【映画】ハドソン川の奇跡

 
Sully-2016.jpg
ハドソン川の奇跡(2016 アメリカ
原題:Sully
監督:クリント・イーストウッド
脚本:トッド・コマーニキ
出演:トム・ハンクスアーロン・エッカード
/ ローラ・リニー/アンナ・ガン/ オータム・リーサー

【あらすじ
09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空でコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させるが・・

感想

2009年、ハドソン川に着水し、乗員乗客155人が生還した航空機事故から7年
当事者であるサレンバーガー機長の手記をもとにクリント・イーストウッドが監督した実話に基づくドラマです。

機長の偉業をたたえ、事故時の緊迫をスリリングに描き作品だと思っていたら、なにやら最初から雲行きが怪しい。
というのも、映画はいきなりサレンバーガーことサリー機長に、その判断が誤りだった可能性をたたきつけるのですよ。
Sully-2.jpg

極寒のハドソン川に浮かぶエアクラフトの翼に立ち、静かに救出を待つ乗客の姿を映すニュース映像と、機長が最後まで機内に残り、避難誘導してくれたと話す乗客の言葉も鮮明に覚えているこの事故に、そんな裏の話があったことは知らなかった。

機長はヒーローか、あるいは乗客を危険にさらしただけなのか 
イーストウッドはわずか98分という上映時間でそれを検証し、真実を浮かび上がらせる。

数度にわたり見せる事故映像の、回を重ねるごとに、機長の技術力や人間性、夫婦および副機長との信頼関係、乗客同士、レスキューチームとの連携、ふれあい、感謝などのヒューマンな部分を積み上げていく盛り上げ方のうまいこと。
Sully_1-1024x576.jpg
サリー役にトム・ハンクスは抑えた中に揺れる心情を描き、静かなヒーローを演じていて素晴らしい。
『アメリカン・スナイパー』しかり、イーストウッドは真のヒーローが世間に理解されないことが許せないんだろうな。
機長を信頼し支える副機長アーロン・エッカードと妻ローラ・リニーのあたたかい存在感も気持ちいい。
数秒判断が遅れたら奇跡は起こらなかったと思うと、改めて凄い事故だったと思う。
でも事実を伝えるだけではいい映画にならなかったはず。
自信を持ちながらも、もしも自分の判断が間違えていたらと苦悩するのは、人命を預かるが重責を知るからこそ。安全のために調査も大切であることや、それをしっかり受け止める機長らのプロフェッショナル。奇跡に感謝する人やともに喜ぶ人たちなど、人間の姿がしっかり描かれ一体感と爽快感を感じるからこそ感動に繋がった。

短くても中身は充実。
86歳のイーストウッド あっぱれです。


【映画】ドント・ブリーズ(原題)

 main.jpg

ドント・ブリーズ(2016 アメリカ
原題:Don't Breathe
監督:フェデ・アルバレス
脚本:フェデ・アルバレス /ロド・サヤゲス
出演:ジェーン・レヴィ/
ディラン・ミネット/ダニエル・ゾバット/スティーブン・ラング
日本公開:未定

【あらすじ
ろくでもない親に育てられ、妹と家を出ることを切望するロッキー(ジェーン・レヴィ)は不良のボーイフレンドと友人と3人で強盗を企てる。ターゲットは一人暮らしの盲目の老人。簡単に思えるミッションだったが。。


感想
「英国男優50人斬り」お休みして、劇場鑑賞した2本の感想を。
まずは『ドント・ブリーズ』(原題)。
老人宅に強盗に入った若者3人が思わぬ危険にさらされるというホラー・スリラーです。
DontBreatheTrio.jpg
これは面白かった。
観終わって知ったことだけど、これサム・ライミが製作に関わった『死霊のはらわた』リメイク版のスタッフと再びタッグを組んだ作品とのこと。
あまり評判の良くなかったそちらのは未見なんですが、本作ではスリルの畳みかけ方が半端ない。

公開(多分あるでしょう)前なので多くを語れませんが、言えるのは年寄りを侮ってはいけないということ。
原題はDon't Breath「息をするな」。
若者は息をひそめて、この爺さんに向き合うことになるんです。
dont-breathe-stephen-lang.jpg
もうね、88分間緊張しっぱなしで肩凝ります。
気づけば一緒に息とめてたしね(笑)

