映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ジーサンズ はじめての強盗
2017年04月29日 (土) | 編集 |
goinginstyleposter.jpg
ジーサンズ はじめての強盗
(2017)アメリカ
原題:Going in Style
監督:ザック・ブラフ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マイケル・ケインモーガン・フリーマンアラン・アーキン/アン・マーグレット/マット・ディロン/クリストファー・ロイド

【あらすじ】
鮮やかな銀行強盗の現場を目撃したジョーは、長年勤めた会社の年金がもらえない事態になったことから、自分たちの金を取り戻そうと、仲間に銀行強盗を持ち掛ける・・


【感想】
こちらではご無沙汰してます。引っ越しの予定が少し延びてちょっと中休み。
ということで、モーガン・フリーマンマイケル・ケインアラン・アーキンの共演が話題のクライム・コメディ『ジーサンズ はじめての強盗』を観てきました。邦題凄いねw

これマーティン・ブレストが監督した『お達者コメディ/シルバー・ギャング』(1979)のリメイクなんですね。
オリジナルはお年寄りの哀愁がにじみ出て好きな作品でした。

本作でも、冒頭からマイケル・ケインに年寄りネタやらせて笑わせてくれたり、健康問題やらも仕込んではいるものの
なんだろ、哀愁少なめなのは3人にあまり爺さん臭さがないからだろうか。
アラン・アーキン演じるアル爺さんなんか、まだあちらも現役ですからね。
going-in-style.jpg
今回、老後の暮らしが保障されないという社会問題を含有しているのは時代の変遷というべきか。
実際日本でも年金支給年齢は上がる一方で、老後には一抹の不安があるよね。
年寄りが働こうと思っても、機械化や安い賃金で働く外国人の労働力により、チャンスは減る一方。
穏やかで何もない日常から逃れるための強盗だったオリジナルに比べると設定は随分と世知辛くなりました。
年寄りが犯罪を犯してでも自分で何とかするしかないことが現実的なのが怖い話でもありますね。
GIS-MDillon-1024x682.jpg
正直友情とか家族の問題とかは表面的で、もっと深められただろうにと思わないでもないですが
この3人がコメディで共演して銀行強盗までやらかしてくれるんだから、そりゃ貴重ですよ。
実際3人の醸し出すケミストリーでそこそこ楽しめるし、お久しぶり!のマット・ディロンが刑事役で出てたり、アン・マーグリットとアラン・アーキンのデュエットまで聴けて、クリストファー・ロイドのお姿まで拝めたのだからありがたや。
観て損はない一本かと。
日本公開は6月24日です。

お気に入り度3.8


ブログパーツ