードできれいに撫でつけられた髪に上向きのひげ、大きな体に頭がのめり込んだような奇妙なポアロを演じるA・フィニーになぜか、笑ゥせぇるすまんの喪黒福造を思いだしちゃいました。
9393_5.jpg
さて、雪で列車が立ち往生する中殺人事件が発生し、12人の乗客が順にポアロに話を聞かれることになります。
何故かみんな ある事件とちょっとしたかかわりがあって、それなりに怪しく思えてくる。


贅沢なまでに名優を配し、バコール、ビセット、レッドグレーブなどが優雅な衣装で美を競う。

Murder-on-the-Orient-Express-1974-02-04-59.jpg


ショーン・コネリーなんか靴墨塗ったインド人姿でも美しいですからね。靴墨じゃないとは思うけどw
Murder-on-the-Orient-Express-1974-01-27-54.jpg

オヤっと思うところが味噌だったりすることはあっても、結局私は犯人を推理できなかった。
遠山の金さんじゃないけれど、ポアロの采配には人としての余裕がある
オープニングロールの音楽、列車内のインテリア、衣装と、独特のエレガンスを放つ映画でした。


地味おばさん風に徹したイングリッド・バーグマンがアカデミー助演女優賞受賞。


[READ MORE...]
【映画】インフェルノ
2016年11月03日 (木) | 編集 |
cover-10.jpg  

インフェルノ(2016 アメリカ
原題:Inferno
監督:ロン・ハワード
脚本:デヴィッド・コープ
出演:トム・ハンクス/フェリシティ・ジョーンズ/イルファン・カーン/オマール・シー/ジョン・フォスター

【あらすじ】
ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となり・・


【感想】
トム・ハンクスが大学教授として難問に挑戦するミステリーシリーズの第三弾・・ですが
私は『ダヴィンチ・コード』を途中までしか観ないまま返済期限のためレンタルを戻し、そのまま。
2本目も観てませんが単独で完結するシリーズらしいということで、本作の鑑賞に臨みました。

今回、ハンクス演じるラングドン教授は、なぜか頭に傷を負い病院のベッドに横たわっています。
主治医の美しい女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)の診察を受けていると、警官の格好をした女性に射撃され、わけのわからないまま、シエナとともに逃走することに。
誰が何の目的でラングドンを襲うのかという謎を、冒頭の生物学者ゾブリストの死と絡めながら探っていく作品です。

ゾブリストの考えは、人類は人口が増えすぎて破滅の道をたどっているということ
その解決策として数を半分にしましょうというのは、もはやテロでして
ラングドンの肩にはそれを阻止する重責がのしかかってきます。

トム・ハンクスは不確かな記憶をたどりつつも、謎に迫っていくラングドンを安定のパフォーマンスで演じてくれるんですが、いかんせん映画が面白くなっていかない。
113.jpg
多分、私が美術品に興味がない詳しくないのと、シリーズを知らないのでラングドンの解析能力に面白さを見出せなかったこと、ゾブリスト関連の問題が大きすぎてピンとこないのが要因かと思うんですが、登場人物、特にイルファン・カーンの役どころなど現実的でないものも多く、どこか上の空的に観てしまった感。

内部の陰謀や利害関係でツイストがあってもふーんくらい。
ある人物の繋がりに、あーそうだったのかと思うところがあっても、心を動かされるまでのドラマがないのは残念でした。

トム・ハンクスのスーツももう少しちんちくりんじゃないとおかしいよね。


[READ MORE...]
【映画】アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
2016年09月16日 (金) | 編集 |
Stonehearst-logo.jpg  

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014 アメリカ
原題:Stonehearst Asylum
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ジョー・ガンジェミ
出演:ケイト・ベッキンセール
ジム・スタージェス/ブレンダン・グリーソン/ベン・キングズレーマイケル・ケイン

【あらすじ
研修医のエドワードは精神薬学を学ぶためストーンハースト病院にやってきた。


感想
エドガー・アラン・ポーの短編小説『タール博士とフェザー教授の療法』をもとに、ブラッド・アンダーソンが監督したサイコ・スリラーです。
StonehearstAsylum.jpg
19世紀末のイギリス。舞台となるストーンハースト病院は、ラム院長(ベン・キングズレー)のもと、この時代には珍しく解放病棟で精神疾患患者を治療している。研修医として着任したエドワードは美しい患者のエリザ(ケイト・ベッキンセール)に一目ぼれ。しかし、エドワードはまもなく病院内の異常な事実を知ることになり・・といった風で始まる本作。
早い時期に明かされるその事実から、私たちは病院の善悪を目の当たりにする。
そしてエドワードと同じ視線で善を応援しようとするのだけど、次第にその判断基準を失って困惑することになります。すなわち、善と思っていたことが本当に正しいのか?真実の医療はどこにあるのかを考えさせられるんですね。

でもそんな話に終わらないのが流石アラン・ポー原作。
それまでに感じた様々な疑問や違和感が伏線として一気に回収される後半の展開に、ただ脱帽です。
asylum20caine.jpg
ネタバレしたくないので詳細は書きませんけど、今日はベン・キングズレージム・スタージェスだけでなく、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケインも一気斬り。
それぞれいい演技だったけど、ベン・キングズレーが素晴らしい。
stonehearstasylum3.jpg
あまりにも大きな悲しみを背負った者が正気のまま生きるのは過酷なことで
全てを忘れられるのはある意味で幸せなのかもしれないと思ったり。

劇中、ナースがエドワードに助言するラム医師の心を知って彼の心を癒しなさいとする言葉は医療の真髄にあたたかく迫るもので感動した。

ケイト・ベッキンセールが最後にアクションスターの片りんを見せてくれたのには爆笑。
ミステリーとしても超一級。これは面白かった。


ブログパーツ

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。