え?というショックをぶち込んだあとは、常識をことごとく覆し、ジワジワと恐怖を煽ってくる。
老人のことが分かるにつれ、否が応でも若者を応援してしまうし、ヒロイン、ロッキーには命を懸けて守りたいと思う妹がいるのを知っているので、壮絶な脱出劇に手に汗握りました。

最近のホラーにしては安い怖がらせシーンやスプラッターがなく、ライミにしてはグロさもない。。と思いきや、後半はアレに吐きそうになった。
何よりもグロくスプラッターよりもエグい。でも唯一のユーモアでもあるかな。

それほどお金はかけてないだろうと思う作品ですがカメラワークと編集、効果音がいい。
わんこ含め役者の演技も秀逸でノンストップのスリルに身を委ねました。

IMDb7.6と、この手のホラーにしてはなかなかの高得点です。
続編ありかな。

【映画】マネーモンスター

6771_5033.jpg
 
マネーモンスター(2016 アメリカ
原題:Money Monster
監督:ジョディ・フォスター
脚本:ジェイミー・リンデン  / アラン・ディ・フィオーレ/ ジム・カウフ
出演:ジョージ・クルーニー
 ジュリア・ロバーツ/ ジャック・オコンネル/ ドミニク・ウェスト / カトリーナ・バルフ

感想

Richard-MoneyMonster-1200x630-1463152794.jpg
人気司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽妙なトークがウリの投資情報番組“マネーモンスター”放送中、銃を持った若者が番組に乱入。ゲイツが番組で推奨したアイビス社の株に投資して全財産を失ったと主張する青年カイル(ジャック・オコンネル)は株の暴落はコンピューターのグリッチ(プログラミング・バグ)だとするアイビス社に納得せず、ちゃんとした説明を求めています。
MoneyMonsterpic-600x300.jpg
警察が収録スタジオを包囲する中、爆弾を体につけられたゲイルは無事救出されるのか
番組ディレクター、パティ(ジュリア・ロバーツ)の采配は 

money-monster-review.jpg
最近はテレビドラマも手掛けているジョディ・フォスターの映画としては4作目の作品です。
『マネー・ショート』がちんぷんかんぷんだったので、本作も劇場を見送ってしまったんですが、今回は「英国男優50人斬り」のジャック・オコンネル目当てで鑑賞。
金融音痴の私でも十分楽しめる作品になってました。

この映画、ジャック演じるカイルの求めに応じ、同じく納得のいかないゲイツがアイビス社に説明を求め、同時進行で
番組スタッフがアイビス社の調査をします。

以下少々ネタバレ気味に書いているので未見の方はご注意ください。

[【映画】マネーモンスター]の続きを読む

【映画】アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち

Stonehearst-logo.jpg  

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014 アメリカ
原題:Stonehearst Asylum
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ジョー・ガンジェミ
出演:ケイト・ベッキンセール
ジム・スタージェス/ブレンダン・グリーソン/ベン・キングズレーマイケル・ケイン

【あらすじ
研修医のエドワードは精神薬学を学ぶためストーンハースト病院にやってきた。


感想
エドガー・アラン・ポーの短編小説『タール博士とフェザー教授の療法』をもとに、ブラッド・アンダーソンが監督したサイコ・スリラーです。
StonehearstAsylum.jpg
19世紀末のイギリス。舞台となるストーンハースト病院は、ラム院長(ベン・キングズレー)のもと、この時代には珍しく解放病棟で精神疾患患者を治療している。研修医として着任したエドワードは美しい患者のエリザ(ケイト・ベッキンセール)に一目ぼれ。しかし、エドワードはまもなく病院内の異常な事実を知ることになり・・といった風で始まる本作。
早い時期に明かされるその事実から、私たちは病院の善悪を目の当たりにする。
そしてエドワードと同じ視線で善を応援しようとするのだけど、次第にその判断基準を失って困惑することになります。すなわち、善と思っていたことが本当に正しいのか?真実の医療はどこにあるのかを考えさせられるんですね。

でもそんな話に終わらないのが流石アラン・ポー原作。
それまでに感じた様々な疑問や違和感が伏線として一気に回収される後半の展開に、ただ脱帽です。
asylum20caine.jpg
ネタバレしたくないので詳細は書きませんけど、今日はベン・キングズレージム・スタージェスだけでなく、ブレンダン・グリーソン、マイケル・ケインも一気斬り。
それぞれいい演技だったけど、ベン・キングズレーが素晴らしい。
stonehearstasylum3.jpg
あまりにも大きな悲しみを背負った者が正気のまま生きるのは過酷なことで
全てを忘れられるのはある意味で幸せなのかもしれないと思ったり。

