映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】聖書を当てはめると違った世界が見えてくる『マザー!』
2017年09月21日 (木) | 編集 |
Jennifer-Lawrence-Mother-Banner.jpg  

マザー!(2017アメリカ
原題:Mother!
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ジェニファー・ローランド/ハビエル・バルナム/エド・ハリス/ミシェル・ファイファー

【あらすじ】
1人里離れた古い屋敷に暮らす夫婦の元に、ある日見知らぬ男が現れ・・


【感想】
ダーレン・アロノフスキーが実生活で恋人のジェニファー・ローレンスを主役に迎えて描く、サイコロジカルスリラーな一編。
ツイッターに落ちてきた情報から「傑作!」との呼び声も高く、楽しみに観てきました。

ジェニファー演じるのはスランプ中の小説家の夫(ハビエル・バルデム)と、人里離れた古い家で暮らす妻(マザー)。
彼女は古い家を日々修理、リノベーションし、理想の家を作り上げようとしています。

若い奥さんもらってハビさん夫はさぞかしウキウキだろうと思いきや・・
妻が朝ベッドで目覚めると、隣にいるはずの夫がいないというシーンから
夫婦の関係が微妙であることを印象付けるんですね。

そんな夫婦のもとに見知らぬ訪問者エド・ハリスが現れる
ネタ来たーー!とばかりに訪問者を歓迎する自己中な夫とは裏腹に、妻は困惑
やがて映画はカオスへと突き進みます。
hero_Mother-TIFF-2017.jpg
んまぁ、わちゃわちゃ。正直お腹いっぱい過ぎて途中疲れましたわ。
どうやら、これ監督が高い熱にうなされてる間にみた夢が元らしい、納得です。

ノンストップで色んな感情掻き立て、アンリアルな内容でありながら、人の関係性としてはリアルでイタい。
音楽はなく、効果音が日本の古い楽器風なのも印象的
感情をむき出しにして動きのあるシーンなのに、ヒロインの表情をクリアに映し出す映像にも感心した。


と、深く考えずに感想を述べるとこんなもんなんですが
監督のインタビューで「聖書風」という言葉を目にして、ちょっと考えてしまったんだなぁ。

正直、聖書のことなどあまり知らないんですが、映画を観たまんまにとらえてはいけないんだなということで再考。
すると映画の思わぬ側面が見えはじめ、訳の分からなかったシーンも意味を持ってくることに気づきました。
 
以下クリックで続きを読む方はご注意ください。

[READ MORE...]