劇中、ナースがエドワードに助言するラム医師の心を知って彼の心を癒しなさいとする言葉は医療の真髄にあたたかく迫るもので感動した。

ケイト・ベッキンセールが最後にアクションスターの片りんを見せてくれたのには爆笑。
ミステリーとしても超一級。これは面白かった。


【映画】デイ・アフター 首都水没

e6ddb60da8a6d807776fcfe871e5c4b7.jpg  

デイ・アフター 首都水没(2007 イギリス/南アフリカ/カナダ
原題:Flood
監督:トニー・ミッチェル
脚本:ジャスティン・ボドル  / マシュー・コープ
出演:ロバート・カーライル
 ジェサリン・ギルシグ/ トム・コートネイ/  ジョアンヌ・ウォーリー/ デヴィッド・スーシェ/ 
 マーティン・ボール/トム・ハーディ

【あらすじ
スコットランド地方がハリケーン並みの暴風雨に襲われる中、エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検にやってくる。ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘するが・・

感想
主にテレビドラマの分野で活躍するカナダ人監督トニー・ミッチェルによるディザスター映画です。
主演にロバート・カーライル、若きトムハがちょい役で出ております。

いや~、はしょったね。
冒頭、いきなり洪水が起きてトムハが流され、カーライルさんが河に飛び込み、みんなあたふた。
てっきりダイジェスト版の予告が始まったのかと思いきや、本編だったっていうね
何が何だかわからず、観てるこちらがパニック状態。そっち系のディザスター映画?
長けりゃいいってもんじゃないけど、短けりゃいいってもんでもないでしょうよ。
ついでに言うと、いかにも『デイ・アフター・トゥモロー』にあやかったこの邦題はなんだんねん。
flood480.jpg
これ、でもダイジェスト版(笑)のあとは、洪水の被害を食い止めるため奮闘する人々の姿を描いていて結構まじめな映画なんですよ。

日本も津波対策に大防波堤を作るという話があったけど、あれどうなったんだっけ?
ロンドンではテムズ川にテムズバリアという障壁があって、これが水位を調整し災害に備えているらしい。
映画の中では、天才科学者のレナードがバリアの問題点を指摘し、独自に研究を進めていた。
未曽有の災害が起き、政府はそれまで無視していた博士に相談し、なんとか解決策を探ろうとするわけ。
Flood-20073.jpg
博士にはバリアの建設に関わったエンジニアの息子ロブ(ロバート・カーライル)がいて、確執のあった父と息子の和解がドラマを盛り上げるという作り。
トムハはこの頃はまだ無名の若造ですが、先輩格のビル(一枚目の写真左:荒井注さんじゃないよ)と一緒に地下鉄内で洪水に遭遇し、サバイバルするザックをアクション交じりに演じていて、出番は少ないながら光るものがあるよ(ひいき目)。
fd02ff8ac2b94c24c1aba6d2d713df0b.jpg
ちなみに今日(9/15)はトムハの39回目のお誕生日💛


全体としては、水没するロンドンの街など、どうやって撮ったんだろうと思う映像もあるけれど、サバイバル系のパニックアクションを期待すると、期待外れとなるかな。パニックシーンと役人たちが机上の論を闘わせるシーンが交錯するためリズムが悪いんですよね。

Flood4.jpg

こちらキャンベル副首相

あとどうしても冒頭のダイジェストが後を引き、途中まで乗り切れないのがイタい。
無駄に思うシーンもあったので、もっとうまく繋いでほしかったという印象です。

ところで、トムハ演じるザックはその後どうなったのかな。完全に無視されてましたね。
トムハシーンを編集したものを見つけたので貼っておきます。
これ見ると今回見た中に入ってなかったシーンもあるんだよね。オリジナルは何分だったんだろう。

ということで、今日はトムハとカーライルのお二人を斬りました。
「英国男優50人斬り」ただいま16人。・・・終わらんな(笑)


プロフィール

pu-ko

Author:pu-ko
アリスのさすらい映画館にようこそ。

映画の感想や好きな俳優のあれこれを気ままに綴ってます。
コメントやTBはお気軽に。

検索フォーム

最新記事

人気記事

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶやいてます

twitter

タグリスト

ご訪問ありがとうございます